*

万年筆インクボトルの底に残ったインクを100円均一ショップで解決する方法!?鋼筆墨水[文具]

公開日: : 最終更新日:2014/12/11 万年筆, 仕事術, 文具

色彩雫iroshizuku

色彩雫ミニボトル

色彩雫ミニボトル

ミニボトルをベタほめしたボクですが、ひとつ大きな欠点に気がつきました。
これは、色彩雫にかぎった話ではなく、他の万年筆ミニボトルあるいは、多くの万年筆インクボトルにも共通しているお話しなので、ボトルインクユーザーは必読のおはなし。

インクボトルも形はさまざま

インクボトルも形はさまざま

万年筆のインクボトルもよく見ると、各メーカーによってデザインはさまざま。
お国が違えど、共通していることは上げ底か?と思える底の部分の厚さ。
理由は簡単、重心を低くしてインクボトルが転倒しにくくするための安全の仕様。

ミニボトルの利点は前回の記事で書いたとおり、万年筆のインクボトルが発明された頃に、今日様ないろんなカラーインクが発売されるなど夢に思っていなっかたでしょう。
インクバリエーションが増えたおかげで、万年筆ユーザーひとりに対して所有インクの数も増えて、本来単色もしくはブルーとブラックの2色程度の所有が、今や自分がもっている万年筆の数よりも、インクボトルの数の方が多くなったユーザーもいるのでは?いや絶対いる!!

今回、PILOTから色彩雫15ml入りのminiボトルが発売されて、店頭でも品切れになったインクも出てきたそうです。

価格的にも容量的にもよいサイズのミニボトルに大きな問題がありました。

それは・・・

ミニボトルの欠点

ミニボトルの欠点

底に残ったインクがコンバーターで吸い上げられない!

万年筆のインクは、本来付けペン(羽根ペン)やガラスペンで書くときに、直接インクボトルにペン先を浸けて、筆記するためのモノ。
今日ではコンバータと呼ばれる、インクカードリッジとほぼ同じサイズで回転式(スポイト式もある)で、インクを吸い上げる機能をもったカートリッジがあります。

ペン先(ニブ)の部分をインクボトルに浸けて、カートリッジ本体にあるねじを回してインクを吸い上げる仕組みになっている訳ですが、インクが少なくなってペン先が浸るまでに至らないと、もうインクをカートリッジが吸い上げることができません。

インクボトルに入れて

インクボトルに入れて

吸い上げてもカートリッジにインクがはいりません。

吸い上げてもカートリッジにインクがはいりません。

裏技でコンバーターを直接インクボトルの底へ入れて吸い上げてみると・・・

なんとか吸い上げた!?

なんとか吸い上げた!?

ただし、リスクも伴います。

手が!手が!!

手が!手が!!

汚れやすい・・・です。ボクが下手なだけ??

大きなインクボトルも同じですが、インク容量(分母)が多いな分容量に対してのロスが少なく、miniボトルほどインク容量に対してのロスが大きくなります。
メーカーによって、インクボトルの底に、ペン先にあわせてくぼみをつけて最期のインクを吸い上げやすくしているボトルもあります。
詳しくは店頭でおたずねください。

100円均一ショップで見つけた問題解決!

シリンジ

シリンジ

女性ならすでにおわかりですね。
アトマイザーに香水を移し替える際にもちいるシリマー(シリンジ)です。
注射器といっていいですが、先端の針の部分はとても太いので、人間の腕には(たぶん)刺せるような針ではありません。

これなら、インクボトルの底に残ったインクも簡単に吸い上げることができて、手を汚さずにインクカートリッジに移し替える事ができます。

シリンジでインクを吸い上げる。

シリンジでインクを吸い上げる。

移し替えるときは慎重に・・・

驚くほど簡単に移せます。

驚くほど簡単に移せます。

注意

インクカートリッジやコンバータの容量ってとても少ないので、あまりシリンジにインクを吸い上げすぎないこと。


セーラー万年筆
インクカートリッジ 0.84cc
コンバーター     0.61cc
つまり1ccないので、あわてて入れちゃうと、必ずカートリッジから溢れちゃいます。(体験談)
各社のカートリッジ・コンバータも似たり寄ったりなので、同様にご注意ください。
またこの方法は、コアなインクユーザーの方々が実践されていますが、メーカーさんは推奨どころが、目くじらをたてるかものしれないので、あくまで自己責任でよろしくお願いいたします。
ちゃんとした?シリンジなら東急ハンズなどで取り扱っていて、ボクは以前それを使っていました。
作りがしっかりしていて、インクを移し替える時の微調整できます。
さらに、質感があって本物のお医者さんになった気分にもひたれてお得かもしれません(笑)。

まとめ

きょうのまとめは手書きで

まとめ

まとめ

今回はダイソー近鉄奈良店で売っているのを購入しました。奈良市内でうっているのだから、おそらく日本のどこのダイソーへ行っても購入できのでは?
¥108−で、しっかりインクを使い切れるのであれば、十分実用的なツールといえます。


関連記事

「モノが少ないと快適に働ける」ではじめるデスクのダイエット本[書評]

モノが少ないと快適に働ける 土橋正著   土橋正さんといえば、文具コンサル

記事を読む

フリクションボールが大嫌いだった僕がはまってしまった3つの理由。

フリクションボール パイロットが消せる筆記用具として開発・発売して大ヒット中のボールペン。

記事を読む

モレスキン 2015年秋の限定版コレクション発売![文具]

モレスキンから3つの限定版エディションが発売開始! シンプルがゆえに自由度ナンバー1の手帳とし

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

フエキ しわにならないのりってホント?[文具]

しわにならないのり 糊(のり)といえばスティック糊が全盛のこの時代。 たくさんの手帳ユーザーがい

記事を読む

やめることリストで見えてくる、ひと味ちがう今年のジブン![手帳術]

やめることリストのススメ! 前回の記事で、やることリストではじめるスタートアップノート術のお話しを

記事を読む

新・超薄い名刺入れカードリッジ”dünn”がちょっとカッコ良すぎる!?[文具]

超薄い名刺入れカードリッジ   2014年に発売されたカードリッジAir&

記事を読む

飾り原稿用紙でイキを楽しむ原稿用紙の使い方[文具]

あたぼう(株)「飾り原稿用紙」 原稿用紙エッセイ 「原稿用紙」という言葉にふれるのは

記事を読む

文具箱ブルー

万年筆を知る雑誌「趣味の文具箱」がつくる万年筆オリジナルインク「文具箱ブルー」[文具]

文具箱ブルー 雑誌「趣味の文具箱」のオリジナルインク「文具箱ブルー」 趣味の文具箱オンライン

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたのKAKUNOカクノを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップ バージョン2![レビュー]

1本1000円の人気万年筆KAKUNOを高級筆記具に変えるUNUSのス

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン 京都

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック  

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフィルケース[文具]

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑