*

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店【スターバックス】

公開日: : スターバックス, 旅行

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店

京都二寧坂ヤサカ店

京都の魅力

京都へ訪れる観光客の中にはリピーターとして何度も来るファンも多い。
1度の旅行では見て回ることができないほどに溢れている観光名所の他に、四季折々で表情を変える古都の庭であったり、絢爛華やかなお祭りや料理を楽しめる事も京都の魅力のひとつ。
最近ではこれらの古典的観光目的の他に、映画や小説などの舞台や撮影に使われた場所が「聖地」とよばれ新しい観光コンテンツに上げられるようになりました。
思いはひとそれぞれ、古い伝統や文化が受け嗣がれながら、また一方で新しい文化を吸収していくのが京都らしいところだと思います。

世界初のスターバックス?

2017年6月30日京都二寧坂にオープンしたスターバックスコーヒー。
構想から10年の歳月を経て、古都京都にふさわしく日本の文化とスターバックスのセンスが融合した、いままでに見たことがないお店の誕生です。

京都二寧坂ヤサカ店を疑似体験

二寧坂は清水寺や高台寺に近く、観光名所に溢れた一角にあります。
二寧坂の町並に似合う店舗はいつもスターバックとは趣がおおいに異なります。

暖簾をくぐって店内へ

藍色の暖簾にセイレーンが染められて暖簾をくぐると、右手に京町家によく見る事ができる前庭が目に飛び込んできます。

前庭

大きなつくばいは表千家の習わしを用いて、瓦であしらっているのはスターバックスのロゴにあるセイレーンの波をイメージしています。

やや暗い店内左手にお馴染みのカウンターにフードが並びます。

注文はコチラで

ここからいつものスターバックスと勝手が違ってきます。

注文したフードはこちらのカウンターで受け取ってから、奧へとつづく暗い通路を進むと明るい光が行く先を誘ってくれているように感じます。
この通廊は京都東山の花灯路を見立てて照明も意図的に暗くダウンライトを使用しています。
一部スタッフの間では「世界一暗いスターバックス」の異名で呼ばれているとか・・・。
通路右手には落ち着いた空間の客席と外からの光を取り入れている中庭があります。

中庭


1階にはほとんど客席はなくこの部屋が唯一テーブルのある座席になります。

1階にある唯一のテーブル客席

バーカウンター
注文したドリンクはこちらのバーカウンターで受け取ります。

バーカウンター


照明は必要最小限に留められていますが、京町家の作りを活かした店舗は奥庭からはいる自然光で明るい空間を演出してくれています。

奥庭


一番広い奥庭は裏千家のしきたりに則り構成されて、元々座敷があった場所をカウンターにした事で庭の景観は人が立った位置から庭が一番良く見えるように工夫を加えたそうです。

ドリンクを受け取ったら2階へ進みましょう。

バーカウンターの向かい側に2階へとつづく階段を上ると・・・

京都二寧坂ヤサカ店のシンボルと呼べる空間がココ「奧の座敷」

奥の座敷

スターバックスコーヒー初の畳の間、ここでは下足して座敷へ上がります。
床に間にはモダンな掛け軸が掛けられていて、清水の水(音羽の瀧)とドリップコーヒーががカップへ注がれる流れを、赤は熟したコーヒー豆を表しています。

瀧の水とドリップコーヒーを表現した「滝」

四畳半の座敷
ここは一番小さな座敷空間

四畳半の座敷


ここにも掛け軸が掛かり「時」と付けられた作品は赤いコーヒー豆がローストされて茶褐色へ変化していく姿を描きながら、この長い歴史を手持つ法は清水1000年の歴史と伝統に重ねています。

小上りの座敷

小上りの座敷


ここは2階の一番広い空間の一角に設けられた座敷。
床の間にはやはり掛け軸があり「生」と付けられた作品にはコーヒー豆が水の力で成長していく姿を表現しています。

一杯のコーヒーがとても生命力に溢れた飲み物感じてしまうほど掛け軸のメッセージが伝わってきます。
ぜひこの意味も一緒に感じて欲しいお店の魅力のひとつです。

きょうの感想〜たったひとつ京都らしくないスターバック〜

和のテイストに包まれた京都二寧坂ヤサカ店ですが、たったひとつ京都に似つかわしくない点があります。
京都と言えば「格式」「伝統」「しきたり」「一見さん(いちげんさん)お断り」と云った敷居の高さがあり、良くも悪くも京都のステータスになっています。
京都二寧坂ヤサカ店はこれほどまでに京都の「伝統」を継承するお店を作っておきながら、ドリンクやフードの料金が他のスターバックのお店と同じ設定にされています。
「おなじみさん」「一見さん」にも同じサービスを提供するなんて、ほんとに京都らしくありません。

フードも同じ値段です

カウンターにならんだフードもいつものスターバックスで購入するお値段と残念ながら同じで京都の敷居の高さを味わう事はできません。
同然、メニューも京都二寧坂ヤサカ店限定のドリンクやフードやタンブラーなどのアイテムもありません。
なにか拍子抜けしなくもなく、「なにか特別なモノってありませんか」とお店の方に訊ねたら
「このお店で味わういつものドリンクやフードがまったく新しい体験(エクスペリメント)であり、なにも変わらないことが一番の特別なんです」と話してくれました。
たしかに、過去と未来の京都が交差する空間がここにあるように感じました。

でも「せっかくなので、このお店に似合うオススメのドリンクはありませんか?」
パートナー「それなら京都抹茶をつかった抹茶クリームフラペチーノをぜひ!」

抹茶クリームフラペチーノ


いつものフラペチーノが特別なフラペチーノに感じた京都二寧坂ヤサカ店でした。

注意

京都二寧坂は環境や景観などの厳しいルールがあり、店舗の外で入店の為に並ぶ行為ができません。
店内には待合エリアが用意されていますが、混み合っているときはタイミングを見計らって出直す必要があります。
この循環がうまく流れるかどうかは、お店のオペレーションと利用者のマナーによるところが大きいかもしれません。

【店舗情報】
スターバックス 京都二寧坂ヤサカ
住所 京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349番地
開店日 2107年6月30日
営業時間 8:00〜20:00
定休日 不定休
座席数 51席

2017年6月30日現在のデータです。
店舗近隣の状況にって変更する事があります、その節はご容赦ください。


関連記事

スターバックス直伝!自宅で美味しいアイスコーヒーを飲む[スターバックス]

アイスコーヒーテイスティングパーティ スターバックスコーヒーでは、お店でコーヒーを楽しむだけだはな

記事を読む

いざという時、旅にも災害時にも役立つ、マイアメニティモジュール!

先日石川県のビジネスホテルに宿泊してビックリしました。 なんと、歯ブラシ・歯磨き粉・ひげそり(

記事を読む

mont-bell(モンベル)旅に必要なモノはすべてmont-bellから教わった[旅]

旅のノウハウはモンベル先生に聞け! mont-bell(モンベル)は1975年に大阪で

記事を読む

関西イルミネーション 2013

神戸ルミナリエ 1995年阪神淡路大震災の復興を祈って始まった「神戸ルミナリエ」 「ルミ

記事を読む

新社会人・新入学生にオススメ!新生活はスターバックスドリンクチケットでスタート![カフェ]

スターバックスカードでドリンクチケットプレゼント この春から、新しく社会人・大学生になったみな

記事を読む

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。

高速夜行バスを快適にすごす3つのアイテム。 最近プライベートに仕事にと新幹線より利用頻度が多い

記事を読む

神戸異人館スターバックスで小旅行[スタバ]

神戸異人館スターバックス 神戸星巴克 北野異人館店[/caption] スターバックスが全

記事を読む

高速バス活用! 定刻の逆襲 #おとな旅

高速バス活用! バスターミナル[/caption] 僕は、新幹線がどうも苦手で、コスト

記事を読む

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅[旅]

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅 大阪ー九州はJR新幹線の便数も多くて、出張

記事を読む

スターバックスコーヒー、店頭やWebで告知されているカンタロープってなに?[スターバックス]

スターバックスコーヒー「カンタロープ」ってどんなドリンク? カンタロープ?謎のWeb予告

記事を読む

Comment

  1. 真是学无止境!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑