*

Nikonファンにはたまらない、モレスキンとのコラボノートブック[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 手帳, 文房具

Nikon×MOLESKINEは名機NikonF3を再現した限定版ノートブック

DSC00673

 

ニコンダイレクトで販売を始めた、ND オリジナルノートブック Nikon F3デザインモレスキン。
全世界にファンを従えるノートブックと世界の光学機メーカーNikonががっつりタッグを組んで、世に送り出したコラボレーション製品。
発売と同時に、使用目的(後先)を考えずに買ってしまいました(^0^;)
たぶん、どんなノート?と思っているNikonファン・MOLESKINEファンの方もいらっしゃるはずです。
今回は2016年8月に発売になった「ND オリジナルノートブック Nikon F3デザイン(Moleskine)」その中身を紹介します。

 

ND オリジナルノートブック Nikon F3デザイン(Moleskine)

DSC00671

モレスキンとは?

モレスキンはイタリア・モレスキン社が販売するノートブック。
モレスキンの名前は19世紀のフランスで手工業により製造されて、ピカソ・ヴァンゴッホらが愛用したノートとして知られています。
1986年に一度生産が終了して、ファンから惜しむ声があり、1998年に現在のモレスキン社が復刻して発売、現在もカリスマ的人気をほこるノートブックとして、アーチスト・ビジネスマン・作家などからも支持を集めているブランドです。

モレスキン本

モレスキン本

ダイヤモンド社からこのモレスキンの魅力を余すことなく紹介された書籍「モレスキン伝説のノート活用術」が発売されています。

Amazon

Nikon F3とは?

NikonF3は1980年に発売されたF(1桁)シリーズ(F1・F2・F3〜F6)はNikonカメラのフラッグシップ機として、常にメーカーの顔とも呼べる存在で、幾つかのバリエーションを加えながら20年間にわたり販売され続けてきた、スーパーニコンの名にふさわしいカメラです。
現在のデジタルカメラでは考えれませんが、電池(バッテリー)が切れても、1/60秒のみでシャッターをきる(写真が撮れる)ことができたカメラでもあります。
当時といえば、まだ35mmフィルムが全盛の時代、安心と信頼の*マニュアル式カメラとして、多くのプロカメラマンをはじめ、カメラファンから愛されたカメラです。
その優れた耐久性能で、日本の冒険家植村直己さんが冒険の相棒として活躍したカメラとしても、広く知られています。

エンボスで浮かび上がるF3ボディ

エンボスで浮かび上がるF3ボディ

*マニュアル式:今でこそ、カメラは全自動の時代ですが、このカメラはピント合わせから、シャッタースピード・露出・フィルム感度調整など、すべてが人間の手で操作・設定する必要がある古典的なスタイルのカメラです。

ノートブック

ノートブック表紙には、表紙にはNikon往年の名機とうたわれるF3のボディをエンボス加工で再現(写真上)

表紙の上部にはNikonのロゴが重厚な趣を醸しています。

DSC_2107
モレスキンのシンボルのゴムバンドには、F3を彷彿させる赤を採用、デザインにもNikonらしさを感じさせる工夫が見受けられます。

DSC_2109
ノートブックの中身は、定評のあるモレスキンclassicモデルのルールドノート(ラージ)、奇をてらわない親しみやすいフォーマットを採用しています。

ルールドノート

ルールドノート

Nikonファンが嬉しくなる、細やかな内装

IMG_20160812_0001
見開きページには、NikonF3カメラ図を掲載。
最後のページにはF3スケルトン図解と右ページはフィルム巻き上げの機構を紹介したイラストを掲載。
機会好きにはたまないイラストです。

DSC_2112
最後のページには、モレスキンの特徴でもあるポケットにF3のパーツ図が描かれています。

ノートブックのアイキャッチ、カメラフィルムをイメージした帯でくるまれています。

DSC00705

さらに、オマケ?は同じくカメラフィルムをフィーチャーした栞が付属です。

DSC00706

使うのがもったいなくなるノートブック

中身は、モレスキンの代表的な*ルールドノート。
ごく一般的なフォーマットなので、なんでも自由に使えて便利なノートブックのはずが、いざ使おうとなると、何につかっていいのか迷ってしまうほど、かっこいいデザインに気後れしてしまっています。
カメラユーザーなら、撮影の記録やカメラの管理記録など、表紙のデザインにふさわしい使い方があると思いますが、なにかこのまま大切にとっておきたくなるような雰囲気のノートブックでもあります。

*ルールドノートというのは、横罫線のフォーマットで、モレスキンでは横罫線をルールド・方眼をスクエア・無地をプレーンと呼称しています。

カメラとノートブックの素敵なまとめ

Nikonカメラとモレスキンのノートブックのコラボレーション
初めて手にした時に、なにか相通じる事を感じてして、なんだろうこの感覚は?と記事を書きながら気がついたことがありました。
現代社会においては、写真はデジタル化してフィルムを現像して紙に残す時代から、スマートフォンやタブレットPCで見る時代になりました。
また、手書き文化も電子メールやワードプロセッサー(ワープロ)などに押され、紙に書くという流行から外れた過去の文化。

すなわちどちらも時代の流れの中では、記憶の遺産になってしまいそうなアナロジーな点が共通している感じました。
紙に文字を書く文化は、フィルムカメラよりまだ存命の文化ですが、フィルムレバーを巻き上げ、ピントを合わせてシャッターを切る、ペンを取り出し、ノートを広げて文字を書く。
本来の趣旨のために、いくつかの手続きが必要なこと、これって儀式(セレモニー)ですね。
そんな儀式が必要なアナログツールこそが、NikonF3とモレスキンに感じる魅力だと思います。

 

ニコンダイレクト 公式オンラインショップはコチラ
「ND オリジナルノートブック Nikon F3デザイン(Moleskine)」はニコンダイレクトのみの販売です。

 


関連記事

万年筆インクを自分で作る!?ミクサブルインクで楽しむ自分オリジナルインクの世界[文具レビュー]

ミクサブルインクmini発売!手軽に楽しむオリジナルインクの世界 2018年4月PLATINUM(

記事を読む

はじめてのジブン手帳 はBizがいい!ジブン手帳Bizのススメ[文具]

2017年の手帳、はじめてのジブン手帳 はBizがいい! 序章~出会い 初めてジブン手帳(オ

記事を読む

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳といえば かつてバブル経済が全盛

記事を読む

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力の万年筆récolte(レコルト)誕生[万年筆]

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力な万年筆récolte 晩秋、紅葉の秋からから冬へと季節つな

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店があ

記事を読む

コスパ最高!万年筆カクノにスケルトンモデル登場[文具]

パイロットカクノに新モデル登場 1本1000円で購入出来るお手頃万年筆カクノは若い世代から万年

記事を読む

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオープン! 神戸三宮に本店があ

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

桜モレスキンをつくろう! 今年も桜の季節がやってきました。 朝の通勤や会社での昼休み

記事を読む

アシュフォード30thレザー文具 リアンの魅力[文具]

アシュフォード30thボクが選んだレザー文具はA7ノートカバー「リアン」 アシュフォード30th

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWSBI GO日本上陸!スプリング機構のインク吸入ははじめての体験[文具]

TWSBI GOで初めての体験するスプリング式インク吸入の便利さ

TWSBIダイヤモンドとTWSBIインクボトルの素敵な関係[文具]

TWSBIダイヤモンドと一緒に使いたい機能・デザイン・汎用性に優れたイ

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 20

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU大阪店[文具]

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU大阪

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つのはボールペン!?[文具]

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つバインダー式クリップボールペン

→もっと見る

PAGE TOP ↑