*

モンブランローラーペンを仕事で使うのは相手への気づかい[文具]

公開日: : 文房具

仕事で使うモンブランローラーペンは相手への気づかい

m7

高級万年筆で知られるモンブラン。

万年筆なんか興味ないけど、名前やロゴなら知っているという方も多いのでは?
モンブラン
でもきょうは、万年筆ではないモンブランのローラーペンの仕事でつかえるメリットを紹介します。

モンブランの筆記具
マイスターシュテュックに代表されるモンブランの筆記具は、万年筆を中心にボールペンも発売されています。
その中に、水性インクを使用してボールペンよりも滑らかに書けるローラーボールという筆記具も発売されています。

モンブランMシリーズ

2015年にモンブランに新しくMシリーズラインナップに加わりました。
デザイナー・マークニューソンが手がけた、モンブランのMシリーズは、大きなニュースとして文具界以外のところから話題になりました。
マークニューソンは、ナイキやカンタス航空などを2014年にはアップルにも参加するなど、TIME誌「世界でも影響力のあるデザイナー」のひとりの選ばれているほどの世界的にも有名なデザイナーです。
そんなマークニューソンが筆記具をデザインするということで、発売前から話題になり、文具ファンをはじめアップルユーザーからも注目を集めました。

m6
左はモンブランのもっともオーソドックなマイスターシュテュック149(万年筆)右がマークニューソンがデザインを担当したMシリーズ。

このMシリーズのラインナップは次の5種類

  • モンブランM万年筆
  • モンブランMボールペン
  • モンブランMアートファインライナー
  • モンブランMスクリーンライター
  • モンブランMローラーペン

アートファインライナーというのは、やや細字のサインペンのような感覚、じつはこれはまだ使った事がないので詳細は控えます。
スクリーンライターはタブレット用のタッチペンになります。

そして、ローラーボールという事になります。
m11

外見的特徴

じつはこの5種類見た目はまったく同じで、もし5本を揃えたとしたら(そんな人はいないとおもうけど)キャップを外すまでまずわからないという代物。
それほど秀逸なデザインを優先して、複数購入するユーザーを想定していなかったのか?

キャップ

クリップのデザインも過去にないスタイル

クリップのデザインも過去にないスタイル


もちろん天冠にはモンブランの万年雪をかたどったホワイトスターは健在です。

胴軸

ここにもホワイトスターが描かれてします。

ここにもホワイトスターが描かれてします。


完全な円柱軸でなく、一部をカットした今までにないデザインを採用、さらにカット面にホワイトスターを描いたのはマークニューソンらしいコンセプトでしょうか。

マグネットキャップ

キャップにはマグネットを内蔵されていて、どの位置でキャップをかぶせても、クリップと胴軸のホワイトスターが一直線に並ぶように設計されています。

首軸にマグネットを内臓

首軸にマグネットを内臓

IMG_2577

インクカートリッジ

本体を分解すると4つのパーツから構成、とてもシンプルなのではモンブランのMシリーズでも同じです。

m9

すでに、モンブランのローラーボールをお使いの方なら気付かれたかもしれません、
じつはリフィル(替え芯)カードリッジが今までタイプと形状が異なります。

専用カートリッジ

専用カートリッジ

カートリッジはMシリーズ専用ということになります。

ローラーボールのメリット

ローラーボールは、ボールペンとほぼ同じ構造で、ペン先に仕込まれた金属ボールが回転しながら紙にインクを送り出す仕組みになっています。
ざっくり分けると、油性インク・ゲルインクなどのインクを使った筆記具をボールペン、水性インクを使った筆記具がローラーボールといった感じです。
水性インクを使ったローラーボールの方が油性のボールペンなどよりも、なめらかで、あまり筆圧をかけずにくっきりとした文字を筆記することができるのが大きな特徴です。

  • 筆圧をあまりかけずにすらすらとなめらかに筆記ができる。
  • インクフローがいいので速記にも活躍できます。
  • インクが鮮やか、書いた文字が視認しやすい。

反面、ローラーボールは水性なため発揮性が高く、必然キャップ式のタイプになってしまい、ボールペンのノック式のように、ワンノックですぐ書きだせるという訳にいかない点です。

Mシリーズの仕事で活かせるメリット

日常のビジネスでも、会議やプレゼンテーションなど相手の話を聞きながら筆記しなければならないとき、またボクのケースでは取材で相手の話を聞きながら同時にメモをする場合には、ボールペンよりもインクフローがいいローラーボールが、今現在最高のパートナーです。
特に対面で、筆記をしなければならない時ほど、筆記具には注意が必要になります。
今年入社したてのフレッシャーズ諸君なら、どんな筆記具を使っても、先方はまだ大目に見てくれますが、歳をかさねて責任を負う立場になり、1回数千万〜億の取引となった時には100円均一のボールペンやシャープペンシルでは取引先に対して失礼にあたります。
モンブランのMシリーズは筆記具としての性能、相手に対する礼節といった点で優秀な筆記具と言えます。

m12

まとめ

筆記具だけではなく、身につける物は「自分のため」ではないという意識がある人と無い人では、同じ年齢のひとでも見た目が大きく変わります。
高い物を身につていると、大阪では「ええかっこしやがって」って言われそうですが、「ええかっこ」の為ではなく、「相手に対する気配り」としてとらえると、悪いことではなく、むしろ好感をもたれることの方が多くなります。
ビジネスでも、ギリギリだらしなくないという身だしなみの人間と、いつも清潔で品のある服装をしている人ではどちらが、第一印象で好感をもたれるかは一目瞭然です。
ボクのサラリーマン時代、どちらかと言えば「ギリギリだらしなくない派」でしたが、事務所の近くに品揃えのいい文具店があり、いろんな筆記具や手帳を試しているあいだに、他人の目を意識できるようなりました。
筆記具を相手の為に使うビジネスツールと考えれば、またあたらしい文具の選び方を楽しめるはずで。
そして今回の取材のツールとして「モンブランMシリーズ・ローラーペン」を選んだ次第です。

モンブラン公式サイト Mシリーズ


関連記事

スターバックス直伝!自宅で美味しいアイスコーヒーを飲む[スターバックス]

アイスコーヒーテイスティングパーティ スターバックスコーヒーでは、お店でコーヒーを楽しむだけだはな

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

飾り原稿用紙が優しく本を包む?間違った原稿用紙の使い方[文具]

飾り原稿用紙で楽しむ間違った原稿用紙の使い方 飾り原稿用紙 2015年にあたぼうステイシ

記事を読む

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブランから限定インクで登場

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

阪急電車のきっぷのーとは旅の想い出に?それともお土産に?[文具]

阪急電車のきっぷのーと ご当地文具と呼んでいいのか?大阪の阪急梅田駅で見つけたきっぷのーと。 装

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

ペリカン万年筆 スーベレーンMシリーズまとめて試し書き[文具]

ペリカン万年筆 スーベレーンまとめて試し書き体験記 ペリカン万年筆 モンブランと並んで日本で

記事を読む

ふみの日 文具ファンが送って嬉しい、もらって嬉しい特殊切手が発売[文具]

ふみの日 もらって嬉しい文房具デザイン切手が発売 手書きの手紙は最高の伝達ツール 電子メール

記事を読む

プラチナ万年筆#3776センチュリー ペン先Cで楽しむ大冒険[文具]

プラチナ万年筆#3776センチュリー プラチナ万年筆#3776センチュリーは国内最高のパフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑