*

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

公開日: : 100円均一ショップ, 文房具

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上に便利です


スマートフォンをはじめ、デジタル端末を購入するたびに増えていくUSBケーブルや電源コードをしっかり統一感をもってまとめてくれる100円均一ショップダイソーの「ケーブルタイ」はそんなユーザーの心強い味方です。

USBケーブル


 欧州連合(EU)は2022年の閣議で、スマートフォンなどのデジタル端末の規格をUSB-Cに統一する決定がなされました。
2024年(今年ですよ)以降に発売される端子はすべてUSB-Cに対応することが義務づけされていますが、2022年以前に購入した機器(2024年中に発売される機器でも)はmicroUSBなどの旧規格のままです。
となると、規格は統一化されても、まだしばらくはmicroUSBやlightningケーブルなど、複数の規格のケーブルを併用することになります。
AppleユーザーのボクもiPad mini{第5世代)、AirPods、iPod touchなどlightningケーブルを使うモデルが大半を占めています。
現在発売されているiPhone15やAppleシリコンを搭載したiPadシリーズはUSB-Cになりますが、ボクの場合いまだにiPod classicとiPod shuffleを現役で愛用しているので30ピンdockケーブルが加わり、さらにキャノンminiPhotoプリンターiNSPiC、NECポケットWifi端末 AtermなどmicroUSB端子のデバイスもあるので、ケーブルの数は規格の数だけ部屋に溢れています。

これらのケーブルをひとつの箱にまとめて放り込んでおくと、いざ使うときに必要なケーブルがみつからないとか、からまってしまい取り出しにくなどの問題が生じます。

ケーブルタイ


 そんなときに、見つけたのがダイソー(100円均一ショップ)で発売されている「ケーブルタイ」
一般的にはマジックテープとか、ベロクロ(クラレ社の登録商標)の呼び名で知られています。
裏と表にそれぞれことなる性質(形状)の繊維が互いに絡み合って、しっかりと結合してケーブルなどを、まとめられます。
これを使えば、箱や袋にそれぞれのケーブルをまとめて放り込んでおいても、互いに絡み合う心配はなくなります。

スリムタイプ

ダイソーのケーブルタイには標準タイプとスリムタイプの2タイプが販売されています。
スリムタイプは1パッケージに6本、イヤホンやUSBケーブルをまとめるのにちょうどいい太さです。

長いかな?と感じたらハサミでカット。


スリムタイプは幅10mm全長が150mmと長さには十分な余裕があるので、長いケーブルでもまとめることが可能です、このサイズちょっと長すぎる場合もあるので、ボクがハサミで適当な長さに切って使うこともあります。万が一短くなりすぎても、6本で100円(+税)という価格なので、失敗もこわくありません。

標準タイプ


標準タイプのケーブルは5本入り、幅20mm長さ180mmと体積比で考えると大の方が得?と見えてしまいますが、USBケーブルなどの結束に使い易いのはスリムタイプの方です。
用途は、AC電源のケーブルをまとめるのに最適です。

太くて長いAC電源ケーブルには標準タイプを


近年、パソコンを持ち歩く際にACアダプターと電源ケーブルを一緒に運ぶひとはすくないかもしれませんが、予備のケーブルを自宅管理するときには便利です。

文具愛好家の考察

針金止め


ダイソーの「ケーブルタイ」を使うまでは、お菓子の口止めに使われている針金を再利用していましたが、使い勝手の面や見てくれなど有料とはいえ、統一感のある「ケーブルタイ」の方が圧倒的に利便性が高いと感じて、いまにいたっています。
特に旅行に行く際、必要なケーブルをまとめるさい、移動中にほどけることもなく安心して鞄の中に入れておけるのも魅力のひとつ。

外出はスマートに


自宅での整理や外出先に持って行くために使うのしても、低価格で使えるツールとして価格以上のパフォーマンスを提供してくれる「ケーブルタイ」です。


関連記事

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペンライフをおくれます

記事を読む

万年筆インクを自分で作る!?ミクサブルインクで楽しむ自分オリジナルインクの世界[文具レビュー]

ミクサブルインクmini発売!手軽に楽しむオリジナルインクの世界 2018年4月PLATINUM(

記事を読む

なにげに便利、左右効き手対応定規[文具]

なにげに便利な、共栄プラスティックの左右効き手対応定規 街にある庶民的な食堂のような文具?

記事を読む

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook[文具レビュー]

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook   Was

記事を読む

Nikonファンにはたまらない、モレスキンとのコラボノートブック[文具]

Nikon×MOLESKINEは名機NikonF3を再現した限定版ノートブック  

記事を読む

SAKURA craft_lab007、文紙メッセ2022会場で発表[文具]

サクラクレパスから人気のSAKURA craft_labのニューモデルが発表!11月発売にむけて先行

記事を読む

カッコイイだけじゃない!?エコな時代に対応した三菱鉛筆のuniシャープ替芯メタルケース[文具]

カッコイイだけじゃない!?大人が惚れる三菱鉛筆のuni〔ユニ)シャープ替芯メタルケースの魅力

記事を読む

プラチナ万年筆#3776センチュリー ペン先Cで楽しむ大冒険[文具]

プラチナ万年筆#3776センチュリー プラチナ万年筆#3776センチュリーは国内最高のパフ

記事を読む

デザインフィルから発売されたMDペンケース倉敷帆布の魅力[文具]

デザインフィルMDペンケース倉敷帆布 「書く」を愉しむMDノートで人気のデザインフィルから

記事を読む

書き味爽快!スラスラ&くっきり!ローラーボールのススメ[文具]

ローラーボールのススメ! ローラボール?日本ではあまり馴染みのない名前の筆記具ですが、文具業界の中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

梅雨の季節に手紙をしたためたくなる万年筆インク「六甲シチダンカ」[文具]

梅雨の季節によく似合う万年筆インク・六甲シチダンカ ジメジメとシ

買ってよかったポスタルコのスナップパッドSQ A56年目の感想[文具]

ポスタルコのスナップパッドSQ A5 ニューヨーク・ブルックリン

思わず美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIエコカフェローズゴールド[文具]

手にすると美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIの新色、カフェローズ

Ankerの新型モバイルバッテリーPowerBunk10000が凄かった[ガジェット]

AnkerPowerBunk10000 Ankerから2024年

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上

→もっと見る

PAGE TOP ↑