*

peachで行くファーストクラス空の旅[旅]

公開日: : 国内, 旅行

peachで行くファーストクラス空の旅

DSC09982

格安航空旅行社

LCC「Low Cost Carrier」、その頭文字から「LCC」(エル・シー・シー)と呼ばれる格安虚空会社の総称。
機内でのサービスを簡略させて、利用する側にとっては手軽に利用できる空の旅として、いまではすっかり定着しました。

とはいえ、低コストによるリスク部分(キャンセルや変更がきかないなど)もあって、ビジネスで利用する場合、それなりの覚悟も必要になります。
今回は、幸い日程的に少し余裕があったので、万一の保険が確保できたので、福岡ー成田間を初めてのpeach空の旅を楽しんできました。

初めてpeachここが良かった3つポイント

  • ファーストクラスで快適に
  • 機内で買えるお得なキップ
  • サービス無しは、最高のサービス

ファーストクラスで快適に

LCCは他の航空会社「ANA」「JAL」と比較しても、また一般公共交通機関たとえばJRとでも、安いことが魅力。
JR新幹線で博多ー東京間¥21810ー
大手航空会社福岡空港ー羽田空港間は約¥30000〜¥40000−
今回利用したpeachでは¥9470ー!(ファーストクラス)
内訳の写真の通り
スクリーンショット 2016-06-11 09.08.55
peachでは機内持ち込みやお預かり荷物にも厳しい制約があり、登場前に荷物を預ける場合「ハッピーピーチプラスクラス」の申し込みになります。
また今回は+¥1300−で利用できるファースクラスも一緒に申し込んでも、総合計金額¥9470−でした。

機内・ファーストクラス

1番先頭の座席1A

1番先頭の座席1A


入口から1番手前の座席なので、飛行機が到着してからの移動がスムーズと思ってこの座席を指定、結果成田空港へ到着してからスイスイ先をすすめました。
さらに、航空機旅行事情に詳しいボクの友人から「12列目の非常口横の席」が足を伸ばせてとって楽って教えていただきました、
(予約する前に教えて欲しかった)
とはいえ、こちらも前に足を伸ばす余裕はあり、1時間30分弱のフライト中窮屈を感じる事はありませんでした。
IMG_1066
隣のシートはガラガラ、後方のファーストクラス席にはそれなりに、さらに後方のエコノミーシートはほぼ満席でした。

CAの方が、「良ければ荷物(トートバッグ)は隣の座席においてもらって結構ですよ」とアナウンスしていただき、前列ほぼ貸し切り状態。
ありがとうございます、スチュワーデスさん・・・もといCA(キャビンアテンダント)というのね今は(笑)

機内で買えるお得なキップ

IMG_1060
備え付けパンフレットで発見!
成田空港から上野駅を結ぶ京成特急「スカイライナー号」の指定席と東京都内の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)の3日間有効のフリーチケットがセット¥3500-。
ざっと調べて見ると成田空港(空港第2ビル)ー京成上野間の乗車券&特急料金は¥2660ーとするとかなりお得な気がして、機内で購入しました。
購入といっても、機内で特急の指定席をとることはできないので、代金を支払い引換券をもらって、成田空港駅にある京成電鉄の窓口で指定券・乗車券そして地下鉄フリー切符を受け取る事になります。

コンビニエンスストアのレシートのような引換券

コンビニエンスストアのレシートのような引換券

注:この切符が損か?得か?は利用する人によって変わります。
実際ボクがこの切符買って得をしたのか否かはわかりません、そんな面倒な計算をするのが面倒だから(笑)この切符を買いました。
なにより、「話題つくり」が目的、人と話すときのネタですし、ここでブログで記事にできましたしね。
「元をとる」という事でいえば、この切符を購入した時点で「元をとってます」(^_^)
地下鉄フリー切符3日間有効と書きましたが、2016年から時間制に変更なり、初めて改札機に通した時間から72時間が有効になります。
夕方に到着した人が、3日間有効のフリー切符を購入すると、実際には2日と少ししか使えないわけですから、ある意味合理的かつ実用的かな?思った次第。

サービス無しは、最高のサービス

機内サービスはとても嬉しいサービスです。
けど、1時間程度のフライトで特に喉が渇くわけでも、お腹がすくわけでもなく、たいていは本を読むか、落語を聴いて時間を楽しみます。
その時に「いかがですか?」って聞かれて集中力が切られるのは、ちょっとだけ煩わしい時があります。
昼寝だと、ちょうど良い感じでウトウトしているときに起こされる感覚です。
日々日常に追われているビジネスマンなら、フライト中はちょっとひと息や、さらに書類のチェックなど、電話やメールなど外部から邪魔をされずに過ごせる貴重な時間でもあります。
短時間のフライトならむしろそっとしてもらえることが、最高のサービスだと思います。

機内有料サービス

機内有料サービス

でも、今回は初めてのpeach。せっかくなので有料ドリンクサービスを体験しました。
和歌山の「のむみかん」100%の濃厚な味わいが、みかんをそのまま飲むんでいるような喉ごしです。
これも「ネタ」です(笑)

窓際のサービス

オマケですが、夕方の光景雲海の向こうに富士山のシルエットが浮かびます。
DSC09979
この光景はANA・JALとも航空運賃の格差はあっても受けられるサービスは同じ(無料)です。あとは天候の運次第。

快適旅行をもとめる人にオススメ!ひと工夫旅行術。

  • 快適な旅はミニマム&軽量に
  • スマートフォン充電キットは手元に
  • ノイズキャンセリングは必需品

快適な旅はミニマム&軽量に

IMG_1044

手荷物はひとつだけ、手荷物検査もラクだし、預け渡し・引き取りもないので時間の節約にもなって、旅のフットワークを快適にするのにとても重要なファクターです。
今回は東京で4泊の予定の出張だったので、事前に東京のホテルへ宅配便で送っておきました。
九州では墓参りが目的なので、お墓の掃除の為の道具などを持って行きましたが、一泊目のホテルですべて着替えて(靴までも)箱につめて自宅へ送付。
こうすることで、着替えなどのかさばる荷物を持ち歩かずにスムーズな移動が行えました。
宅配便などをうまく利用して、用がすんだ荷物は、お土産などとまとめて家に送り返すことで、旅の後半や帰路がとてもラクになります。
旅の行動基本は、小さく軽くですね。

スマートフォン充電キットは手元に

スマートフォンは旅行のときに限ってか?バッテリーの消耗が日常より早く感じます。
普段よりよく使うせいか?移動が重なるとスマートフォンが電波を探して消耗するのかはわかりませんが、旅へ出るとスマートフォンのバッテリー不安が募るはホントです。
旅の荷物は少なくが基本と書きましたが、不安と引き替えにはできません。
1番シンプルな充電キット(ACアダプターとケーブル)も取り出ししやすい場所においておくと便利です。

ACアダプターとケーブル

ACアダプターとケーブル

カフェや空港などにはフリーの受電スペース・充電サービスカウンターなどがあるので、そんな場所を見つけたら、こまめに充電しておくことをオススメです。

携帯には100均一ショップなどで販売している、ミニポーチなどを利用するのも便利です。

携帯充電モジュール

携帯充電モジュール

ノイズキャンセリングは必需品

ノイズキャンセリングヘッドフォン

ノイズキャンセリングヘッドフォン


使った事がない人は、ぜひ一度使ってみてほしいアイテムのひとつ。
実際に飛行機の中の騒音は、日常ではあり得ないほどのノイズの中に数時間身をおかなければいけません。
一度ノイズキャンセリングシステム(ヘッドフォン)を使うと、もう手放せなくなります。
BOSEでは頭から被るタイプのヘッドフォンしかなく、海外旅行時には必ず持って行ったヘッドフォンでしたが、やはり大きいために使用頻度は・・出番は少なかったのが実情でした。
いまでは、インイヤー式(イヤホンタイプ)が発売されて、このサイズなら旅行だけでなく、普段使いにもできるので、ノイズキャンセリングヘッドフォンはなくてはならないボクのマストアイテムになっています。
機内では「落語」を聴くのがボクの定番、実はこの落語の台詞が聞き取れる事が、このヘッドフォンの優秀さをさりげなく物語っています。

東京到着

って成田は千葉県?
手ぶらで成田に降り立って、さっさと検査口を出ると荷物を待つ時間が無駄に感じるようになりました。
荷物があるときは割り切りますが・・・
この日は時に約束があるわけではなかったので、慌てる必要も荷物を待つ時間もあったのですが、快適・スムーズさはどんな時でもストレスから解放されます。

京成特急で上野へ

空港のスターバックスコーヒーでコーヒーを買って、窓口で特急指定券を手配。
IMG_1081
これで上野までゆったり座って本を読む空間を確保できました。

まとめ

これまで時間の約束がある場合は、利用を見送ってきたLCCですが、意外なほど他の航空会社との差が無いことに気がつきました。
料金もリーズナブルなうえ、座席もよくちゃんとシートベルトもついていました(笑)
福岡から東京へ飛ぶ場合、peachは成田空港へしか飛んでいないため、成田から都内までの移動が必要になりますが、フリーチケットがお得に購入できたりするのも旅の楽しみかな、ひとり納得のpeachの旅でした。

peach WebSite

amazon
BOSEノイズキャンセリングヘッドフォン

少し値段は高めですが、旅行スキな方にはぜひオススメしたい一品。


関連記事

読んであなたもパリジェンヌ!「旅鞄いっぱいのパリふたたび」堤信子

旅鞄いっぱいのパリふたたび。 旅鞄いっぱいのパリふたたび[/caption] 日本一美しい

記事を読む

ならきた、またきた!さくらバーガー

さくらバーガー 奈良で美味しい手作りハンバーガーの人気なお店 「カレーの田川」につづいて

記事を読む

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」 映画の楽しみ方はひとそれぞれですが、映画の内容

記事を読む

京都河原町に丸善書店復活!「檸檬」の本屋が京都へ帰ってきた。[旅]

丸善 京都本店が10年振りに復活 株式会社丸善ジュンク堂書店は京都地区最大級のカフェ併設書

記事を読む

らーめん春友流「ようこそ奈良へ」[旅]

らーめん春友流 数年前に横浜を旅行中に何度か足を運んだことがあるラーメン屋さん。 王手チ

記事を読む

mont-bell(モンベル)旅に必要なモノはすべてmont-bellから教わった[旅]

旅のノウハウはモンベル先生に聞け! mont-bell(モンベル)は1975年に大阪で

記事を読む

旅や出張が楽しくなる3つのヒント!

合宿セミナーに初めて参加してきました。 いままでの、出張や旅行とはいささか趣きの異なるはじめて

記事を読む

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 2018年9月東京ではじめてインタ

記事を読む

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピで、おうちで割烹気分!?[書評]

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピ 春夏秋冬 著者降旗壽眞子 10月に集英社から発売され

記事を読む

ブルーボトルコーヒー 清澄白河にオープンした「コーヒー界のApple」ってどんなカフェ?[旅]

ブルーボトルコーヒー アメリカからコーヒーショップのサードウエーブがやってきた! 日本で

記事を読む

Comment

  1. 林 伸行 より:

    ご無沙汰しております。いつもFBでご活躍を拝見させて頂いております。私も福岡出張の際はピーチを利用しております。(エコノミーですが😆)安価で、でも快適でLCCの中でも勝ち組なのがよくわかります。CAさんが最後の機内放送で”今日はほんまおおきに”とアナウンスされるのがめっちゃ好きです。

    • izupapa より:

      林さま、コメントありがとうございます。ボクが搭乗したのは、福岡ー成田間だったので、関西弁アナウンスを聞く事ができませんでした。次回の搭乗に期待しますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWSBI GO日本上陸!スプリング機構のインク吸入ははじめての体験[文具]

TWSBI GOで初めての体験するスプリング式インク吸入の便利さ

TWSBIダイヤモンドとTWSBIインクボトルの素敵な関係[文具]

TWSBIダイヤモンドと一緒に使いたい機能・デザイン・汎用性に優れたイ

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 20

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU大阪店[文具]

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU大阪

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つのはボールペン!?[文具]

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つバインダー式クリップボールペン

→もっと見る

PAGE TOP ↑