*

旅に持って行きたい,どこでもつけペンDRILLOG[旅文具]

公開日: : 万年筆インク, 旅文具

旅に持って行きたい、どこでもつけペンDRILLOG

アクセサリー感覚で持ち運びできるDRILLOG

いま全国の文具店で人気の「ガラスペン」は美しく滑らかな書き味が人気の筆記欲をそそる筆記具です。
その人気を支えている要因のひとつが、2007年パイロットコーポレーションが発売した万年筆インク「色彩雫」シリーズ(当時全12色)で、昭和世代がイメージする「黒」「青」「ブルーブラック」といった固定概念を覆す美しいカラーバリエーションは、万年筆ユーザーではない層にも受けて大ヒット。
また、同じ年に神戸ナガサワ文具センターが発売した「kobe INK物語」シリーズ(発売はこちらの方が若干早い)は、全国の文具店にご当地インクという新しいカテゴリーを誕生させました。

ご当地インクの魁けナガサワ文具センターkobe INK物語

これらの万年筆インクは、もちろん万年筆のためのインクとして登場しましたが、インクを使うためには万年筆に吸入する必要があります。
インク沼にのめり込んだユーザーにとっては、いつの日か持っている万年筆の数よりもインクの方が増えて、いちいち万年筆にインクを吸入することが手間になってしまい、需要が追いつかない状況が発生「さぁ困った!」となった、タイミングで手間のかからないガラスペンが登場したという感じです。

DRILLOG(ドリログ)は新しいスタイルのつけペン

2019年の東京ペンショーで出展して話題を集めたDRILLOGは、そんなガラスペン人気の最中に登場した、当時だれも想像できなかったまったく新しいスタイルのつけペンでした。
これを作ったのは、海外の有名筆記具ブランドでもなければ、国内の大手文具メーカーでもない、畑違いとも言える岐阜県で精密機器の製造を行っている有限会社シオンです。

写真は2022年の東京インターナショナルペンショー

航空機器などの精密機器に携わってきた技術を活かし、企画から約2年の歳月を費やして完成したDRILLOGは、本来であれば「水と油」の関係である、金属と水(水性インク)がしかっり馴染み合うことに成功、まるで坂本龍馬が薩長同盟を成しえたような奇跡の技術です。かねてから、ガラスペンユーザーのあいだでは、「ガラスペンを持ち歩きたい」というニーズがあり、あるメーカーからはガラスペンの携帯するためのケースが発売されるに至りましたが、やはり不安は拭いきれません。
東京ペンショーで、初めてDRILLOGを見た時に「これは持ち歩けるガラスペンの進化系」と感じその後の動向に注目しながら、まずは1本購入して、旅行のお供につれて行ったこともありました。

DRILLOGのペン先も、厳密に言えば精巧な作りいわゆるデリケートな部分ですが、ネジ式のキャップは移動中でも振動などで、ペン先に何が触れることはない構造になっています。
これは視覚的にみても、ガラスペンを持ち歩く時のような不安感はおぼえません。

 

DRILLOGグラフロトスパイラル

衝撃のデビューから3年、さまざまな形状やカラーバリエーションがラインナップに登場しましたが、2022年さらにユニークなモデル「グラフトスパイラル」が登場しました。

優れた携帯性

新しいDRILLOG「グラフトスパイラル」は、これまでのモデルよりも軸が短くなり、ペンケースはもちろんですがジーンズのポケットにもすっぽり収まるサイズになりました。
ペン先を収納した状態では全長約80mmで、一般的なクレジットカードよりもさらに短く、キャップを尻軸に繋げると110mmの長さになります。
短すぎない?と思われるかもしれませんが、中央部分の波打つ(スパイラル)部分に指先がしっかり当たるので、安定感は想像以上です。

ほぼユニボールワンPと同じ長さ

また、2023年に発売された三菱鉛筆株式会社ユニボールワンP(ユニボールワンの短いモデル)と比較しても気持ち短い程度なので、むしろ小さいサイズのありがたみが先行する感じです。

文具愛好家の考察

旅先で購入したンク

ナガサワ文具センターの「kobe INK物語」がきっかけで、日本各地の有名文具店が自社オリジナルの万年筆インク、いわゆるご当地インクが脚光を浴びることになり、旅先の文具店で見つけると、ついお土産に買ってしまう事がふえてしまいました。
これまで、家に帰るまでインクボトルの蓋を開けることを我慢してきましたが、持ち歩けるつけペンDRILLOGが登場したことで、購入したその場所(カフェやホテルの客室だったりします)でインクを使い、ノートに筆記や文具仲間へ旅先からの絵はがきを書くことに使えるようになりました。
これを手にしてから、旅に出るときジーンズのポケットや鞄の隅っこ、ペンケースの一角には必ずDRILLOGグラフトスパイラルをお供にするようになりました。

インクな余談・ナガサワ文具センターkobe INK物語

上記2番目の写真は「鯉川ペイエロー」はナガサワ文具センターkobe INK物語定番シリーズの83番目のインクで2022年12月の発売。
かつて、神戸港から多くの日本人移民者が南米ブラジルへ渡った。その窓口なった施設のあった場所が現在の「海外移住と文化の交流センター」
ブラジルと神戸の交流の証として、鯉川筋にはブラジルの国花イペが植樹されています、そんな神戸とブラジルの歴史を形にしたのが「鯉川ペイエロー」インクです。


関連記事

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック   万年筆の魅力のひとつに

記事を読む

神戸旧居留地フェスティバル2015は文具の香り[旅・文具]

神戸旧居留地フェスティバルは文具の香り 神戸旧居留地に、海と山のKOBE色にビルが染まり、

記事を読む

LIHIT LAB×無印良品 最強タッグで旅をより便利にするメモをつくる[文具バリスタ]

LIHIT LAB×無印良品 ツイストメモとポケットシールカードサイズのタッグがあたなの旅をより便利

記事を読む

万年筆インクノートのススメ![文具]

万年筆インクが百花繚乱 万年筆のインクって「ブラック」「ブルーブラック」「ブルー」くらいだ

記事を読む

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON 第二部インクトレード会で万年筆の新しい楽しみ方を見た。[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON インクトレード会 代官山蔦屋書店 文具イベン

記事を読む

仏生山温泉・関西から行く18きっぷの旅[旅]

18きっぷでいく高松うどんと温泉の旅 うどん県高松 香川県高松市は、廃藩置県後の明治2

記事を読む

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write Light(照明)のライトとW

記事を読む

神戸インク物語の新色は地元のカフェとのコラボした「旧居留地コーヒーブラウン」【文具】

神戸インク物語から105色目は、地元のカフェラヴニールとコラボした素敵なコーヒーカラー

記事を読む

実践!モジュールシステムで歩く中山道の旅。

モジュールシステムであるく中山道 今回は、アメニティモジュールとガジェットモジュールをメインに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

銀座伊東屋オリジナル万年筆LAMYsafariの第2弾Copper02発売[文具]

銀座伊東屋オリジナル万年筆LAMYsafari「Copper02」発売

ビジネスにも推し活に使える東京ビッグサイト行きJR高速夜行バス[旅行]

ビジネスにも推し活に使える東京ビッグサイト行きJR高速夜行バスグランド

アシュフォードのリフィルパッドポーチmini6は小さいけれどしっかり役立つポーチ型システム手帳です。[文具]

アシュフォードのリフィルパッドポーチmini6 システム手帳を牽

Plotter3穴レザーバインダー6年目の質感[文具]

Plotter3穴レザーバインダー6年目の質感 システム手帳の規

梅雨の季節に手紙をしたためたくなる万年筆インク「六甲シチダンカ」[文具]

梅雨の季節によく似合う万年筆インク・六甲シチダンカ ジメジメとシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑