*

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

公開日: : 大人文具, 文房具

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2.0mm芯ケース

2.0芯ホルダーという筆記具をご存知のひとがどの程度いるのか?

人気の筆記具といえば、0.5mmシャープペンシルが主流の現在ですが、結構古くから2.0mmという鉛筆のような太い芯を使った筆記具があります。

デッサンや建築用としての利用もありますが、筆者自身は長く鉛筆のような筆記具(あえていうと2.0mmシャープペンシルのような位置づけ)として愛用してきました。

普及モデルは三菱鉛筆のユニホルダー

中央が三菱鉛筆ユニホルダー、他にもOHTO(左)ステッドラー(右)からも発売

街の文具店でも取り扱いが多い2.0mm芯ホルダーといえば三菱鉛筆から発売されている「ユニホルダー」は、お小遣いでも購入できる価格(550円)で、替え芯のバリエーションも4Hから4Bまでと種類(芯の硬さ)も豊富な6本入りで220円とリーズナブルな価格です。

2.0mm芯ホルダーは三菱鉛筆の他に、OHTOやCARN d’ACHE(カランダッシュ)ステッドラーからも発売されていて、熱心な文房具ファンにとってはお馴染みの筆記具といえるかもしれません。

替え芯を持ち歩く

0.5mmのシャープペンシルを愛用の人なら、替え芯をペンケースと一緒に携帯しているかと思いますが、この三菱鉛筆ユニホルダーの2.0mm替え芯はプラスティック樹脂のケースに収められていて、安心と安全を担保しているおかげで、そこそこ場所を占有してしまうきらいがあり、一緒に持ち歩くには見た目のスマートさに欠けてしまいます。

すぐに使い切ってしまう筆記具ではありませんが、やはり替え芯がペンケースの中にあると安心です。

 

OHTO2.0mm芯ケース

OHTO芯ケース

そこで、いざという時の替え芯を安全に持ち運びができて、ペンケースに入れても邪魔にならずに、スマートに携帯できるのでOHTO2mm芯ケースというスタイルを選びました。

OHTO2.0mm芯ケースには、2.0mm芯を6本から8本(詰め込めば10本)収納することができて、真鍮製の本体はとても軽いのも魅力です。

 

純正ではない問題点

長さが合わない筆者の場合、三菱鉛筆のユニホルダーではな、はショートサイズで質感のある(有り体にいうと見た目がカッコイイ)スイスのCARN d’ACHEのフィックスペンシル2mmを愛用しています。

質感や指に馴染む感覚が好きで、まずなによりカッコイイのがCARN d’ACHEのフィックスペンシルなのですが、唯一の欠点として純正替え芯の入手がちょっと難しく、地元の文具店では取り扱いがなく、急ぐ場合はAmazonサイトで購入するしかなく、しかも海外のブランドにありがちな「財布には優しくない」代物。(3本で880円)

純正には純正の良さがあるのですが、自分の生活圏内で入手しづらいのは困りものです。

そこで、三菱鉛筆の2mm芯をCARN d’ACHEのフィックスペンシルで代用しようとしたばあい、三菱鉛筆の2mm芯ホがわずか数センチほどCARN d’ACHEのフィックスペンシルよりも長く、芯を差し込むと本体からはみ出してしまいます。

さらに三菱鉛筆さんの替え芯はとてもよくできていて、芯の後ろにプラスティック製のストッパーが付いていてさらにCARN d’ACHEには使えない仕様です。

文具の改造はお好みませんが、三菱鉛筆のユニホルダーである程度使用して短くなってから移し替える、あるいは勇気と割り切る精神で(心の中でごめんなさいとつぶやきながら)「折る!」のどちらかになると思います。

筆者の場合は、2mm芯ホルダーの使用頻度が高いために、ユニホルダーで使い短くなって芯をOHTOの2mm芯ケースに入れて持ち歩いています。

CARN d’ACHEの純正替え芯を買うのが1番スマートですが、コスト面と入手しにくさを考えると、この方法がベターかなと感じています。

 

まとめてみよう

2.0mm芯を使った筆記具「芯ホルダー」あるいは「シャープペンシル」は、0.5mm芯を使用したシャープペンシルにはおよびませんが、よくよく見ると一般の文房具店や画材屋さんなどで並んでいます。

ただし、2.0mm替え芯の在庫の多くは三菱鉛筆のユニホルダー用のために、筆者のように「カッコ良いいから」とCARN d’ACHE社のフィックスペンシル(芯ホルダー)を使っているミーハーなユーザーにはちょっと不便です。もちろん、Amazonなどのオンラインストアを利用すれば、わざわざ都市部の大型文房具店まで足を運ばなくて入手することは可能ですが、いざという時すぐに入手できないデメリットはせっかくの筆記具の稼働率を低下させて、もっとシンプルにいえばモチベーションを削られてしまい、それならば比較的入手しやすい替え芯を使うのも「あり」だと思います。

OHTOの2mm芯ケースは、中の芯を守ってくれて、かつ軽い、そしてコンパクトでペンケースの中を占有しないメリットがあり、一度購入すれば5年〜10年はまず使えそうです。

コスト・携帯性・純正の入手しにくさを補うといったメリットを考慮した結果、CARN d’ACHEユーザーだけはなく2mm芯ホルダーを愛用するひとに替え芯を持ちある手段のひとつにオススメしたい「OHTOの2mm芯ケース」です。

データ

メーカー OHTO (公式サイト

製品 真鍮芯ケース(2mm芯ケース)

価格 385円(消費税込み)

 


関連記事

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店があ

記事を読む

モンブランローラーペンを仕事で使うのは相手への気づかい[文具]

仕事で使うモンブランローラーペンは相手への気づかい 高級万年筆で知られるモンブラン。

記事を読む

重版出来!「仕事文具」楽しみながら得をする3つの効果![書評]

「仕事文具」文具を使って仕事を超効率化!! 「仕事文具」はステーショナリーディレクター・文具コンサ

記事を読む

サクラクラフトラボ003、引力に導かれた筆記具の魅力[文具]

SAKURA craft_lab 003 引力を味方につけた筆記具の新しいスタイル sakura

記事を読む

不易糊しわにならないのり、これで安心あと10年は戦える[文具]

フエキくんでおなじみ不易糊の「しわに、ならないのり」キャップ交換で復活! しわにならないのり[/

記事を読む

ドイツのハンドメイドインク・ヤンセンの魅力[文具]

Jansen(ヤンセン)はドイツの万年筆インクのブランド ハンドメイドインクという、日本では考

記事を読む

雑誌の付録はあなどれない?MonoMaster2022年3月号の収納ボックが優秀です[文具]

雑誌の付録はあなどれない?MonoMaster2022年3月号 MonoMaster3月号[/c

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

大人を楽しむ色えんぴつ三菱鉛筆のEMOTT Pencil [文具」

大人を楽しむ色えんぴつ、三菱EMOTTPencil 万年筆インクのカラーバリエーションが増えて、万

記事を読む

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる PILOT KAKUNO

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑