*

さらにできるようなった?!フリクションボールノックゾーン!新旧フリクションボール黒さの比較[文具]

公開日: : 文房具

黒がさらに黒になったフリクションボールノックゾーン

消せるボールペンとして、いまで当たり前の筆記具になったパイロットコーポレーションのフリクションボール。

そんなフリクションボールも、開発から発売に至るまでには多くの困難を乗り越えて、現在に至っています。

フリクションボールの大きな課題

消える(消せる)インクの宿命といっていいのか、フリクションボールには他のボールペンと比較して、インクの色が薄いといった問題は発売以降もずっとパイロットコーポレーションの研究チームの課題としていまも続いています。

数年前の文具展示会でパイロットコーポレーションの方にお話しを聞いた時、少しずつですが濃くなっていますよ、という事でしたが、実はあまり実感がありませんでした。

フリクションボールノックゾーンの登場

そんなインク問題に、はっきりと認識できる「濃いインク」を搭載した消せるボールペン「フリクションボールノックゾーン」が登場しました。

新旧インクの濃さ比較

新しいインクは、以前のインクと比べてどのくらい濃いの?というのが、ユーザーとして1番きになる点です。

フリクションボール新旧インクの比較


結論を先に申し上げると、
「はっきりと濃くなりました」

鉛筆で例えるなら、HからHBといった感じの差ですが、この濃さなら十分既存のユーザーを満足させる、あるいは辛口ユーザーにも及第点をもらえるレベルと思います。

新しいフリクションボールのインクは「プレミアムフリクションインク」と名付けられて、黒インクで約30%、赤と青インクでは約15%濃くなっています。

ZONE TECHNOLOGY

新しいフリクションボールには「ZONE TECHNOLGY」という新技術を開発、ただ黒くをより濃くしただけではなく、インクの消耗が激しい(燃費が悪い)という、フリクションインクが抱えるもうひとつの課題にも正面から取り組み、インク容量をアップ、さらに「濃く、長く書ける」筆記具にアップデートされました。
インク容量は従来のインクリフィルで採用していた樹脂軸から金属軸に変更されて、軸の厚みが薄くする事ができて、インク容量を70%アップ、筆記量は40%アップしています。
フリクションボール3.0の名前に恥じない、2022年最強のフリクションが誕生したといえます。

気になる互換性は?

リフィルの互換性


フリクションボールノックゾーンに使われている、替え芯フリクションボール2.0「FBKRF50EF-2(B・R・L)」は、旧型のフリクションボールシングルモデルにも使用が可能です。

残念ながら、多色(マルチ)モデルとは規格が異なるで互換性はありませんが、この先「ZONE TECHNOLGY」を採用した、多色モデルのフリクションボールが発売されることを期待したいです。

但し、今回のZONE TECHNOLOGYインクの開発と合わせて、ボールペン本体にはノック音78%カットといった改良が加わっているので、新時代のフリクションボールを満喫したいという人には、新しい「フリクションボールノックゾーン」の購入をお勧めします。

文具好きの考察

フリクションボールについては、さまざまな媒体で記事を書いてきた筆者ですが、好き嫌いがはっきり別れる印象がある筆記具です。

用途において、ペンケースのセンターをとったかと思えば、押し入れの奥にしまわれてしまったりなど、出番においては波幅のおおきい存在ですが、今回の「フリクションボールノックゾーン」の登場はふたたびフリクションボールが筆記具のセンターに返り咲くきっかけになりそうな1本です。

ラインナップ

手始めに550円のエントリーモデルからはじめてみるもよし、個人的には2200円のデザインというか佇まいがカッコイイかと。
550円
2200円
3300円(すべて消費税込み)
の3タイプから選べます

Amazonサイト

フリクションボールノックゾーン 550円モデル

フリクションボールノックゾーン 2200円モデル

フリクションボールノックゾーン3300円モデル


関連記事

SAKURA craft_lab007、文紙メッセ2022会場で発表[文具]

サクラクレパスから人気のSAKURA craft_labのニューモデルが発表!11月発売にむけて先行

記事を読む

万年筆は怖くない、パイロットカスタム74から始める万年筆入門[文具]

パイロットカスタム74から始める万年筆入門  万年筆という言葉には、ある種の憧れと敷居の高さを

記事を読む

リフィルの携帯はスマートに「SMART-HOLDER スマートホルダー」でスッキリペンケース計画[文具]

SMART-HOLDER スマートホルダー登場!リフィルはいつもスッキリ収納 いつもペンケースの中

記事を読む

アシュフォード30thレザー文具 リアンの魅力[文具]

アシュフォード30thボクが選んだレザー文具はA7ノートカバー「リアン」 アシュフォード30th

記事を読む

これば使える、ダイソーのラベルシール普通紙名刺サイズ[文具]

侮れない100円均一ショップ「ダイソー」の「ラベルシール普通紙名刺サイズ」  なんでも揃う

記事を読む

不精さんにオススメ?書かないノート術・映画編[文具]

書かないノート術 白状するとボクはすごい筆不精。 書くことは大好きなのに、日常のログをつけるのが

記事を読む

阪急電車のきっぷのーとは旅の想い出に?それともお土産に?[文具]

阪急電車のきっぷのーと ご当地文具と呼んでいいのか?大阪の阪急梅田駅で見つけたきっぷのーと。 装

記事を読む

スタイリッシュでカッコイイ!ノンスリップアルミ定規はルックス以上に機能的にも秀逸な文房具[文具]

スタイリッシュでカッコイイ!ノンスリップアルミ定規は機能的にも優れた文房具 ペンケース

記事を読む

10年目のナガサワ文具センターキップレザーペンケース[文具]

10年を越えたナガサワ文具センターのレザーペンケース  本当にいい物は長くつかうほど愛着が増し

記事を読む

ゼブラのぶれないボールペンブレンに4色シャープペンシル付きモデルが登場[文具]

ぶらないボールペンブレンに4色+シャープペンシルモデルが登場 春の筆記具まつり?  今年、2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ankerの新型モバイルバッテリーPowerBunk10000が凄かった[ガジェット]

AnkerPowerBunk10000 Ankerから2024年

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上

目に優しい用紙NEUEGRAYをロットで買ってみた[文具]

目に優しい用紙NEUEGRAYをロットで買ってみた NEUEGR

5月2日は「えんぴつ記念日」[文具]

ホントに楽しい鉛筆の世界 5月2日は「えんぴつ記念日」 188

ナガサワ文具センターからKAKUNO×NAGASAWA Original Designが発売!「編集後記」

ナガサワ文具センターから神戸をデザインしたKAKUNO×NAGASAW

→もっと見る

PAGE TOP ↑