*

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具

システム手帳復活!

2016年からシステム手帳が元気になって店頭を賑わしている。
若い世代にはあまり馴染みがないかもしれないが、分厚いシステム手帳は20世紀末バブル全盛期のビジネスマンの必帯アイテムとうたわれた時代を象徴するアイテムだった。

21世紀のシステム手帳はさらに重厚なものから、シンプルさを優先した「よりコンパクト」なものまでラインナップが広がり、なかでもmicro5呼ばれる小型化したシステム手帳は女性が鞄の中にいても似合うため最近の人気のアイテムになっている。
結果、かつて全盛期の頃よりも種類もサイズも豊富になった感じがする最近のシステム手帳事情です。

プレスコット3タイプ

写真は2016年システム手帳メーカーの老舗アシュフォードから発売された、初代システム手帳「プレスコット」を現代によみがえらせたモデル。

システム手帳のメリット

システム手帳復権の背景には、これまでのユーザーであるビジネス層だけでなく、趣味として文房具を楽しむ層が後押ししている。
(おそらくはこのブログの読者ような・・・つまりあなた)
ボクが聞いた範囲でも、上記したアシュフォードのプレスコットやmicro5エレンを購入した女性ユーザーを何人か知っている。
今更ながらだけれど、システム手帳はリングノートではできない、用紙を自由に入れ替える機能があって、ページの順番を入れ替えたり、不要なページは破棄できるといった特徴がある。
また、リフィルを入れ替えることで、システム手帳に専門性を特化した自分だけの手帳をカンタンにつくる事ができる。

たとえば、罫線のリフィルだけなら全てメモのシステム手帳になり、カレンダーリフィルを使えばスケジュールダイヤリーとしての機能を加えることができる。
つまり、リフィルを交換することで自分仕様の手帳を組み立てる事ができるのがシステム手帳の大きなメリットと言える特徴です。

次のトレンドは「紙」?

システム手帳がふたたび文房具店の店頭に並び始めると、必然リフィルの種類も増えていきます。
バブル全盛期のリフィルはたくさん挟み込む事が主眼に置かれていて、フォーマット(罫線など)で選ぶ時代だったと言えるかもしれません。
現在のシステム手帳ユーザーは、これまでになかったたくさんの種類の筆記具を使っています。

  • 油性ボールペン
  • 水性インク
  • ゲルインク
  • えんぴつ(シャープペンシル)
  • 万年筆

ボクがサラリーマン時代には、シャープペンシルと油性ボールペンくらいしかなくて、リフィルの紙にこだわる必然性はありませんでした。
ところが、近年では万年筆で筆記を楽しむユーザーがシステム手帳を使い始めているので、そんなユーザーは必然としてリフィルの紙にもこだわりを求め始めています。

紙質と用途に特化したリフィル

ナガサワ文具センターオリジナルリフィル

万年筆で筆記するために生まれたシステム手帳リフィル

ナガサワ文具センター×満寿屋
ナガサワ文具センターは神戸で老舗の文房具専門店、満寿屋は司馬遼太郎や山岡荘八ら多くの文豪がこよなく愛した原稿用紙を作っているメーカーです。
この2社が万年筆×システム手帳ユーザーのためリフィルを作り9月15日から発売されました。

4タイプのリフィル

万年筆ユーザーにぴったりのフォーマットが4種類、サイズは1番ニーズが多いバイブルサイズ。
システム手帳のサイズが豊かな最近ですが、需要としてもユーザーがもっとも多いのはやはりバイブルサイズです。
今回のオリジナルシステム手帳リフィルはバイブルサイズで4種類のフォーマットが用意されています。

原稿用紙

原稿用紙

一筆箋 (横罫)

一筆箋(横罫線)

一筆箋 (縦罫)

一筆箋(縦罫線)

備忘録

備忘録

特徴とこだわり

このリフィルの特徴は、万年筆で気持ちよく書ける事はもとより、KobeINK物語から選ばれたインク色を罫線に印刷しました。
(*kobeINK物語はナガサワ文具センターが販売するオリジナル万年筆インクで2017年10月現在65色を展開中)
そして紙は万年筆の書き心地にもこだわった満寿屋のクリーム紙を採用しています。

原稿用紙

kobeINK物語六甲グリーン


原稿用紙リフィルの罫線はKobeINK物語No1の「六甲グリーン」を採用。
20×7で1ページに140文字が書くことができる原稿用紙リフィル。

実際に原稿を書く機会はあまりないかもしれませんが1日1ページの日記として使うと「万年筆」「縦書き」という組み合わせが懐かしくも新鮮に感じます。
140文字といえばTwitterの文字数上限と同じなので「手書きツイート」をコレでアップしてみるのも楽しいはずです。

一筆箋(横罫線)

KobeINK物語波止場ブルー


一筆箋横罫線

一筆箋は2種類(横罫線)と(縦罫線)

一筆箋(縦罫線)

KobeINK物語神戸ボルドー


KobeINK物語神戸ボルドー

一筆箋(縦罫線)

KobeINK物語波止場ブルー

一筆箋にはミシン目が入っていて切り取る事が可能です。
文字通り「一筆箋」として使えますし、普段持ち歩く手帳と一緒なら忘れることもありません。

一筆箋横罫線

さらに、ちょっとしたメッセージカードとして使うのもオシャレな上に、手帳に書いてサッと切り取って渡すのもスマートですね。
旅行や出張が多い人にはぜひオススメしたいのがこの一筆箋です。
縦罫線と横罫線は好みや普段から使い慣れている書き方に合わせるのも良いですが、たまには普段と違うスタイルも新鮮です。

備忘録

KobeINK物語新開地ゴールド


備忘録は罫線に神戸インク物語の新開地ゴールドを採用していますが、罫線以外にも万年筆ボトルをデザインしたアイコンが印刷されています。

備忘録

備忘録としてももちろんTodoのチェックにも使える他にも、愛用万年筆インクのを記録する「インクジャーナル」ような使い方も万年筆インクには嬉しいかもしれません。

インクジャーナルとしてもOK!

価格

  • 原稿用紙 品番N-670220 ¥500-(税別)
  • 一筆箋(横罫) 品番N-670244 ¥600-(税別)
  • 一筆箋(縦罫) 品番N-670251 ¥600-(税別)
  • 備忘録 品番 N-670237 ¥500-(税別)

 

まとめ

システム手帳の楽しみは市販されているリフィルを組み替える事で、自分だけの手帳をつくる事ができます。
ビジネス用途だけでない趣味にも活用できることで、以前より身近なツールになってきている気がします。
今回はバイブルサイズのみですが、micro5と呼ばれるミニ5穴システム手帳も人気なので、さらにリフィルの選択も増えていくかもしれません。

取扱店舗

ナガサワ文具センター本店(神戸三宮)
住所 〒650-0021 神戸市中央区三宮町1丁目6番18号 ジュンク堂書店三宮店3階
電話 078-321-4500
営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休 ジュンク堂書店に準じる


関連記事

リフィルの携帯はスマートに「SMART-HOLDER スマートホルダー」でスッキリペンケース計画[文具]

SMART-HOLDER スマートホルダー登場!リフィルはいつもスッキリ収納 いつもペンケース

記事を読む

モンブランローラーペンを仕事で使うのは相手への気づかい[文具]

仕事で使うモンブランローラーペンは相手への気づかい 高級万年筆で知られるモンブラン。

記事を読む

mt store at NAGASAWA in KOBE マステの祭典がナガサワ文具センター煉瓦倉庫で開催![文具]

mt store at NAGASAWA in KOBE マスキングテープでお馴染みのカモ

記事を読む

神戸インク物語「北野パールシルバー」六甲の緑は真珠のために・・・!?[文具]

神戸インク物語「北野パールシルバー」 神戸インク物語は神戸に本店がある、老舗の文具屋さん「

記事を読む

博多の文具店KA-KUが素敵な3つ理由&小倉のサプリもりつねオリジナルインクをめぐる旅[文具]

博多の文具店KA-KUが素敵な3つ理由&小倉のサプリもりつねオリジナルインクをめぐる旅 北九州

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

ペリカン万年筆 スーベレーンMシリーズまとめて試し書き[文具]

ペリカン万年筆 スーベレーンまとめて試し書き体験記 ペリカン万年筆 モンブランと並んで日本で

記事を読む

書き味爽快!スラスラ&くっきり!ローラーボールのススメ[文具]

ローラーボールのススメ! ローラボール?日本ではあまり馴染みのない名前の筆記具ですが、文具業界の中

記事を読む

コスパ最高!万年筆カクノにスケルトンモデル登場[文具]

パイロットカクノに新モデル登場 1本1000円で購入出来るお手頃万年筆カクノは若い世代から万年

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑