*

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・基本編[旅]

公開日: : 国内, 旅行

小豆島の遊び方

オリーブの樹

瀬戸内海国立公園に浮かぶ香川県小豆島は面積約95.63平方km(東京ドーム約205個分)、人口約15,000人(平成22年データ)の瀬戸内海有数の大きな島。

観光では、オリーブの樹・醤油・素麺のほか、日本文学の名作「二十四の瞳」の舞台にもなり、秋は寒霞渓の紅葉など、年間約100万人を超える観光客がこの島に訪れます。

関西からは遠くて近い、意外に行った事がないという人も多い、小豆島を2015年5月に撮影した写真と一緒には紹介しましょう。

ルート

関西からは、神戸港からのフェリー(小豆島ジャンボフェリー)が就航。
1日<深夜便・朝便・昼便・夜便>の4便、平日は3便。
このうち<深夜便>は神戸港を出たあと四国・高松港を経由するので約6時間かかります。
詳しい時間・料金は下記サイトを参照ください。(時間・料金はシーズンにより異なる場合もあります)
小豆島ジャンボフェリー
若い頃(10代)自転車で大阪から小豆島へ行ったことあったけど、いまは神戸港始発しか便がないようです。

現地での足

フェリーなので自家用車で行くのがポピュラーですが、島についてからレンタカーという手段もありです。
体力に自信があるならレンタサイクルもオススメ。
サイト

レンタカー

Jネットレンタカー坂手港

レンタサイクル

香川県レンタサイクル/瀬戸内プロジェクト

はじめての小豆島でおさえておきたい観光スポット

二十四の瞳 岬の分教場

岬の分教場

岬の分教場


「二十四の瞳」の舞台となった田浦分校。明治35年(1902)8月田浦尋常小学校として建てられた葺平屋建校舎で教室と教員住宅になっています。昭和46年(1971)3月に閉鎖されました。
「二十四の瞳」の小説の舞台となり、松竹映画「二十四の瞳」(1954年作品 監督:木下恵介/主演:高峰秀子)のロケに使用され、一躍有名になり多くの観光客を集めるきっかけになりました。

岬の分教場旧02

入館料
大人 ¥220−(中学生以上)
小人 ¥110−
入館時間 9:00−17:00

二十四の瞳 映画村

岬の映画村01

旧岬の分教場より、さらに岬へ行ったところにある映画村。映画「二十四の瞳」(1987年作品 監督:朝間義隆、主演:田中裕子)の撮影はここで行われました。
現在はそのセットを改装して、中は自由に見学出来る施設なっています。
またセットの他に、壺井栄文学館では生前に愛用してい品や作品の生原稿を展示しており、映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」をいつでも見ることができます。

映画のポスター

映画のポスター


懐かしい駄菓子屋

懐かしい駄菓子屋

「キネマの庵」では、1950年代日本映画の名作の数々を当時のポスターや映像で紹介したギャラリー、カフェスペースではアルマイトの食器を使った懐かしい給食セットが楽しめます。
ボクが訪れたときは映画「八日目の蝉」(2011年作品 監督:成島出、主演:井上真央・永作博美)のパネルや資料展示があり、この映画もここ小豆島を舞台にロケが行われた作品でした。

入館料
大人 ¥750−(中学生以上)
小人 ¥350−

岬の分教場との共通割引券がお得
大人 ¥830−(中学生以上)
小人 ¥390−

入館時間 9:00~17:00
(2015年5月10日現在)

ポイント

岬の分教場は小説の舞台として、実際に校舎として使われていた建物ですが、映画村の分教場は映画のセットとして造られて、現在は記念館として残したものです。
どちらがどうという訳ではありませんが、旧岬の分教場は道路からの標示が目立ちにくいたのか?映画村にくらべて人は少ないようです。
共通割引券もあるので、両方を楽しんでいただきたい。なにより小説「二十四の瞳」を読まれた方はぜひこちら旧分教場へ。

寒霞渓

寒霞渓

寒霞渓

寒霞渓は1300万年前の火山活動でできた地形が、長い間の地殻変動や浸食によって現在の景観が生まれ、日本3大渓谷美のひとつに数えられています。
秋の紅葉シーズンは見事で、小豆島の秋は寒霞渓といっても過言でないほど、このシーズンには多くの観光客が訪れます。

5月新緑の寒霞渓

5月新緑の寒霞渓

天使の散歩道(エンジェルロード)

エンジェルロードは1日2回、干潮時に海の中から現れる砂の道で、好きな人と手をつないで渡ると、砂州の中央に天使が舞い降りて、願いを叶えてくれると伝わる場所です。
小豆島では「恋人の聖地」として若いカップル(死語?)に人気スポットです。
干潮の時間は各観光案内所・道の駅などに表示されています。
天使の散歩道
住所:小豆郡土庄町銀波浦
駐車場あり

マルキン醤油記念館

小豆島でおなじみの醤油のメーカー、マルキン忠勇(株)の工場の隣にある建物は、明治時代に建てられた蔵を利用して、江戸時代から伝わる醤油造の行程などを紹介している。
入館される方にはもれなくお醤油を1本ついてくるお得感満載の記念館。

マルキン醤油記念館

マルキン醤油記念館

住所:小豆郡小豆島町苗羽甲1850
開館時間:9:00~16:00
入館料
大人 ¥210−
小人 ¥100−(小中学生)
JAF会員に割り引きあり!

千枚田 中山の棚田

小豆島のほぼ中央、中山地区には日本の棚田百選にも選ばれた
800枚を超える田んぼがあって、近年カメラファンの注目をあつめるフォトスポット。

千枚田

千枚田

住所:小豆郡小豆島町中山

道の駅 小豆島オリーブ公園

DSC08047
小豆島の南側、坂手港から車で30ほどの場所。
海岸線の国道から少し山側へ入った場所(道に面していない道の駅?w)
小高い丘から碧い海が見わたせるオリーブの丘、白いギリシャ風車もあり異国情緒あるれる道の駅。
施設はハーブにまつわる商品にほかに、クラフトなどのワークショップもあり観光と休憩が同時にたのしめるスポットです。

ハーブの樹も数多く植わっていて、そのなかからハートの形をした葉を探すのも楽しいかも?

ハート形のオリーブの葉

ハート形のオリーブの葉


これ拝借してよかったのかな?とおもったら、道の駅で有料ラッピングしてくれるって聞いたのでほっ!

映画「魔女の宅急便」(2014年作品 監督:清水崇 主演:小芝 風花)のセット使われたパン屋さんをここではハーブのお店として営業されています。
ボクは、アニメも実写版の映画も観ていないので詳細は割愛させてください(汗!
キキの店

住所:小豆郡小豆島町西村甲1941-1
道の駅営業時間 8:30~17:00

もちろんこれ以外にも、道の駅・温泉・歴史的史跡などもあり、全部みてまわるのは難しいですが、関西からの1泊2日コースとしてはお手頃なスポットです。

小豆島は「食べる編」「泊まる編」を予定しています。
そちらもあわせて楽しんで・・・参考になれば幸いです。

小説「二十四の瞳」

まずはこの本を読んでから訪ねてみたい小豆島。

関連記事

旅に日本手ぬぐいを!オススメしたい7つの理由[旅]

旅に日本手ぬぐいを オーソドックスな日本手ぬぐい[/caption] 旅に限らず、出張などでも

記事を読む

観光列車ろくもんで行く軽井沢ー長野のゆったり列車旅のススメ![旅]

観光列車ろくもんで行くゆったり列車旅のススメ! 2014年から季節運行している、しなの鉄道の人

記事を読む

旅とカメラ カメラバッグの選び方 〜National Geograpicサッチェルバッグ〜[旅]

National Geographicサッチェルバッグ 誰もが気軽にいい写真を撮影して

記事を読む

peachで行くファーストクラス空の旅[旅]

peachで行くファーストクラス空の旅 格安航空旅行社 LCC「Low Cost Car

記事を読む

関西イルミネーション 2013

神戸ルミナリエ 1995年阪神淡路大震災の復興を祈って始まった「神戸ルミナリエ」 「ルミ

記事を読む

きょうの夕飯・京橋のカオスな定食屋「もとや」

30年以上もつづく、京橋の老舗定食屋もとや。 ボクは生まれも育ちも大阪京橋、大阪を離れる20歳

記事を読む

実践!モジュールシステムで歩く中山道の旅。

モジュールシステムであるく中山道 今回は、アメニティモジュールとガジェットモジュールをメインに

記事を読む

読んであなたもパリジェンヌ!「旅鞄いっぱいのパリふたたび」堤信子

旅鞄いっぱいのパリふたたび。 旅鞄いっぱいのパリふたたび[/caption] 日本一美しい

記事を読む

高度33000フィートから「いいね!」をクリック!

飛行機の中から「いいね」をクリック 2014年9月1日から、航空機機内における電子機器の使

記事を読む

WILLERバスのビジネスクラスで行く東京ー大阪快適バス旅行[旅]

WILLERバスのビジネスクラスは高速バスのファーストクラス 夜行高速バスのグレードがます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

mt グランマルシェ阪急うめだ本店で開催!今年はマステ10周年!![和紙膠帶][文具]

マスキングテープ10thは大阪阪急うめだ本店からスタート! カモ

台湾で見つけたKEEP A NOTEBOOKはトラベラーズノートと相性ピッタリ![文具]

KEEP A NOTEBOOK×TRAVELER'S NOTEBOOK

2017年の手帳にEDiT WEEKLY NOTEBOOKを![手帳]

2017年の手帳選びにオススメな1冊〜MARK'S EDiT WEEK

BUNGUBOX表参道店はまるで万年筆の玉手箱[文具]

BUNGUBOX表参道店2016年12月17日オープン! 東京表

Apple AirPods最速レビュー[Apple]

Apple AirPods最速レビュー! iPhone7の発売以

→もっと見る

PAGE TOP ↑