*

コスパ最高!万年筆カクノにスケルトンモデル登場[文具]

公開日: : 万年筆, 文房具

パイロットカクノに新モデル登場


1本1000円で購入出来るお手頃万年筆カクノは若い世代から万年筆愛好家の人までたくさんの人の支持を集めているモデル。

これまで、カラーバリエーションとペン先F(細字)M(中字)の展開ででしたが、2017年7月に新しくスケルトンモデルが登場、それと同時にペン先にEF(極細)が新たらしいラインナップが加わりました。

店頭に並ぶカクノ

さっそく新しいカクノの魅力に触れてみましょう。

全身スケルトン


書き味のよいペン先は、パイロット万年筆コクーン¥3000-と同じというから驚き。

スケルトンになってもカクノは¥1000ー(税別)は変わりません。

万年筆におけるスケルトンの魅力はなんといっても、中に入っているインクの色が見える事。
最近の万年筆人気のひとつに、各メーカーから様々なカラーインクが発売されて、それぞれに微妙に色が異なりユーザーの心をつかんでやみません。

静岡BUNGBOXオリジナルインク


Stylo+オリジナルインクは全70色


ナガサワ文具センター「KobeINK物語」は64色(2017年7月現在)

国内だけでも、どれだけのオリジナルインクが発売されているのかわからないほどです。
これだけの魅力的な万年筆インクがあるので、つい?インクの数だけ万年筆がほしくなるユーザーが続出しているとか。
小売店さんで話を聞くと、インクと一緒に購入される方や、カクノスケルトンモデルを1人で数本同時に買って帰られるお客さんも多いそうです。

ペン先

新しく加わった極細EFのペン先

ペン先EF(極細)


カクノのシンボルのスマイルマークは健在です。

MとEFペン先太さの比較

M(中字)とEF(極細)書き比べ


ペン先の細さは書く対象や個人の好みで左右されます、この中間がいいかな?という方にはF(細字)も用意されています。
お店によっては試し書きができる店舗もあるので、気になる方は一度店頭で試し書きをしてみると好みのペン先を見つけることができるはずです。

新カクノにはCON-70が使える!?

カクノは付属もインクカートリッジの他に、コンバーター(別売)を使って、上記の万年筆インクを使う事ができます。

CON-70 とCON-40


現在パイロットからはCON-40とCON-70のふたつのタイプのコンバーターが発売されていますが、カクノが発売された当時CON-50(廃版)のみが対応で、CON-40が後継されました。
2つの違いは、中に入るインクの容量ですが、コンバーターの形状も異なるので、万年筆によっては(旧カクノ)非対応のモデルもあります。

さて新しいカクノ?

新旧カクノにコンバーターが入るかどうか試して見ると?
まずは旧カクノ

左は旧カクノ


CON-70ではコンバーターが飛び出してしまいました。

右は新しいカクノ


おや?こちらのカクノにはCON-70のコンバーターが収まりました。
カクノ本体の形状はパッケージでは判断できないのですが、すくなくとも初期モデルにはCON-70は使えないようです。

この実験は文具店さん協力で行いました。
が、パイロットに確認したところ、オフィシャルではCON-70を推奨しないという事?

どうしてオフィシャルじゃない?

ここからはボクの憶測なので信憑性は読者の判断にお任せしますが、なんとなくこんな理由からではないかと無責任に思うのは・・・
CON-40は本体そのものがスケルトンなので、スケルトンモデルのカクノのコンセプトとマッチしますが、CON-70の場合はコンバーターの半分しか透明でないため、魅力が半減しています。
メーカーの思惑、商品のコンセプトの観点から推奨しないという事が考えられます。
果たして真相はいかに?

CON-40 VS CON-70

メーカーが推奨しないコンバーターをぜひ使いましょうとはいいづらいのですが、使えるものは使っちゃえ!
なので、使える事を前提でCON-40とCON-70の比較を。

CON−40 容量0.4cc 吸入式
CON-70 容量1.0cc プッシュ式

容量では倍以上の差があるコンバーターです。
もちろんCON-70であれば1回の補充で大量?筆記が可能なので、とにかく書く事が大好きなユーザーにはこちらCON-70がオススメです。
CON-40は容量が少ないですが、スケルトンモデルに良く似合う全身スケルトンなコンバーターなので、新カクノとの相性もすこぶる良好な仲の良いカップルと言えます。
また、容量が少ないことはデメリットではなく、いろんなインクを入れ替えて使いたいユーザーには、インク補充のタイミングが早いCON-40にメリットがあります。
条件をデメリットとしてとらえるのではなく、機会(チャンス)としてとらえてみるのも現実的におもしろいと思います。

楽しくカクノ(書くの)!

まとめ

今回はじめてEFということで極細のペン先を購入しました。
手帳など細かい筆記に使いたい方にはEFは嬉しい選択しのひとつです。
ただボクのようなちょっと年配者には中字のMの方が書きやすいと感じます。
願わくば・・・次は太字のBが発売されると嬉しいと思う今回のカクノ新モデルです。

Amazon


コンバーター
CON-70

コンバーター
CON-40

関連記事

ラミーサファリ2016年限定カラーはダークライラック!?[文具]

LAMY Safari 2016 Special Edition Dark Lilac L

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

パーカー万年筆 ディオフォールドジャイアント125th。1本400万円の万年筆は筆記用具?[文具]

パーカーディオフォールドジャイアント125th LimtedEdition 世界的に有名、そして文

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

ラミーサファリ、ペン先を交換して蘇る「復活の儀」[文具]

ラミーサファリ「復活の儀」 ラミーサファリはお値段も手頃で、万年筆初心者にも楽しんでも

記事を読む

モンブランローラーペンを仕事で使うのは相手への気づかい[文具]

仕事で使うモンブランローラーペンは相手への気づかい 高級万年筆で知られるモンブラン。

記事を読む

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブランから限定インクで登場

記事を読む

プラチナ プレスマンにカラーバリエーション5色が新登場![文具]

プレスマンに新しく5色が仲間入り! プラチナプレスマンは発売からすでに30年が経つロングセ

記事を読む

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ〜钢笔墨水〜[文具]

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ いきなりで恐縮だが、万年筆インクも増え

記事を読む

Comment

  1. 笑八达 より:

    感受学习的力量!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

大人が惚れるサクラクレパスから新ブランド SAKURA craft_lab 登場[文具]

大人が惚れるSAKURA craft_lab は秋の新製品の大本命

コスパ最高!万年筆カクノにスケルトンモデル登場[文具]

パイロットカクノに新モデル登場 1本1000円で購入出来るお手頃

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店【スターバックス】

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店

→もっと見る

PAGE TOP ↑