*

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

公開日: : 万年筆, 手帳

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す!

システム手帳といえば

かつてバブル経済が全盛の頃、できるビジネスパーソンはこぞって大きなシステム手帳を小脇に抱えてビジネス街を闊歩して印象があり、1980年から1990年初等のビジネスマンのマストアイテムでした。
バブルと昭和はすでに過去になって、最近は平成生まれの新社会人やら、バブルを知らない子供たちやらが、社会の戦力として活躍する時代になりました。

アシュフォードのシステム手帳

アシュフォード30th記念イベント

2016年創業30年を迎えた、日本のシステム手帳の大手メーカーアシュフォードは30周年の一環として、往年のシステム手帳の原点「プレスコット」を復刻しました。
それに協賛した、神戸ナガサワ文具センターは現在販売されているバイブルサイズのシステム手帳の中では最大級の30mmリングを採用したシステム手帳「ビッグマン」を135個を限定発売したところ、ほぼ完売状態にあるという人気振り。

アイデアスケッチ M5

そんなバイブルサイズのシステム手帳もとても魅力的ですが、ボクのライフスタイル的には「何より小さく軽く、かつ機能的」を求める性格のようで、これはボクだけではなく、登山やアウトドアの経験者に多く見られる傾向のようです。
このアイデアスケッチM5は、mini5穴のリフィルを使用するタイプのシステム手帳としては市販されているモデルとしては最小サイズで、携帯性に優れているだけでなく、各所にその新しい機能を有しています。

    • ペンホルダー
    • 栞付き
    • スマホ滑り止め
    • 名刺入れ

ペンホルダー

アジャスター機能

アジャスター機能付きペンホルダーがすこぶる便利
アイデアスケッチM5そのものが小型のシステム手帳なので、あまり大きなペンと携帯する事はないかもしれません。

極細のボールペンでもしっかり対応

写真のHi-TEC Cのような極細のボールペンでも、アジャスターがしっかりホールドしてくれています。

では太いペンはダメ?

ペリカンM400

このサイズで太いペンを家の中を探してみて見つけたのはこちら。
ペリカン万年筆M400 モデル
極太ではないですが、このサイズ(長さ)では、太いモデルと言っていいでしょう。
もちろん大丈夫です。

栞付き

栞?

これまでに発売されたシステム手帳で「栞」が付いているモデルを見たことがありませんでしたが、このアイデアスケッチM5にはオシャレな栞がついていて、使って見ると想像時用に便利でした。

スマホ滑り止め

スマホ用滑り止め

メモをとる時にスマートフォンの画面を見ながら筆記することってありませんか?
この裏地はスマートフォンを乗せたまま、右のページで筆記するときに大活躍してくれます。
立ったまま筆記することも可能なので、スマートフォンで通話(スピーカーモード)しながらメモをとることも可能になりました。

名刺入れ

名刺入れ

中にはポケットも用意されているので、数枚程度の名刺を入れておくと、咄嗟の時(いわゆる名刺入れを持たずに外出した場合)にも、慌てずにすむ安心設計。

システム手帳で万年筆を!


ボクがアイデアスケッチM5を購入した1番の理由は、妻からもらった万年筆モンブランマイスターシュテュック114モーツアルトと相性がベストマッチだったから。

マイスターシュテュック114

万年筆ファンにはお馴染みのマイスターシュテュック114モーツアルトは、無骨で太いモンブラン万年筆の印象とは少し異なる趣きのペンで、実に小さいのが特徴です。

長さ11cmほど

ボクがminiサイズを好むことを知っていて、今ほど文具や万年筆に傾倒する以前にプレゼントしてくれた1本だったのですが、ご覧のとおりのこのサイズ、使いどころが難しくて実は留守居役に回っていた万年筆でした。

運命の出会いは突然やってくる

まるで「前前前世」から探していたんだよ!と言いたげな、運命的出会いを果たした二人。

万年筆インク対策
乾きが遅い万年筆インクの場合、反対側のページにインクが付いてしまうケースがあります。
この対策について画期的な?手法がありました。

レシピ

  1. 吸取紙
  2. 5穴パンチ
  3. カッターナイフ
  4. 定規
  5. あればカッティングシート

吸い取り紙

ブロッターに使う用紙です、運良くこの用紙の幅がmicro5にジャストサイズ!
1枚で2ページ分を作ることできます。
同じサイズのリフィルと合わせてカットすると簡単です。

カットします。

5穴専用パンチ

簡易版の穴開けパンチですが、十分活用可能です。
っていうかとっても便利です。

ページの取り外しがしやすいように、ナイフで切り目を入れておきます。

完成!

ちょっと乱暴ですが、書いたあとすぐにページを閉じるとこんな風に、反対側のページにインクが写ってしまいますが、吸取紙ページを挟んでおけば、どんなインクを使って書いても大丈夫!

ワンポイント

マスキングテープを使って、タグのように付けておくて目印になったりするのでこちらも便利です。

まとめ

携帯性に優れて、持ちやすくかつ書きやすい。
ペンと一緒に持ちあることで、速記性にもとんだアイデアスケッチM5はバブル時代のシステム手帳は異なる進化を遂げた今の時代にふさわしいシステム手帳です。
バイブルサイズやmini6穴に比べれば、書く事ができるスペースは小さいですが、用途に合わせて使い分ける事ができる楽しみができる手帳といえます。
大切な事は、どんなに高価で高性能なものでも、自分のライフスタイルに合わなければ実にもったいない買い物になってしまいますが、自分に役立ち演出してくれるツールを持つ事は、おとなの嗜みかもしれません。

情報

アイデアスケッチM5販売店
伊勢丹・蔦屋書店・ナガサワ文具センターの一部店舗で販売されているのを確認しました。
「アシュフォードシステム手帳30周年記念モデル アイデアスケッチM5」でお問い合わせください。

アシュフォード公式サイトはコチラ


関連記事

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

桜モレスキンをつくろう! 今年も桜の季節がやってきました。 朝の通勤や会社での昼休み

記事を読む

PelikanM805ブラックストライプ 1本は欲しいスーベレーンの魅力とインク[文具]

PelikanM805ブラックストライプ ペリカンの代表的万年筆スーベレーン 万年筆を使

記事を読む

紳士な大人に持ってほしい、3本差しキャップケース

ナガサワ文具センター製 3本差しキャップケース 先日、ある放送作家の方のFacebook

記事を読む

Pelikan Twist この価格ってありですか?大人の万年筆

Pelika Twist ずばり!¥1200ー(本体価格)の万年筆ってどうよ? いま

記事を読む

文具箱ブルー

万年筆を知る雑誌「趣味の文具箱」がつくる万年筆オリジナルインク「文具箱ブルー」[文具]

文具箱ブルー 雑誌「趣味の文具箱」のオリジナルインク「文具箱ブルー」 趣味の文具箱オンライン

記事を読む

パーカー万年筆 ディオフォールドジャイアント125th。1本400万円の万年筆は筆記用具?[文具]

パーカーディオフォールドジャイアント125th LimtedEdition 世界的に有名、そして文

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

2016年手帳術 自分を知るためのカテゴリー分けのススメ![ノート術]

自分を知るためのカテゴリー分けのススメ! カテゴリー分けされたスケジュールシール[/capt

記事を読む

万年筆インクボトルの底に残ったインクを100円均一ショップで解決する方法!?鋼筆墨水[文具]

色彩雫iroshizuku 色彩雫ミニボトル[/caption] ミニボトルをベタほめした

記事を読む

9月23日は万年筆の日 万年筆で書こう!

万年筆の日 西暦1809年9月23日 イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュ

記事を読む

Comment

  1. […] はないですが、このサイズ(長さ)では、太いモデルと言っていいでしょう。もちろん大丈夫です。出典:「アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]」より […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたのKAKUNOカクノを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップ バージョン2![レビュー]

1本1000円の人気万年筆KAKUNOを高級筆記具に変えるUNUSのス

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン 京都

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック  

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフィルケース[文具]

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑