*

マークスアイデアノートEDiTでつくる原稿用紙ノート[文具]

公開日: : カスタム, 文房具

マークスアイデアノートEDiTでつくる原稿用紙ノート

アイデアノートブックEDiTは2015年マークスから発売された、ヨコ型B5変サイズのノートブックです。

アイデアノートEDiT

アイデアノートEDiT

罫線や方眼スクエアが印刷されたノートブックではなく、ドットが印刷されただけの実にシンプルなフォーマットです。
さらに表紙がハードで、鞄の中に少々乱暴に放り込んでも、中のページが傷みにくく、雑なボクにはうってつけなタフネスさも誇ります。
さらにこのヨコ書きで開花したボクですが、このヨコ型ノートブックは、アイデア(思いつき)をどんどん書き出しす事が、とてもスムーズにできることに気がつきました。
ノートに納められた用紙は70枚、1日1ページアイデアを書き出してもたっぷり2ヶ月は使えます。

2ヶ月で1冊目が終了

2冊目を使い始めようとしたとき、表紙のカバーがまだまだ元気なのに、このまま処分するのは惜しいなと思い、なにか再利用できないものかと・・・。

そこでちょっとした工夫をスパイスにして出来たのが、このオリジナル原稿用紙ノートです。
dsc01428

ここが素晴らしい原稿用紙ノート

  • 携帯性に優れて、中の用紙が傷みにくい。
  • B5サイズはカフェの小さなテーブルでも拡げて筆記・執筆することができる。
  • 電車・飛行機の中でも筆記が可能。
  • B5サイズなので、オリジナルリフィルを作れば、その汎用性は無限大。

これはボクの個人的な事情による事ですが、旅行取材の時には移動中やビジネスホテル、さらにはカフェで原稿の下書きなどをするとき、普及サイズの原稿用紙では大きすぎて、携帯性もいちじるしくありません。
そこで満寿屋のB5サイズ横書き原稿用紙と出会ってから、このスタイルを思いつきました。

リヒトラブのツイストリングノート

dsc_2466
マークスアイデアノートEDiTのようなリングノートは、メーカさん暗黙の了解か?
じつはサイズの規格が同じです。
*リングノートとリヒトラブのツイストリングノートのサイズは同じでした。
(ただし、ルーズリーフとは企画が違うのか?それは使えません)
そこで、リヒトラブから発売されているツイストリングノートのリングをこのアイデアノートEDiTに応用しようとしたわけです。

アイデアノートEDiTのサイズはヨコ書きB5変ですが、リヒトラブのツイストリングノートには、ヨコ型の製品はありません。
でも、B5サイズの縦の辺はB5サイズの1/2、つまりB6サイズになるので、B6ノート用のリングで使えます。
ボクがこの手法を試そうとしたとき、リング単体で「B6サイズリング」の発売がなかったので、リヒトラブのB6サイズのツイストリングノートを購入しました。

HOW TO ORIGINAL NOTEBOOK

STEP1/リングを外す

リングを外す

リングを外す

使い終わったアイデアノートブックEDiTを分解します。
専用工具がリヒトラブさんから販売されているので、これを利用すると簡単にリングを外すことができます。

リングノートリムーバー
dsc_2457

STEP2/穴あけ行程

バラバラに!

バラバラに!

STEP3/原稿用紙に穴を空けます

リングに挟み込むための穴あけ作業

リングに挟み込むための穴あけ作業

穴あけ(パンチ)には、リヒトラブのワンサードパンチというリングノート規格の穴あけパンチを利用します。
B6サイズ(横辺)なら約3回で穴を空ける事ができます。

STEP4/リングにセット

リングに挟み込みます

リングに挟み込みます

B5サイズのリングノートのリングをここで、先ほど外したアイデアノートEDiTの表紙
と裏表紙(カバー)をリングに通してから、穴を空けた原稿用紙を綴じるだけです。

STEP5/サイズ調整

ちょっとはみ出ます

ちょっとはみ出ます

アイデアノートEDiTはB5変サイズで、厳密にはB5ではないので、B5の用紙を綴じると約1cmほどはみ出てしまいます。
このまま使っていいのですが、ちょっと気になる人は、はみ出た部分1cmほどをカットしましょう。
ボクはカッティングツールを使って裁断しています。

カール事務器 裁断機 ディスクカッター DC-200N A4サイズ

裁断機 ディスクカッター

裁断機 ディスクカッター

STEP6/仕上げ

さらに見た目をスッキリさせたい場合には、下隅にカーブを描くカットを入れます。

かど丸PRO

かど丸PRO

かど丸PROを使うと手軽に隅の処理ができて、スッキリします。

完成

完成

dsc01426

原稿用紙なまとめ

今の時代に原稿用紙を使うケースはあまり・・・いや、ほとんどないかもしれません。
でも、街の文具屋さんに行けば、ほぼ必ずと言っていいくらいに原稿用紙は売られています。
2016年IOSTで文房具大賞を受賞した、あたぼう(株)「飾り原稿用紙」を見るように、以外に原稿用紙ユーザーがいるようです。
特に執筆に関わる仕事以外でも、文字枠のある原稿用紙は実に重宝します。
ボク自身は現在「執筆」という作業でお金をもらう仕事していますが、正直に言うと「原稿用紙を使う必然性はありません」
さらに、私の知人ですでに数多くのビジネス書を執筆している作家さんも、原稿用紙は使っていないと聞きました。
ではなぜ原稿用紙がいいのか?
ボクなりの答えは?

  • 手書きのスピードと思考のスピードがシンクロしている
  • 文字枠があり一文字・一文字が明確になる
  • 文章のスタートイメージとゴールのイメージがしやすくなる

マークスアイデアノートEDiTは、ほんとにいいノートブックです。
使い終わったあとも、ひと工夫で原稿用紙ノートに限らず、いろんな使い方が見つかるはずです。
アイデアノート、書き終わったあともアイデアが浮かぶノートブックでした。

マークスアイデアノートの使い方

マークスさんのホームページでは、原稿用紙ノート以外のボクの使い方が紹介されています。
こちらも参考になれば幸いです。マークスWebサイト

今回使用したノート備品

マークス アイデアノートEDiT

リヒトラブ ツイストリングノートB6

リングノート リムーバー

カール事務機 裁断機 ディスクカッター

サンスター文具 かど丸PRO

満寿屋 原稿用紙B5 横書き


関連記事

阪急電車のきっぷのーとは旅の想い出に?それともお土産に?[文具]

阪急電車のきっぷのーと ご当地文具と呼んでいいのか?大阪の阪急梅田駅で見つけたきっぷのーと。 装

記事を読む

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具 システ

記事を読む

プラチナ プレスマンにカラーバリエーション5色が新登場![文具]

プレスマンに新しく5色が仲間入り! プラチナプレスマンは発売からすでに30年が経つロングセ

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店があ

記事を読む

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力の万年筆récolte(レコルト)誕生[万年筆]

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力な万年筆récolte 晩秋、紅葉の秋からから冬へと季節つな

記事を読む

書き味爽快!スラスラ&くっきり!ローラーボールのススメ[文具]

ローラーボールのススメ! ローラボール?日本ではあまり馴染みのない名前の筆記具ですが、文具業界の中

記事を読む

スマートグリップで変身!フリクションボールがさらにカッコ良く書きやすさもアップ![文具]

UNUS PRODUCT SERVICE.の「SMART-GRIP」シリーズから新しいモデルが登場!

記事を読む

サクラクラフトラボ003、引力に導かれた筆記具の魅力[文具]

SAKURA craft_lab 003 引力を味方につけた筆記具の新しいスタイル sakura

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

STALOGY マスキング丸テープを使ったデジカメバッテリー管理術!?「文具」

STALOGY(ニトムズ) マスキング丸テープを使ってカメラのバッテリ

サクラクラフトラボ003、引力に導かれた筆記具の魅力[文具]

SAKURA craft_lab 003 引力を味方につけた筆記具の新

アクアドロップで出張も旅ももっと自由に![文具バリスタ]

リヒトラブのとじ具が開くメモ「アクアドロップ」で旅をもっと自由にするア

万年筆インクを自分で作る!?ミクサブルインクで楽しむ自分オリジナルインクの世界[文具]

ミクサブルインクmini発売!手軽に楽しむオリジナルインクの世界

大阪城公園で新しいスターバック体験ができる大阪城公園森ノ宮店が5月1日オープン![カフェ]

大阪城公園で新しいスターバック体験ができる大阪城公園森ノ宮店が5月1日

→もっと見る

PAGE TOP ↑