*

オリジナルインク70色!Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/08/17 文具店, 旅行

Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店

2016年4月に開業した博多駅前のマルイに万年筆インクファンが息を呑む、オリジナル70色を揃えた新しいお店がオープンしました。

IMG_1011

Stylo+

Stylo+(スティロプリュス)とはフランス語でペンを表す単語。
こちらのお店は、女性をターゲットにした、上品でエレガントなセレクト雑貨を扱うお店です。
驚いたのは、この小さな店舗にはオリジナル万年筆インクを全70色!揃えてオープンしたこと。
メジャーなメーカーではPilot色雫彩全24色・セーラージェントルインク全8色・ナガサワ文具センター神戸インク物語全54色(2016年5月現在)
これは前回のブログ記事でも紹介したとおり。

ラミーサファリ2016年限定カラーはダークライラック!?[文具]

こちらも参照いただければ幸いです。

たとえばナガサワ文具センターオリジナルインクの神戸インク物語は10年の歳月をかけて現在の54色までたどり着いた道のりが、こちらのStylo+はいきなり70色を揃えて登場した事が、どれほど凄い事がおわかりいただけますか?

石丸文行堂

じつはこちらのStylo+は長崎に本店がある文具の老舗石丸文行堂の新しいお店。
なるほど、老舗の文具店だからできるのか!と納得はしつつも、やはり70色は凄い数です。

Color Bar INK 70色

DSC09951
ではこの70色を全紹介・・・という訳にはいかないので、特別にお店の了解を得て、メニューカードの写真を撮らせていただいたので参考していただければ幸いです。
(光の加減で一部文字が判読しくい箇所があることと、全色を紹介できない事を、どうかご了承ください)

Color Bar INK

DSC_1977

以下のラインナップごご覧下さい。

 

DSC09947

DSC09945

DSC09944

DSC09943

ボクが選んだのはこの1色!

Blue Monday

もちろんカクテルのネーミングでもあるけれど、ニューオーダーの楽曲イメージからこの色をチョイス!

目に映えるブルーもさることながら、白い紙にインクを落としたときの鮮やかさも魅力の1色です。

DSC_1978

 

ネーミングの謎?

写真から読み解くとなにやら「お酒」の名前?まるで名探偵コナンに登場する”黒の組織”のメンバーのような(笑)
お店の方に話をうかがったところ、Color Bar INKにちなんで、プロのバーテンダーさんと相談してすべてカクテルの名前からイメージをおこしてインクを配合、そしてネーミングしたそうです。
これだけインクの種類があると、どれを選んでいか迷ってしまいますが、自分のお気に入りのカクテルがあれば、その色を選んでみるのもいいかもしれません。

手が疲れそうな試し書き

インクの色は印刷やこんなブログ・WEBサイトからは実際の色はわかりません、まずは紙に書いてみないと・・・
ということで、店頭では試しができるコーナーが設置されていました。
IMG_1016
ぜひ、試し書きにチャレンジして欲しいですが、腱鞘炎になっても当ブログ一切関知しませんので、あらかじめご了承ください。

ボトルインク比較

どちらかというと、miniインクボトル系のインクサイズといえます。
他社のminiインクと比較してみると
DSC_1962
左から「パイロット色雫彩」「Color Bar Ink」「カキモリ オリジナルインク」
パイロット色雫彩は15mlなのでを参考にしてもらうと、Color Bar Inkのサイズもイメージできると思います。

 

まとめ

女性向けのセレクトショップというだけあって、店内は若い(元若い)女性しかいませんでした。
さすが男性ひとりでは少しひるんでしまいそうでしたが、最近は取材と称していろんなお店へ伺う機会が増え、すこしは度胸がついてきたのかもしれません。
あっ、そうまとめだ。
各メーカーから発売されている万年筆インクは40ml〜50ml程度の大きな瓶ですが、こちらのColor Bar INKは推定20ml(表記がないので)
一般的なインクカートリッジの容量は1本当たり1mlなので、概ね20本相当になるはずです。
LAMYのインクカートリッジ5本(希望価格¥500−)なので単価的には、倍程度お得な計算になります。
価格面以外でも、他のメーカーのインク瓶は1600〜2000円、容量ではやや割高になるかもしれませんが、Color Bar INKなら2本は購入できるので、いろんな色を揃えてみるのには実に手頃なお値段かもしれません。
残念なのは、このインクは現在ここ博多マルイにあるStylo+のみの販売で、長崎にある石丸文行堂本店でも販売はされていません。(2016年6月現在)
見てみたい!買ってみたい!という方は、ぜひ九州旅行の際、新幹線乗り換えのタイミングを見計らってお土産に購入する事をオススメします。
再度のお願い、もしインクに見とれて新幹線に乗り遅れても当ブログは一切関知しません、その点くれぐれもご注意ください。(^_^)

Stylo+データ

住所 福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ6F
電話 092-577-1400
営業時間 10:00〜21:00
定休日 マルイに準ずる
MAP
[mappress mapid=”54″]


関連記事

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅[旅]

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅 大阪ー九州はJR新幹線の便数も多くて、出張

記事を読む

旅が3倍楽しくなる、文具モジュールの3つの効果!

最近は、街のカフェでノートを広げてカラフルなペンで日記を書きながら、ほんとに楽しそうに、シールやマス

記事を読む

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つのはボールペン!?[文具]

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つバインダー式クリップボールペン 突然降り出す雨や夕立、

記事を読む

大人の湯治 酸ヶ湯温泉編

湯治という言葉を聞いて、ぱっとイメージできる人は、どのくらいいるのかな? 僕の数多い旅仲間でも

記事を読む

WILLERバスのビジネスクラスで行く東京ー大阪快適バス旅行[旅]

WILLERバスのビジネスクラスは高速バスのファーストクラス 夜行高速バスのグレードがます

記事を読む

mont-bell(モンベル)旅に必要なモノはすべてmont-bellから教わった[旅]

旅のノウハウはモンベル先生に聞け! mont-bell(モンベル)は1975年に大阪で

記事を読む

観光列車「ろくもん」で行く信濃路

しなの鉄道観光列車「ろくもん」 しなの鉄道「ろくもん」[/caption] 今回の旅行の途

記事を読む

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係[文具][和紙膠帶]

トレ二アートに見る鉄子と文具の素敵な関係 トレ二アート 「TRAINIART」は、TRAINとA

記事を読む

名古屋名物矢場とんを並ばないでゆっくり食べられる方法[旅]

みそかつ 矢場とん いつも行列ができる矢場とん!並ばずにゆったりとおちついて食事を楽しむ方法。

記事を読む

はじめての台湾〜そうだ台灣へいこう![旅]

はじめての台湾 台北車站[/caption] 今年2014年1月から11月までに、日本

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取

不易糊しわにならないのり、これで安心あと10年は戦える[文具]

フエキくんでおなじみ不易糊の「しわに、ならないのり」キャップ交換で復活

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる

→もっと見る

PAGE TOP ↑