*

万年筆を知る雑誌「趣味の文具箱」がつくる万年筆オリジナルインク「文具箱ブルー」[文具]

公開日: : 最終更新日:2015/07/02 万年筆, 万年筆インク

文具箱ブルー

雑誌「趣味の文具箱」のオリジナルインク「文具箱ブルー」

趣味の文具箱オンラインショップでオリジナル万年筆に付属していた記憶があったけど、単品で見たのはこれがはじめて。

文具箱ブルー

(現在オンラインショップでの単品販売は見当たりませんでした)

そのインクを前回の記事で紹介した、ナガサワ文具センター×趣味の文具箱 万年筆フェスの会場で、見つける事ができました。

過去記事はコチラ

この時も単品販売ではなく、当日趣味の文具箱オリジナル万年筆をお買い上げの方にプレゼントという太っ腹な企画(笑)

当日こちらの販売会場で即完売した、プロフェッショナルスリムギア。

プロフェッショナルスリムギア

プロフェッショナルスリムギア

趣味の文具箱のロゴが入ったスケルトンモデル、ペン先は14金・中細(MF) ¥12000−(本体価格)→これがなんと驚きの特別価格!¥****ー
こちらにオリジナルインク「文具箱ブルー」がもれなく?付いてくるのよ!って販売ブースの素敵なお姉さんに声かけらえて、つい「あっじゃあください!」(笑)

という経緯で手にはいったのがこの「文具箱ブルー」

趣味の文具箱 オリジナルインク 文具箱ブルー

DSC08450

文具ファンなら瓶の形状をみてすぐおわかりのように、製造はセーラー万年筆なので安心の国産インク。

文具箱ブルー 色見本

文具箱ブルー 色見本

色の感じをWebで正確に再現するのはとても難しいけど、他のインクで比較してみてもらえれば、なんとなくわかってもられるかな?

ブルー系 色比較

ブルー系 色比較

  • ペリカンのロイヤルブルーはやや紫がかったブルー
  • パイロット紺碧はまさに海のブルー
  • セーラー万年筆 Storia Nightは顔料系インクでやや黒に近いブルー
  • モンブランのミッドナイトブルーはさらに黒に近いブルー
  • 趣味の文具箱の文具箱ブルーは同じセーラー万年筆のSTORIAに近いけどさらに深い青。

 

この「文具箱ブルー」なら、手紙を書いたとき白い便箋ならより鮮明に青が引き立つ、訳もなく手紙を書きたくなる、そんなブルーって感じです。
(意見には個人差がありますw)

ボクが所有してインクのなかでも一番多いのがブルー系インク。
フォーマルからプライベートまで幅広く使う事ができるインクなので・・・衝動買いもひとしお。
でも今回は買ったんじゃないからね!って自分に言い訳しながら、夜中に笑みを浮かべながら、新しい万年筆にインクをそそいでいます。

カラーインクの楽しみ方

プロフェッショナルスリムギアのように、スケルトン万年筆(すけすけ万年筆)だと中のインクが見えることで、いま使っているインクの視認性がよいこと、使うインクのカラーでボディーカラーを楽しむ事ができるので、カラーインクを楽しみたいひとは1本スケルトン万年筆を用意しておくとさらにインクと万年筆を楽しむ事ができるでしょう。

DSC08455


関連記事

ドイツのハンドメイドインク・ヤンセンの魅力[文具]

Jansen(ヤンセン)はドイツの万年筆インクのブランド ハンドメイドインクという、日本では考

記事を読む

Pelikan Twist この価格ってありですか?大人の万年筆

Pelika Twist ずばり!¥1200ー(本体価格)の万年筆ってどうよ? いま

記事を読む

神戸旧居留地フェスティバル2015は文具の香り[旅・文具]

神戸旧居留地フェスティバルは文具の香り 神戸旧居留地に、海と山のKOBE色にビルが染まり、

記事を読む

ハイエースネオ クリア万年筆・透けてみるボディはこんなに便利!?[文具]

セーラー万年筆からハイエースネオクリア登場 セーラー万年筆からスケルトンボディで、しかも本

記事を読む

万年筆で年賀状を書こう!2016年[文具]

万年筆で年賀状を書こう! 12月末、年末進行で忙しい人もそろそろ年賀状を書かなくては、と気持ち

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店

記事を読む

BUNGUBOX表参道店はまるで万年筆の玉手箱[文具]

BUNGUBOX表参道店2016年12月17日オープン! 東京表参道といえば、文房具カフェやL

記事を読む

PelikanM805ブラックストライプ 1本は欲しいスーベレーンの魅力とインク[文具]

PelikanM805ブラックストライプ ペリカンの代表的万年筆スーベレーン 万年筆を使

記事を読む

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON 第二部インクトレード会で万年筆の新しい楽しみ方を見た。[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON インクトレード会 代官山蔦屋書店 文具イベン

記事を読む

万年筆の日〜万年筆の選び方2015〜[文具]

9月23日は万年筆の日 この日のいわれは昨年の9月23日記事を書きました。 おさらい〜西暦1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑