*

丸善 京都本店・梶井基次郎の名作にちなんだオリジナルインク「檸檬」を限定発売![文具]

公開日: : 万年筆インク, 文具

丸善オリジナル アテナインキ「檸檬」

アテナインキ「京都檸檬」とLAMY Safari

アテナインキ「京都檸檬」とLAMY Safari

丸善京都本店

梶井基次郎の代表作「檸檬」に登場する丸善京都本店、2005年10月に多くのファンに惜しまれて閉店してから10年。
2015年8月、ふたたびココ京都河原町へ帰ってきました。

丸善書店といえば、東京日本橋の店舗で知られるとおり、書籍だけではなく文具の取り揃えでも充実した売り場を誇る老舗の書店。
そんな丸善(現在は株式会社丸善&ジュンク堂書店)が、書籍(文学)と文具のコラボレーションとして、日本文学の名作「檸檬」から
万年筆オリジナルインク「檸檬」をこの京都本店の開店を記念して発売しました。

檸檬色のインク?

万年筆のインクは、一般的には「ブラック」「ブルー」「ブルーブラック」が多く、「檸檬」=「イエロー」系のインクを店頭で見る機会はほとんどありません。
ところがまったく無いかというと、そうでもなく・・・

  • PLATINUM 「イエロー」
  • DELTA 「イエロー」
  • J.HERBIN 「ブドンドール」
  • 神戸インク物語 「離宮ムーンイエロー」
  • ROHRRER&KLINGNER 「サンフラワー」
  • DIAMINE 「イエロー」
  • JANSEN 「ブオナローティ・ミケランジェロ」

定番インクでも、ざっとこのくらい(限定版インクは除く)ホントはもっとあるかも。

アテナインキ

アテナインキは丸善書店のオリジナルインクのシリーズ
今回もらったチラシを見ると、歴史は古く文具の丸善としての位置づけが感じられます。
IMG_20150822_0001
なにやらレトロモダンを感じさせる内容です。

アテナインキ「京都檸檬」(限定)

透明なはずのガラス瓶を通してみても、明らかにインクが黒い。

どう見ても瓶の中身は黒いインク

どう見ても瓶の中身は黒いインク


なにかの間違いか?と思ってペンにインクをつけて書いてみると、紙に書くとちゃんと黄色の文字が描かれているから不思議(そりゃ当然なんだけど)
日常筆記に向くかというとちょっと疑問ですが、メッセージやマーキングにはいいかもしれません。

アテナインキ「京都檸檬」

アテナインキ「京都檸檬」

データ

商品名:アテナインキ「京都檸檬」
価格:¥2000-(税別)
発売:2015年8月21日
限定:100個(丸善京都本店)

丸善のWEBサイトではなぜか?アテナインキのページを見つけることができなかった・・・
一体何色発売されているのかちょっと気になるところ。

万年筆「檸檬セット」

今回インク瓶だけを購入したのではなく、運良く丸善京都本店開店記念として限定10セットが販売され黄色い万年筆セットを手にする事ができました。
内容は下記のとおり

DSC09204

  • LAMY Safari イエロー(ペン先F)
  • コンバーター
  • 丸善オリジナル万年筆インク「アテナインキ京都檸檬」
  • 丸善オリジナル原稿用紙「萬年筆物語」

LAMY Safariが¥4000-なので、他のインクコンバーター・原稿用紙はオマケ同然。
発売からわずか30分ほどで完売したのもうなずけます。

萬年筆物語

B6サイズでやや厚い紙を使用、万年筆で筆記しても裏抜けの心配の無い高級原稿用紙。
DSC09223
その分乾きが遅いので、書いたあと慌てて触ると・・・ちょっと滲んでしまいます。

購入特典

オープン記念で¥2000-以上購入者へは、丸善京都本店オリジナル「檸檬・読書ノヲト」をプレゼント。

檸檬・読書ノヲト

檸檬・読書ノヲト

檸檬・読書ノヲト

左右どちらも表紙で、「檸檬」からページをめくると梶井基次郎「檸檬」が掲載され読むことができます。
読書ノヲトは読書録を記す為のページ。

読書ノヲト

読書ノヲト

読書の記録を記すことができます。

手書き風のレイアウトがアナログっぽくていい雰囲気です。

手書き風のレイアウトがアナログっぽくていい雰囲気です。

まとめ

LAMY Safariは手ごろな価格で、使いやすい万年筆。
この値段に誘われてつい!?買ってしまいましたが、値段以上に活躍してくれるので、安い買い物でした(自分へいいきかせるようにw)
アテナインキは初めてのインク、そして黄色いインクもこれまた初めて。
使い道を考える前に購入してしまうのはボクの悪いクセだけど、手持ちのLAMY Safariブルー・レッド・ブラックにこのイエローを加え、LAMYカルテットとして4色ボールペンの感覚で使えばかなりいい線いくんじゃないか?と期待してます。

注:本文中「インキ」と「インク」の併記がありますが、「アテナインキ」は商品名が「インキ」のため「インキ」と表記、それ以外は「インク」の表記にさせていただきました。

丸善京都本店の開店記事はコチラ

アテナインキ「京都檸檬」は限定インクのため、手にできないひともいるでしょう。
上に記したイエロー系インクとLAMY Safariイエローを手にすれば、丸善京都本店の檸檬文具を疑似体験できるはず。一度お試しあれ!

LAMY Safari イエロー(ペン先F)

DSC09219


関連記事

台湾で見つけた世界でたった1本しかないペン軸[文具]

台湾の見つけた魅力的なペン ハンドメイドな木製ペン軸 先日(2015年11月)台湾へいっ

記事を読む

きょうのペン PILOT CUSTOM74

きょうのペン PILOT CUSTOM74 僕が20年以上、愛用している万年筆。 Pil

記事を読む

はさめるペンケース「ペンサム」これであなたは1年で6時間得をする![文具]

はさめるペンケース「ペンサム」 ペンとノートの不思議な関係 どんな高級なペンでも、書くべき紙がなけ

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店があ

記事を読む

絵画とインクのハーモニー、Kobe INK物語「ターナーカフェ」

ターナー展開催! 2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立美術館でターナー展が開催される

記事を読む

趣味の文具箱VSナガサワ文具センターが語る万年筆インク対談[文具]

ナガサワ文具センター茶屋町店万年筆サミット 2015年12月5日〜7日までの3日間、大阪梅

記事を読む

Marks IDEA NOTEBOOK EDiTは右脳人間にひらめきを授ける?[文具]

Marks IDEA NOTEBOOK EDiT(マークス アイデア ノートブック エディット)

記事を読む

Pat-mi(パットミー)これは使える!2016年の最強手帳[文具]

Pat-mi(ぱっとみー)は2016年最強手帳!? Pat-mi[/caption] 手帳の役

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

映画のなかの万年筆「王妃の館」[文具]

映画のなかの万年筆「王妃の館」 映画「王妃の館」[/caption] 17世紀フランス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑