*

初心者でも安心・万年筆の簡単メンテナンス[文具]

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 万年筆, 大人文具, 文具

初心者でも安心・簡単な万年筆メインテナンス。

wR0015406
万年筆のメンテナンス?と聞くとなんだか面倒くさそうですが、毎日使っていると、書く事がメンテナンスになっているので、じつはそれほど気にかける必要はありません。

でも、しばらく使わなかったり、インクを変えるときには、ちょっとお手入れをしてあげると、より長く使っていく事ができます。

ステップ1

まずは道具から・・・

洗剤・ブラシ・・・

洗剤・ブラシ・・・

は、必要ありません(笑)

コップ・ティッシュだけ・・あとは水もね。

コップ・ティッシュだけ・・あとは水もね。

 

用意するもの

  • 洗浄したい万年筆
  • コップ(ガラスコップを推奨)
  • ティッシュペーパー

ステップ2

wR0015384
万年筆のペン先部分を、コップにそっていれて、水を注ぐだけ。
雑誌等では、「このまま一晩浸けておく」と書かれています、もちろんそれでもOKですが、20〜30分に1回程度水を交換する事をオススメします。
インクがなかなか抜けきれない時は、こまめに水洗いをするのも効果的。

ポイント
気を付ける事は、ペン先は優しくコップの中へ
コップがガラスコップだとインクが流れ出る様子が見える。水の中に流れ出したインクが、ゆらゆらと漂う光景は、じつに美しい。

ステップ3

ひと晩コップの中につけておいてもいいのですが、この方法の方がインクを早く吸い出すことができます。
wR0015397

 

ティッシュを水でぬらして、コップのなかに敷きます。
拡げるよりも、少しくしゃくしゃにして、ペン先に触れるティッシュの面積が広い方が、より効果的。

これで1〜2時間ほど、浸けておけば大概のインクはぬけるはずです。
もし、まだ抜けきれないようなら、底のティッシュも適度に交換してみましょう。

まだ、インクがキレイにならないようなら・・・

wR0015395

1本だけまだキレイにならないようなら、上記のように1本ずつペン先を包むようにして置いておくのいいでしょう。
wR0015393

ステップ4

あとは、自然乾燥して、お好きなインクで楽しみましょう。

wR0015411

コラム

万年筆を使い続けていることは、メンテナンスになるといったのは、書き続けるかぎり中のインクが下のペン先に流れることで、クリーニング効果が生まれます。
さらに、コンバーターと呼ばれるカートリッジを使うと、インクの補充時に「吸い上げる」事で、インクの流れが一方通行にならず、より高いクリーニング効果が得られます。

wkonba-ta--

コンバーター

 

まとめ

万年筆のインク洗浄は、じつはそれほど気にしなくてもいいという説もあります。
軸内にわずかに残ったインクがあったとしても、新しく入れたインクの量の方が多いので、たとえ混じってしまっても、肉眼で判別できるのは難しいと言えます。
とはいえ、やはり定期的なメンテナンスは、万年筆を長く使ううえではやはり大切な事。
せめて、中のインクの色を変える時には、上記のように水洗いをすることをオススメします。
余談:今回の洗浄で「赤系」「緑系」は洗浄に時間がかかりました、インクの材料のせいかな?一応参考までに。


関連記事

100円均一で作るマスキングテープカッター #おとなの文具

おじさんのためのマスキングテープ活用術 デスクワークをしていると、意外とマスキングテープを使う

記事を読む

ドイツのハンドメイドインク・ヤンセンの魅力[文具]

Jansen(ヤンセン)はドイツの万年筆インクのブランド ハンドメイドインクという、日本では考

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳といえば かつてバブル経済が全盛

記事を読む

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ 神戸の文具販売の老舗「ナガサワ文具センター

記事を読む

年賀状で使いたい大人の筆記用具[文具]

年賀状で使いたい筆記用具 いま頃言うか!とお叱りをうけそうですが、ボクも現在進行の年賀

記事を読む

ダイアミンからラメ入りシマーリングインクが10色揃って発売![文具]

ダイアミンシマーリングインク ダイアミンは1964年に創業したイギリスの老舗インクブランド。

記事を読む

G-FREEで書きごこち新体験[文具]

G-FREE G-FREEはセーラー万年筆が2014年12月に、発売した新体験?ボールペン

記事を読む

LAMY safari 初心者にオススメしたい5つの理由

LAMY Safari はドイツブランドの万年筆。 モンブランやパーカー・ペリカンなど万年筆は敷居が

記事を読む

カキモリスキン!?は究極ノート#おとなの文具

東京にある文具の有名店「カキモリ」 文具ファンの間では、自分で作るノートブックとして評判なお店

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑