*

SAKURA craft_lab007、文紙メッセ2022会場で発表[文具]

公開日: : 大人文具, 文房具

サクラクレパスから人気のSAKURA craft_labのニューモデルが発表!11月発売にむけて先行レビュー

SAKURA craft_lab007

 サクラクレパス株式会社(以下サクラクレパス)は2022年8月2日13:00、人気シリーズSAKURA craft_lab007のプレスリリースを公開しました。
大人に「かく」喜びをとどけるコンセプトで2017年9月に発売されたSAKURA craft_lab001は文房具屋さん大賞2018を受賞、同時に発売されたSAKURA craft_lab002は2018年度のグッドデザイン賞を受賞するなど、そのコンセプトやデザインは業界で大きく評価されたプロダクトです。

SAKURA craft_lab001(右)と002

 また、大阪に本社をかまえるサクラクレパスは、地元大阪で開催される文具と紙製品の祭典「文紙メッセ」の会場で発表されるというこだわりがあり、新製品などの発表や情報発信が首都圏中心で行われる中、地元愛?にあふれるサクラクレパス(様)には、関西在住のライターとして感謝しかありません。

文紙メッセについて

 毎年、本町にあるマイドーム大阪で開催される文房具のイベント「文紙メッセ」は、メーカーと小売店との商談会という一面と、一般のユーザー(文具ファン)が新製品や話題の文房具に触れることができる機会とあって、大阪の天神祭りと並ぶ(あっ、ちょっと言い過ぎました)人気行事のひとつです。
いまでは各地で開催されている文房具のイベントとしてが魁であり、また無料で楽しめるとあって期間中は家族で訪れる人が多いのも特徴で、会場内の体験コーナーやワークショップで子ども立ちには夏休みの自由研究ができるほどです。
(2020年2021年は新型コロナウィルス感染症のため今年が3年ぶりの開催になりました)

SAKURA craft_lab007

 さぁ、本題のSAKURA craft_labシリーズの第7弾の情報をお届けします。

SAKURA craft_labシリーズのラインナップ(店頭陳列見本)


 2017年に登場したSAKURA craft_labシリーズは、サクラクレパスが書くコトがワクワクする、持つ事でドキドキするような、子供のころの無邪気な気持ちを呼び起こす大人の筆記具をのコンセプトに生まれたシリーズです。
シリーズ毎にもそれぞれテーマが決められていて、SAKURA craft_lab007は「あたらしいここち。」を伝える筆記具と発表されました。

デザイン

SAKURA craft_lab007は001をシュッとスリムにしたシルエット


 SAKURA craft_lab001の発表の際にも取材をさせていただき、すぐさま馴染みの文具店で予約した筆者が、いまでも愛用つづけている1本ですが、新作SAKURA craft_lab007は鮮烈なデビューを果たした初代SAKURA craft_lab001を彷彿させるシンプルさとモダンなデザインを併せ持った原点回帰に繋がると同時にDNAを継承したモデルといえます。

特徴

高級感あふれるクロスローレット加工のペン軸


 クロスローレット加工の芯送りダイヤルは往年の高級オーディを彷彿させます、またグリップからペン先に至る素材は真鍮製で流線型のシルエットとあわせてさらなる高級感を醸します。
また、細めのアルミ軸は大人向けの上品な配色で5種類(5色)、指にすっとフィットする質感に加えて、クリップや天冠の飾りも、SAKURA craft_labシリーズを継承するデザインになっています。

仕様

全5色のラインナップとなった今回のSAKURA craft_lab007のボール径は0.5mm,、SAKURA craft_lab002を同じ、付属インクはブラックを標準装備しています。
リフィルについては、同シリーズの001と003と同じR-LGB05Aを採用しているので、付属のブラックインキ意外にも、ブルーブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラック、漆黒を使うことも可能です。

カラーバリエーション
#44 ストミーグレイ

#46 セージグリーン

#133 ディジョンイエロー

#43 ミッドナイトブルー

#223 プラムワイン

どの色も魅力ですが、実際に手にした時に#133ディジョンイエローの黄金の輝きに目を奪われました。

SNSでの反応もイエローに注目が。

価格

 そう1番気になるのはやっぱりお値段ですね。
2021年に発売されたSAKURA craft_lab006が48種類のパーツをセレクトして組み立てるカスタマイズ式を採用したために価格が28000円から34000円という、超高級(筆者にとっては)筆記具だったので、不安をおぼえるSAKURA craft_labファンがいるかもしれませんが、今回はご安心ください。
消費税込みで4400円というお値段です。

まとめ

 SAKURA craft_lab007は2022年11月頃の発売予定しています。
初代SAKURA craft_lab001よりもスリムなボディはシステム手帳などのペンホルダーにスマートに収納できそうで、いまから使いかをイメージするだけでワクワクしてきます。
日常使用する筆記具であれば、100円程度購入することができるボールペンでも十分ですが、フォーマルなシーンや、ビジネスで人と対面する場合など、その場(シーン)に応じた筆記具を選ぶ事は大人の嗜みといえます。
これまで、そんな筆記具といえば海外のパーカーやペリカンなど数万円クラスのボールペンが主流だったことを考えれば、数千円で大人の筆記具が購入できるのは、むしろ安いとさえ感じます。
また、個人で購入するだけではなく、卒業記念や贈答品にふさわしい筆記具としてSAKURA craft_labは重宝する存在です。
発売の2022年11月まで、待ち遠しですがその間、どの色にしようか楽しみながら迷って見るのも一興です。


関連記事

飾り原稿用紙が優しく本を包む?間違った原稿用紙の使い方[文具]

飾り原稿用紙で楽しむ間違った原稿用紙の使い方 飾り原稿用紙 2015年にあたぼうステイシ

記事を読む

サクラクレパスcraft_lab004はどう進化したのか?展示会から最速レポート [文具]

大人が胸を張って使える筆記具として登場したSAKURA craft_labシリーズの最新作は多機能ボ

記事を読む

アシュフォード30thレザー文具 リアンの魅力[文具]

アシュフォード30thボクが選んだレザー文具はA7ノートカバー「リアン」 アシュフォード30th

記事を読む

スターバックス直伝!自宅で美味しいアイスコーヒーを飲む[スターバックス]

アイスコーヒーテイスティングパーティ スターバックスコーヒーでは、お店でコーヒーを楽しむだけだはな

記事を読む

これは使える!シヤチハタページナンバースタンプ。

シヤチハタページナンバースタンプ ノートにページNoを付けたり、カードにナンバリングするのは至って

記事を読む

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook[文具レビュー]

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook   Was

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

初心者でも安心・万年筆の簡単メンテナンス[文具]

初心者でも安心・簡単な万年筆メインテナンス。 万年筆のメンテナンス?と聞くとなんだか面倒くさそ

記事を読む

バイブルサイズのシステム手帳を旅行用ウォレットにする[旅文具]

旅の荷物を少なくするシステム手帳ウォレット化計画!? できる限り手荷物を少なくして、身軽な旅を

記事を読む

文具の非常時持ち出し用リフィルキットのすすめ[文具]

非常時持ち出し用リフィルキットのすすめ 普段使いの筆記具のリフィルをひとつにまとめる[/capt

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SAKURA craft_lab007、文紙メッセ2022会場で発表[文具]

サクラクレパスから人気のSAKURA craft_labのニューモデル

バイブルサイズのシステム手帳を旅行用ウォレットにする[旅文具]

旅の荷物を少なくするシステム手帳ウォレット化計画!? できる限り

TWSBIファンにオススメ!ボトルに残った最後の1滴まで吸入できるオプション TWSBIパイプ [文具]

TWSBIから、ダイヤモンドシリーズやコンバーターに装着して、インクボ

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

→もっと見る

PAGE TOP ↑