*

門司港ホテルでいつもと違う贅沢な時間をすごす北九州の旅[旅]

公開日: : 国内, 旅行

門司港ホテルは旅の疲れを癒やす快適な宿

DSC09865

門司港ホテル

JR門司港駅から徒歩3分、門司港レトロの中心のような位置にあって、門司港に訪れたひとならだれでもが目にしている赤煉瓦色の建物がここ門司港ホテル。
以前から一度泊まってみたいホテルのひとつが運良く?今回の旅行行程にピッタリの日程だったので、まよわず予約をいれて旅に出ました。
この独特な雰囲気を醸し出すホテルはイタリアの建築家アルド・ロッソの設計で、いまでは門司港レトロのランドマークにもなっています。

エントランス

駅からホテルへ向かうと入口はすぐわかるのですが、門司港レトロをくりっとまわり反対から来ると、どこが入口なのか迷ってしまうほど、間口がちいさな大きなホテルです。
DSC09901
入口はこちらかのみ、初めてのひとはちょっと躊躇してしまうかも?

階段をのぼりロビーに入ると、広い空間が目の前にひろがり、修学旅行の団体もここで集合できるんじゃないか?って思えるほど。
このロビーも2016年4月に改装されたばかり、じつに良いタイミングでやってくる事ができました。
DSC09934

客室

DSC09871
今回はひとり旅でしたが、お部屋はダブルルーム、独りで眠るのはちょっと寂し・・・、いえいえ、おもいっきり大の字で寝ても余裕のベッドサイズは幅160cm、朝までぐっすりの快適ベッドです。

窓から見える景色で別れる2サイドビュールーム
門司港ホテルを俯瞰して見ると、ホテルの客室は左右両サイドに向いていて、海峡が見える「関門海峡ビュー」と街を見下ろせる「門司港レトロビュー」の2タイプの部屋があって、予約の際に選ぶ事ができます。
(じゃらんなどのサイトからでも宿泊プランに候補が出れば選択予約OKです)
DSC09874
今回泊まった部屋は「門司港レトロビュー」のお部屋。
都会のビジネスホテルでは味わえないロケーション。
DSC09909
夜の景色もひときわ美しく、駅に近い立地ですが都会的なノイズがないことで滞在中、快適な空間が提供されています。

客室内探検

ちょっとだけ部屋の中を紹介

デスク

ラップトップパソコンを拡げてメールのチェックやweb検索も楽々なうえ、ちょっとした書き物も可能です、
DSC09872

テレビ

DSC09873
普段まったく見る機会がないボクですが、旅先では朝テレビで天気予報や地元のニュースを見たりします。
これは、全国統一化されたネットの情報より、ローカル色のある地元メディアの方が、時として旅に必要なデータが入手できる場合が多いのです。

バスルーム

DSC09876
シャワーだけでなく、足を伸ばせるバスタブが旅の疲れを癒やしてくれます。

アメニティ

DSC09879
DSC09880

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・歯ブラシ・ひげそりなど充実のアメニティ。

BAR テンポ で独り大人の時間をすごす楽しみ/h3>
ホテルの最上階にある「ダイニングバーテンポ」
IMG_0981
BARのカウンターからは、窓の外にひろがる関門海峡を見下ろし、ライトアップに浮かび上がる関門橋を眺める事もできます。
もちろん旅や人生のパートナーと一緒に過ごしていいし、たまに男ひとりグラスをかたむけながら氷と戯れるもよし(笑)
旅の醍醐味のひとつ、ひとりで自分と向かい合う時間を得る事が、新しい自分を見つける事になったりする、これが人を成長させる大人の旅だと思うのですが、いかが?

Buffet Farmersでいただく元気がでる朝食たち

朝はしっかり食べてきょうの為に備えましょう。
朝はビュッフェスタイル、係の人が席まで案内してくれるので、まずは席が決まってからお好みの食材を選びに行きましょう。
DSC09922
窓の外は関門橋が見える明るい席に案内していただきました、この日は朝からあいにくの雨模様になりましたが、これもまた一興。

パン

パン


DSC09927
オーソドックスなメニューはもちろんですが、さすが関門海峡のホテル、一品一品がとても美味しく、あれもこれも食べたくなるほど。
DSC09925
銀鮭の塩糀焼きと河豚の一夜干し
やhり河豚は外せません(^_^)

やhり河豚は外せません(^_^)

洋食スタイル

DSC09929

和食スタイル

DSC09932

ここが残念

門司港ホテルはリゾート系のホテルなため、部屋の中でインターネット接続の為のWifi環境設備がありません。
スマートフォンさえあれば、最低限の必要情報は検索可能ですが、パソコンやタブレットを使う場合は不便です。
部屋にはイーサネット用の端子があるので、AirMac ExpressのようなWifi端末を持っていればいいのですが(以前は旅行鞄にいれましたが)。
スクリーンショット 2016-06-08 09.24.27
ホテルのサイトを見ると貸し出しサービスの中に「モバイル無線ルーター」があるので、こちらのザービスを利用するのいいかと・・・
実は、ホテルに滞在中は気がつかなく、帰ってきてから知った情報です、実際に使ってみたかったのですが残念。

もう一度泊まりたくなったまとめ

以前は小倉駅近くの宿に何度泊まった事がありましたが、立地の利便性はありましたが、やはり街中で外も、また宿泊客もにぎやか。
門司港ホテルは小倉からJRで約13分の距離で、それなりの本数も運行されているので、駅からバスやタクシーを使わなければならないホテルより便利です。
なにより、ホテルの環境がじつに静かなのは、ひとり旅の旅行者にはありがたい事このうえなしです。
なかには、夜はやっぱり呑みたいという方も、上で書いたとおり小倉まで13分の距離ですから、仕事が終わってから呑んで家に帰るよりはるかにいい立地だとおもいませんか?(^_^)
ボクは今回早めにチェックインしたあと小倉へ出て、文具店・書店を巡って夕飯を摂ってからホテルへ戻りましたが、まったく不便は感じませんでした。
次の墓参りには家族でココに泊まりたい、ホントそう思います。

門司港ホテル 公式サイト
〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町9−11
TEL.093-321-1111 FAX.093-321-7111
[mappress mapid=”55″]


関連記事

はじめての台湾2015〜MRT地下鉄活用術〜[旅]

MRT地下鉄活用術で台湾通になる! 台北車站[/caption] 2015年11月ボクにと

記事を読む

Bar?図書館?巷で話題の森の図書室

森の図書室   今年7月にグランドオープンした、謎に満ちあふれた図書空間。

記事を読む

きょうの夕飯・京橋のカオスな定食屋「もとや」

30年以上もつづく、京橋の老舗定食屋もとや。 ボクは生まれも育ちも大阪京橋、大阪を離れる20歳

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

オリジナルインク70色!Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店[文具]

Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店 2016年4月に開業した博多駅前のマルイに万年

記事を読む

旅とカメラ カメラバッグの選び方 〜National Geograpicサッチェルバッグ〜[旅]

National Geographicサッチェルバッグ 誰もが気軽にいい写真を撮影して

記事を読む

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅[旅]

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅 大阪ー九州はJR新幹線の便数も多くて、出張

記事を読む

いざという時、旅にも災害時にも役立つ、マイアメニティモジュール!

先日石川県のビジネスホテルに宿泊してビックリしました。 なんと、歯ブラシ・歯磨き粉・ひげそり(

記事を読む

奈良へきたなら、ならきたカレーの田川。

カレーの田川。 カレーの田川[/caption] 地元では知らない人はいないといわれる「カ

記事を読む

飛行機機内に、モバイルバッテリーは持ち込めるのか?旅のガジェット術

モバイルバッテリーの機内持ち込み 2016年2月22日、国際民間航空機関(ICAO)旅客機

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神戸インク物語の新色は地元のカフェとのコラボした「旧居留地コーヒーブラウン」【文具】

神戸インク物語から105色目は、地元のカフェラヴニールとコラボした素敵

スターバックスキャンパスノートに2020年は2色の新色が登場 & 再利用を再利用するアイデア?

スターバックス×コクヨのコラボレーション、キャンパスノートに新色が登場

あなたのKAKUNOカクノを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップ バージョン2![レビュー]

1本1000円の人気万年筆KAKUNOを高級筆記具に変えるUNUSのス

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン

京都から始まる新しい旅 トラベラーズファクトリー京都オープン 京都

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック  

→もっと見る

PAGE TOP ↑