*

万年筆インクを自分で作る!?ミクサブルインクで楽しむ自分オリジナルインクの世界[文具]

公開日: : 万年筆インク, 文房具

ミクサブルインクmini発売!手軽に楽しむオリジナルインクの世界

2018年4月PLATINUM(プラチナ)から装いを新しくミクサブルインクmini全9色が発売になりました。

静かに人気を集めている万年筆インクはこの10年で大きく変化した「文房具」です。
大阪にある万年筆専門店では10年前、万年筆インク(瓶)は1ヶ月に数本程度の売上しかなかったものが、昨年はその200倍以上が売れる商材(商品)になっているとか。
その要因のひとつが、各万年筆メーカーから発売されている万年筆インクのカラーバリエーションがあげられます。
パイロットの「色彩雫シリーズ」が24色、セーラー万年筆「SHIKIORI四季織」16色、プラチナからは「classicINK」6色が登場、ごく最近ではセーラー万年筆が「インク工房シリーズ」としていきなり全100色のラインナップを市場に投入するなど、各メーカーの万年筆インクに対する並々ならぬ意気込みを感じます。

ミクサブルインク

プラチナから「ミクサブルインク」という、混ぜて自分だけの色をつくる事ができる万年筆インクが発売されています。
この「混ぜられる」というのは、万年筆インクではちょっと異例で、本来完成されたインクはその色で「安定」して使えるよう調整済みで出荷されています。
特に海外ブランドのインクは混ぜて使用しないように呼びかけているメーカーもあります。

<閑話休題>
ミクサブルインクに話を戻します。
ミクサブルインクはすでに発売されていましたが、2018年4月インクボトルのデザインや容量などを見直し1本1000円の価格で登場したのがミクサブルインクminiです。

特徴は新しくデザインされたインクボトルはまるで化粧水のように美しい輝きを放つ、とてもオシャレな瓶になった点です。

このままデスクの上に飾っておきたくなるほど、美しい品が伝わってきます。

MIXABLE INK mini Lineup

#1 Smoke Black

スモークブラック

#11 Flame Red

フレイムレッド

#21 Cyclamen Pink

シクラメンピンク

#28 Silky Purple

シルキーパープル

#30 Sunny Yellow

サニーイエロー

#41 Leaf Green

リーフグリーン

#55 Aurora Blue

オーロラブルー

#57 Aqua Blue

アクアブルー

#62 Earth Brown

アースブラウン

 

How to MIXABLE INK

ではどうやってオリジナルインクを作ればいいのか?
次のツールを用意しましょう。

  • ミクサブルインク
  • スポイト
  • お皿(絵の具用パレット)
  • ガラスペン

 

スポイト

ガラスペン

ミクサブルインクの他に、これらの物が必要になります。
ガラスペンと聞くとなにか高価な筆記具のイメージがありますが、ボクがつかっているペンは佐瀬工業製で3本セット(太・中・細字)で¥1500−、お皿は100円均一ショップで売っている小皿で十分です。

STEP1

ミクサブルインクとお皿、そしてスポイトを用意して。

 

ステップ1

STEP2

インクをスポイトで吸い上げて、約1滴をお皿に落とします。


STEP3

お皿に2種類のインクを落として、混ぜ合わせます。

 

混ぜ合わせる時にガラスペンを使うといいでしょう。配合のあと試し書きがしやすくなります。

お皿は白い陶器を推奨します。色柄のお皿はインクが混ぜ合わさったとき色が認識しにくくなります。

試し書き見本

 

試し書きをしてみましょう、この際も白い紙で、できれば普段使っているノートに書いてみるとノートとインクとの相性を比較できるはずです。

 

However!?

ところが・・・いきなり配色なんて簡単にはできません。

あるメーカーさんではオリジナルインクを作ってくれる「インクベンダー」という配合のプロフェッショナルがいます。

これまでに何万色をも手がけたプロだからこそ、お客様のオーダーに応える事ができるのであって、はじめてのビギナーはいきなり思い通りの配色はできない!と思ってもらった方がいいです。

POINT!

オリジナルインクをつくる3つのポイント!

  • 作るインクのカラー(結果)をイメージする
  • インクは1:1を基本にして、1:2から1:3程度に留める。
  • 使用するインクは3色からスタート

 

1、作るインクのカラー(結果)をイメージする

はじめにどんな色を作りたいのか、おおざっぱでいいので頭の中でイメージしてみる事が大切、適当に混ぜ合わせてもプラチナさんのインクは優秀なのでそれなりのきれいな色に仕上がります。

そうすると、次に同じインクを作るとき、さらにそこから発展させてインクバリエーションを増やすことができくなるなります。

配合の時はメモやノートに控えて置く事を推奨します。

2,インクは1:1を基本にして、1:2から1:3程度に留める。

まずは1:1、2色を同じ比率で配合してみましょう。

基本は1:1で、その色の特製が見えてくれば比率を変えて次の配合にステップアップしましょう。ここでもちゃんと控えを残して置くことが大切です。

3,使用するインクは3色からスタート

ミクサブルインクminiは1本1000円とお手頃な価格ですが、いきなり全色揃えた上に他のツールも含めると、諭吉先生(かつての聖徳太子)が財布から旅立ってしまいます。

まずは2〜3色からはじめて見ましょう。

ミクサブルインクminiのラインナップは単色でも十分日常に使えるカラーが揃っているので、まず自分の普段使い色を選ぶのもいい選択です。

もちろん全色大人買いしても、まったく問題はありません、プラチナさんもきっと喜んでくれるはずです(*^_^*)

What’s Image?

「イメージしないさいって言われても、どの色とどの色を混ぜ合わせたらどんな色になるのかわからないし・・・」

プラチナが用意してあるパンプレットには簡単な配色比較表がついています、そちらを参考にしてもらえればイメージつくりに役立つはずです。

ここから先はPersonal Servis!

ボクががんばって配合した全9色 1:1の配合表がこちら

#1 Smoke Black

色見本 スモークブラック

基本色 スモークブラック

 

#11 Flame Red

色見本 フレイムレッド

基本色 フレイムレッド

 

#21 Cyclamen Pink

色見本 シクラメンピンク

基本色 シクラメンピンク

 

#28 Silky Purple

色見本 シルキーパープル

基本色 シルキーパープル

 

#30 Sunny Yellow

色見本 サニーイエロー

基本色 サニーイエロー

 

#41 Leaf Green

色見本 リーフグリーン

基本色 リーフグリーン

#55 Aurora Blue

色見本 オーロラブルー

基本色 オーロラブルー

#57 Aqua Blue

色見本 アクアブルー

 

基本色 アクアブルー

 

#62 Earth Brown

色見本 アースブラウン

基本色 アースブラウン

 

基本色+8色を1:1の比率(概ね)での結果です。<写真>は未編集ですがモニターや光線の加減で実際の色と異なる場合があります。

だいたい「こんな感じかな?」という参考にしもらえれば幸いです。

one more thing

このミクサブルインクminiと同時にEmptybottleも発売になりました。

空インク瓶

いわゆる空瓶です、このEmptybottleもミクサブルインクminiと同じオシャレで美しいインクボトルです。

自分色に配合したインクをこのボトルに詰めたら、まるで市販されているような自分インクの完成です。

また、ミクサブルインクminiのボトルにはインクの色示す表示がありません。

表記は外側のパッケージだけ、使い切ったあとは自由に使う事ができるのは先の事を見越しての事・・・だと個人的推測。

1〜3本程度ならインクの色で判断できるかもしれませんが、同系色のインク(例オーロラブルーとアクアブルー)だと「アレ!どっちだっけ?」

となりかねません。

そこで市販のマスキングテープを使ってインクボトルに色を表記しておく事をお勧めします。

マスキングテープ

例 油性マジックインキで筆記

マスキングテープで貼るメリットは、後で剥がしやすい点です、<写真>の丸シール型マスキングテープは株式会社ニトムズの「マスキング丸テープ」直径16mm。

ホワイトを使っていますが、こちらもカラーバリエーションとサイズも豊富なのでお好みにあった物を選べます。

キャップに貼って完成

プラチナさんがここまで想定していたのかは不明ですが、キャップの上側(天)はフラットになっていて、このマスキング丸テープが貼りやすい設計になっています。

ミクサブルインクminiなまとめ

「オリジナルインクを作る」楽しくもあり、面倒な作業です、はじめは思い通りの色のならずやきもきするかもしれません。

まずは結果を求めず、プロセスを楽しむ事からはじめてみましょう。

途中で配合をメモしましょうと話しましたが、1:1でも厳密な配合ははやり難しいと感じます。

でもそこは潔さと予期しない色との出会いは「一期一会」の心で楽しみましょう。

なにはともあれ、あなただけの思いと完成までに至る物語が詰まったインクを手にすることができるからです。

*折角のカラーインクなので、中のインクが視認しやすい透明な万年筆インクも合わせてオススメします。

プラチナではミクサブルインクminiと同時に発売になった、プレピークリスタルが相性抜群、なんといっても1本¥400−で買える万年筆ですからインクの数だけ揃えたくなります。

関連記事

お手頃な万年筆Preppyにスケルトンモデル登場!万年筆インクファンに嬉しいPreppy Crystal!

お手頃な万年筆Preppyにスケルトンモデル登場!万年筆インクファンに嬉しいPreppy Crystal![文具]

ミクサブルインクminiDate
発売日 2018年4月16日
カラー 全9色
容量 20ml
価格 ¥1000−(消費税別)

空インク瓶(Emptybottle)
ミクサブルインクminiと同サイズ
価格 ¥500−(消費税別)

Amazon
ミクサブルインクmini

Emptybottle

ニトムズ マスキング丸テープ(アソートタイプ)

ガラスペン
加瀬工業製ではありませんが、インクバリエーションを楽しむなら万年筆だけなく廉価なガラスペンがあると重宝します。


関連記事

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店

記事を読む

恋するサラサ~fall in love~[文具]

恋するサラサ~サラサにFaii in love~ ずっとそばにいて、それが日常で当たり前だった

記事を読む

ポスタルコツールボックスにひとめ惚れ、恋するペンケース[文具]

ポスタルコ ポスタルコ?あまり耳にしたことがないメーカーですが、2000年にアメリカのデザイナーだ

記事を読む

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具 システ

記事を読む

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブランから限定インクで登場

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

趣味の文具箱VSナガサワ文具センターが語る万年筆インク対談[文具]

ナガサワ文具センター茶屋町店万年筆サミット 2015年12月5日〜7日までの3日間、大阪梅

記事を読む

飾り原稿用紙が優しく本を包む?間違った原稿用紙の使い方[文具]

飾り原稿用紙で楽しむ間違った原稿用紙の使い方 飾り原稿用紙 2015年にあたぼうステイシ

記事を読む

モンブランローラーペンを仕事で使うのは相手への気づかい[文具]

仕事で使うモンブランローラーペンは相手への気づかい 高級万年筆で知られるモンブラン。

記事を読む

エルバン アニバーサリーインク「エメラルド」10秒で恋に落ちる魅惑のカラー[文具]

エルバンアニバーサリーインクエメラルド 2016年冬発売予定の限定版インク この限定版インク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑