*

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

公開日: : 最終更新日:2015/09/09 ノート術, 手帳, 文具

桜モレスキンをつくろう!

今年も桜の季節がやってきました。

wDSC06093

朝の通勤や会社での昼休みでも、近くの公園で桜を楽しむ方も多いようです。
そんな桜をノートに書きとどめるにはどうしよう?

絵心のあるかたなら、スケッチなどして手帳やノートに描くことができますが、ボクなどは絵心どころかデッサンの時点で、ピカソが腰を抜かすほど抽象画になってしまいます。
つまるところ、こどもの落書き以下(笑)

きょうは、絵心がなくても手帳やノートに「今年の桜」を記録する方法を紹介します。

用意するもの

  1. お使いの手帳・ノート
  2. マスキングテープ
  3. ラミネートシール
  4. ハサミ
  5. ケース

1.お使いの手帳・ノート
ボクの場合ずっとモレスキンポケットを愛用しているのでモレスキンを仕様。

2.マスキングテープ
今回使うのは「ガラス瓶」デザインのマスキングテープ(カモ井紙工業)

ガラス瓶マステ

ガラス瓶マステ

3.ラミネートシール
透明なテープならなんでもOK、ボクは透明な梱包用テープ(住友スリーエム)

住友スリーエム 透明梱包テープ

住友スリーエム 透明梱包テープ


4.ハサミ
ご自宅にあるハサミをご用意ください

5.ケース
ボクは昔使っていたカメラのフィルムケースを利用。
ドロップ(飴)などの小さめの缶ケースでもOKです。

銀塩カメラ時代の名残?フィルムケース

銀塩カメラ時代の名残?フィルムケース

手順

ステップ1

まずは桜の花を愛でにいきましょう。
桜の花が咲いた事がニュースになる国日本、日本人と桜は一番相性がいい花なのかもしれません。

ステップ2

おもむろにケースを取り出し、地に落ちた桜の花びらを拾い集めます。
くれぐれも、変な人に間違われないように、自然にさりげなく(笑)

ステップ3

フィールドワークが終わったら、自宅へ持ち帰ってひろげます。
小さい花びらは、「ガラス瓶マステ」を使い、まるで瓶の中に桜の花びらは入り込んだように、手帳・ノートに貼り付けます。
花弁ごと落ちた桜なら、透明梱包テープを適度な大きなにカットして、接着面(糊の付いた面)を上にして桜を乗せてから、手帳・ノートに貼り付けます。
DSC06101

ステップ4

完成した手帳・ノートを愛でながらコーヒーでもいただきましょう。
DSC06104

日時や場所を書いておけば、定点観測の目印になります。

DSC06105

ポイント

完成をイメージして、桜が見えるようにマステや透明梱包テープに乗せるようにしましょう。
ソメイヨシノは色が淡いので、黒い紙を台紙にして透明梱包用テープやマスキングテープでサンドイッチするようにすると、桜はさらに栄えます。
また、マスキングテープは台紙などに貼っておけば、花びらを採取したその場で手帳やノートに貼り付ける事もできます。

ケースの代用として、文庫本なども十分活躍してくれます。電子書籍リーダーではこうはいきません!アナログの勝利です(笑)

DSC06098

まとめ

桜の季節はあっという間です。
また毎年卒業や新社会人が職場に入ってくる時期でもあって、なかなかここまで気が回らないという人もいるでしょう。
いや、俺はとにかく呑む!という方も・・・
職場であったり、近所の公園であっても、自分が毎年見る桜を決めておいて、その桜の定点観察するように、桜の花びらを毎年自分の手帳に貼っていくのをオススメします。
ボクは、奈良氷室神社にある大きなしだれ桜のとなりの小さな桜の木を、定点観察桜(マイフェイバリッド)と決めています。
毎年この桜に春の挨拶をするのが、春の恒例常時になりました。
その記録として、いち弁をいただいて手帳に貼り付け、春のスタートの合図にしています。
さて、暖かくなってきました、そろそろフィールドへ出て身体を動かすとしましょう!


関連記事

年賀状を万年筆で書いてみよう。

今年も年賀状の季節が来ました。 版画やプリントごっこの時代もありましたが、パソコンの普及に伴い

記事を読む

立つペンケース、ネオクリッツがスリムになって新登場!携帯しやすいフラットモデルは鞄にジャストフィット[文具]

ネオクリッツフラット スリムなペンケースがスタンドに!? ネオクリッツ 立つペンケースと

記事を読む

超薄型名刺入れ「カードリッジ」これさえあれば、ビジネスチャンスは逃さない!

超薄型名刺入れ「カードリッジ」 なぜ、今までなかったのか不思議なくらいなこの商品。 カード

記事を読む

たまったマスキングテープをすっきり収納、100円均一ショップで見つけた簡単収納術。紙膠帶 [文具]

マスキングテープを簡単すっきり収納。 マスキングテープ マステと聞いて、最近のトレンド文具と感じる

記事を読む

STAND UP PENCASE grain どこでも活躍!携帯性に優れた立つペンケース[文具]

STAND UP PENCASE メーカーのgrainは機能製を追求したブランドで、他

記事を読む

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳といえば かつてバブル経済が全盛

記事を読む

「普段は買えない大学グッズ大集合」全国有名大学の大学文具・雑貨が楽しめる大阪梅田紀伊国屋書店がやばい!?[文具]

学市学座・全国有名大学の大学文具が買える大阪梅田紀伊国屋書店で開催中! 紀伊國屋書店梅田本店

記事を読む

無印良品84円ノートで簡単ライフログノートの作り方・応用編「文具」

無印良品84円ノートで簡単ライフログノートの作り方・応用編 前回は、世界一リーズナブルなラ

記事を読む

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック [文具]

モレスキン限定版は使い方に迷ってしまう罪なノートブック モレスキンはイタリア・モレスキン社

記事を読む

Marks IDEA NOTEBOOK EDiTは右脳人間にひらめきを授ける?[文具]

Marks IDEA NOTEBOOK EDiT(マークス アイデア ノートブック エディット)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック  

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフィルケース[文具]

TOOLS to LIVEBY おしゃれに持ち歩くシャープペンシルリフ

台湾の新しいブランドANTOUからさまざまなリフィルが使えるボールペンCが登場

台湾からの新しい風ANTOUブランド上陸、まずはボールペンC こ

IWIシヴィライゼーション万年筆の魅力[編集後記]

IWIのシヴィライゼーションシリーズ購入後の私的感想 IWIって

→もっと見る

PAGE TOP ↑