*

ツイストリングノートをペンと一体化!簡単カスタマイズで便利度200%!![文具]

公開日: : カスタム, 手帳, 文具モジュール

ツイストリングノートはペンと一緒に持ち歩くと!便利度200%UP!!

DSC_2198

ツイストリングノート

ツイストリングノートとは、LIHIT LAB(リヒトラブ)が発売している、リフィル交換ができるノートブック。
ルーズリーフをイメージする方も多いと思いますが、まさにソレ!
ただ残念ながら、規格が異なるために、ツイストリングとルーズリーフの互換性はなく、相互間で使う事はできません。

ツイストリングノートAQUA DROPs

さて今日は、ツイストリングノートの数ある種類の中から、携帯に便利なAQUA DROPs(メモサイズ)を紹介します。
DSC_2189

AQUA DROPsは縦型でシャツや上着の胸ポケットに収まる(72mm × 12mm × 125mm)ジャストサイズ。
ノートを書くのではなくて、ちょっとしたメモをサッと書くときにとても便利な大きさで、表紙カバーがしっかりしていて、立ったままでも筆記が可能、MOLESKINEノートブックがハードカバーなのと同じです。
実際に、移動中の電車・バスの車内でもさっと取り出して、思いついたアイデアや車内で見つけたちょっとしたヒントを覚え書きすることにも、活躍してくれています。

リング式ノートのメリット

書く順番にこだわらないこと、思いついた事を時系列に考えてしまうと、ページの順番に気持ちが向いてしまい、いま頭にイメージしたことがページをめくっている間に、どこかへ逃げていってしまうケースもあります。
ツイストリングノートは簡単にリングを外すことができるので、あとから並び替えも容易にできますから、思いついた時にすぐ筆記、ページの順番も安心して無視できます。

ココが問題!

せっかく携帯性・速記性に優れたツイストリングノートAQUA DROPs(メモサイズ)にひとつ弱点がありました。
AQUA DROPsの弱点ではなく、携帯性に優れたメモや手帳が抱えるジレンマのような問題です。
それは「ペン」
せっかくメモがすぐそばにあっても、「ペンがない!」
鞄の中をゴソゴソしている間にアイデアもヒントも、どこかへサヨナラ・・・。
そんな経験をされた方はいませんか?
私は日常茶飯事でした。

そこでソリューション

お店で見つけたヒント1

ヒント1

ヒント1

ツイストリングノートAQUA DROPsと同じモノがパイロットからも発売されています。
販売促進(いわゆる販促)用でペンホルダー付きが限定で発売されていました。
たしかにこれだと、ペンとAQUA DROPsを一緒に持ち歩けてすごく便利!
これならアイデアやヒントを逃がさないぞ。
ところが、このペンホルダーをつけると、ワイシャツのポケットには大きすぎて携帯性が損なわれてしまう事と、よしんば入ったとしても、こんどは取り出すときにもたついてしまい速記性が失われてしまいました。

さらにヒント2

ヒント2

ヒント2

古典的な手法からヒントを得ました、それは昔からつづく手帳の中にえんぴつを収めてしまう方法です。
これなら、ペンが邪魔になりません。
写真は現在も販売されているダイゴのJet-ace、これはこれでなかなか使い勝手のいい手帳です。

ツイストリング+ペンホルダー

ヒント1とヒント2を足してたどり着いたのがカバーにペンを挟んで持ち歩く方法です。
言葉より写真で見てもらえれば一目瞭然です。

手順1

リングを外す

リングを外す

手順2

下になるカバーを外す

下になるカバーを外す

手順3

リングをひと穴分ずらすだけ。

リングをひと穴分ずらすだけ。

これだけで、ボールペン1本分のスペースを確保する事ができました。

さらにここでリング穴をナイフでカットすると、ボールペンがより安定します。

(裏表紙の色が赤に変わっていますが、完成品から記事を起こしているのでご了承ください。)

補足

補足

ただこのスペースは限りなく携帯性を優先させるために、ペンの太さがギリギリです、細身の短いボールペンがオススメです。

 

ツイストリング応用編

さらに使い易くするためのレシピを紹介しましょう。

材料

  • ツイストリングノートAQUA DROPs 2冊
  • マスキングテープ
  • カッターナイフ
  • カッティングシート(あるとよい)
  • ハサミ

筆記具

カランダッシュ849(ボールペン)

カランダッシュ849

カランダッシュ849


大きな文具店ならたいていおいてあるスイスの名門カランダッシュ社製のボールペンを使用しています。
ツイストリングノートAQUA DROPsのために、まるであつらえたようなジャストサイズです。

手順1

ツイストリングノートを2冊用意します。
DSC00814
色はどんな色でもかまいませんが、同じ色で揃えるとより見栄えがいいかもしれません。
ボクの場合、文房具の展示会などでLIHTLAB様のブースでいただいた、AQUA DROPsが数冊手元にあったのでひとまずそれを利用しています。

1冊¥190-のノートなので、もったいないと思わずに、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買いましょう。

中身はそのままリフィルと使えますから無駄にはなりません。

手順2

必要なのは下のカバー(裏表紙)、1枚はペンホルダーとして使用し、もう1枚は従来通り裏表紙として使用します。
DSC00815

手順3

ペンホルダー用にカスタマイズ

穴を空ける作業

穴を空ける作業

ペンをより安定させる為に、ちょっとした工作作業を行います。
クリップの位置を確認しながら、カッターナイフで穴を空けます。
ポリプロピレンを使ったやや硬い表紙なので、ここでは注意をはらいながらの作業をお願いします。

DSC_2182

手順4

裏表紙が2枚になります、これをまるで1枚のようにしてしまうと、より安定します。

マスキングテープを活用

マスキングテープを活用

見た目も少しスッキリします。

見た目も少しスッキリします。

手順5

リングにもどして無事に完成
DSC_2177

まとめ

すでに結論を先に言ってしまっていますが、書きたいときに「メモ」も「ペン」無いときほど、ストレスがたまります。
両方がないと、代用品を探すか、潔くあきらめるか。
片方だけがないときほど、イライラすることはありません。
大きなノートや手帳は、「書く」という作業の時は、それなりの場所で行うため、瞬時にペンを取り出す必然性があまりないといえますが、「メモ」の時はスピードがもとめられます。
ボク自身がいままでに何度もそんな経験をして、さらには現在取材など仕事で必要ツールとしてもとめらえるようになった結果たどり着いたのがこのスタイルでした。
運良くツイストリングノートAQUA DROPsとカランダッシュのボールペンが手元にあって見つけた組み合わせですが、ひょっとするともっと相性のいい組み合わせがあるかもしれません。
もし、気がついた人はジブンオリジナルな組み合わせを楽しんでみてはいかがですか?

きょうのAmazon

気になった方は、価格等を参考までに。

ツイストリングノートAQUA DROPs(メモサイズ)

AQUA DROPsにはサイズの異なるノートも発売されているのでご注意ください。

カランダッシュ849ボールペン


関連記事

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON アシュフォード30th 夢見る理想のレザー文具[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON ASHFORD 夢見る理想のレザー文具 20

記事を読む

モレスキン 2015年秋の限定版コレクション発売![文具]

モレスキンから3つの限定版エディションが発売開始! シンプルがゆえに自由度ナンバー1の手帳とし

記事を読む

システム手帳ミニ6穴サイズの規格が変わった?[文具]

システム手帳ミニ6穴の規格が変わった? リフィルが豊富自由なカスタマイズが楽しめるシステム手帳はバ

記事を読む

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック [文具]

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック モレスキンはイタリア・モレスキン社

記事を読む

アブラサス薄いメモ帳でどこでもメモ!?[文具]

abrAsus薄いメモ手帳 主にネット販売を主体としている、こちらの会社は実にユニークかつ実用的な

記事を読む

アシュフォード30th 理想のレザー文具を語る~ASHFORD LOUNGE神戸~[レポ]

アシュフォード30th 理想のレザー文具を語るvol6舞台は神戸! 2016年10月2日今

記事を読む

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

桜モレスキンをつくろう! 今年も桜の季節がやってきました。 朝の通勤や会社での昼休み

記事を読む

カンミ堂から発売された&Note アンドノートで旅ノートを作って見たい[旅ノート]

旅するノートブックの相棒に加えてみたいカンミ堂&Noteアンドノート 2019年3月15日から全国

記事を読む

リフィルアダプター PF-01 フリクションボール+ジェットストリームで最強タッグ誕生![文具]

リフィルアダプターシリーズ第3弾 PF-01はフリクションボール3・フリクションボール4(数字

記事を読む

日本手帖の会 手帳総選挙 in 神戸 2015[手帳]

手帳100冊書き比べ総選挙2015 普段あなた使っている筆記具で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベスト

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

→もっと見る

PAGE TOP ↑