*

実践!モジュールシステムで歩く中山道の旅。

モジュールシステムであるく中山道

今回は、アメニティモジュールとガジェットモジュールをメインに中山道・馬籠峠から中津川宿までの約15kmを昔ながらのバックパックスタイルで実際に歩いてみました。

GoogleMap馬籠から中津川

GoogleMap馬籠から中津川

1 行程編
JR中央線南木曽駅からおんたけ交通14:20のバスに乗って約20分で馬籠峠バス停に到着(¥800-)

もう少し早いバスに乗る事ができれば、妻籠宿から歩きたかったけど、このルートは過去に歩いていたので、未踏破の落合宿を目指します。

関西ではやや終わりかけていた桜も、木曽路ではまだまだ見頃であるきながら桜を満喫。

wDSC03067

出し入れし易い場所に持つのは、財布とメモ類(地図&ペン)とカメラのみ。

地図とペン

地図とペン こんなふうにペンクリックで挟んでしまうと便利

カメラはポケットのなかの突っ込んで、必要なときにだけ出して使います。

徒歩旅や山旅では、可能な限り両手をあけておく事が、万一の時に対処できる基本です。(こけたら痛いでしょ)

馬籠峠からずっと下り道なので楽そうにみえますが、これは膝に負担がかかるのでゆっくり下る事がポイント。

中山道は、比較的整備がよくできているので、よほどの事がない限り道に迷う心配はないけれど、もし道がわからなくなったら、国道19号線を歩けば大丈夫。

馬籠宿より恵那山を望む

馬籠宿より恵那山を望む

馬籠宿を経て再び、旧街道を歩くと、この当たりには古い民家が多く立ち並び、やや観光客目当ての宿場街よりこちらの方が風情があったりする。

落合宿に向かう、古い畳をすぎた頃に17時なりこの日はここで宿にチェックインする。

木曽路ふるさとユースホステル

今回の宿は木曽路ふるさとユースホステル、低料金なドミトリータイプ(男女別相部屋)の宿だけど、この日は他の宿泊客も少なく、和室を一部屋あてがってくれました。

(するとモジュールタイプの省スペースパッキングの必要はあったのか?(笑)ま、あくまで結果論ということで)

宿のオーナー手作りの夕飯は美味しい上にボリュームがあって大満足。

夕飯

夕飯

木曽路ふるさとユースホステルのサイトはコチラ

蔵茶房 かわらや

翌日は、宿から再び中山道へ戻り落合宿を歩きます、途中地元では有名な蔵のカフェ「蔵茶房 かわらや」で朝食。

朝のモーニングは、ドリンク代のみでセットがつくのは、さすが東海圏のカフェですね。

お店のサイトはコチラ

名古屋の朝は、小倉トースト!

名古屋の朝は、小倉トースト!

お店を出て約1時間中山道を歩いて、今回の終着中津川駅に無事に到着。
2 装備編

全装備

全装備

装備一覧

  • リュック(左)mont-bell バーサライトパック30
  • ガジェットモジュール(中央上)
  • 着替え(右上)
  • サブバッグ(中央右)mont-bell L.W.ショルダーバックS
  • エチケットモジュール(中央下)
  • アメニティモジュール(右下)

 

mont-bellバーサライトバック30

は、モジュールシステムの器てして最適なアウトドアリュック。

容量は30リットルなら、山小屋泊に使えるだけでなく、このサイズで1kgを切る930gの超軽量なリュック。

しかも、ゴムで引っ張るだけでシュック全体をしぼる機能なので、今回のように荷物が少なくても、リュックの中で荷物が踊る心配ないものこのリュックの優れたところ。

L.W.ショルダーバックS

列車で移動する時は、本や手帳ドリンクなどをいれておくサブバッグがあると便利。

でも、両手をあけておきたい、今回のようなトレッキングでは歩行中に丸めてリュックに入れておけるのがありがたいです。

普段でも、エコバックとしてデイパックや鞄の隅に入れておけます。

 まとめ

バックパックスタイルでの旅はこのモジュールシステムが昔から基本、でも当時はこんな言葉はありませんでした。

身体にフィットして荷物を背負う事ができるバックパックも、荷物の視認性・出し入れのし易さはキャリーバックには及ばないけれど、モジュールシステムだと必要なキットをまとめて取り出し易く、多少乱暴に突っ込んだりもできるので、横着な(僕)にぴったり。

宿に着いてから荷物を引っ張りだしてみても、カテゴリー毎にまとめてあるので、場所をとらずに整理する事が可能です。

ビジネスホテルや、ゲストハウス・山小屋(ドミトリー)タイプの宿は、エコノミーな料金で利用できる反面、個人で使用できる空間が限られているので、省スペースで整理整頓できる事は,実に効率がよいと云えるでしょう。

僕がmont-bell製品を使っているのは価格が手頃な事と、とにかく軽いという事が最大のポイント。

リュックの老舗Millet(ミレー)もいいリュックを作っていますが、今回と同等のリュックだと約6000円高く、重量も100g弱重くなります。(だから悪い製品という訳ではないです、僕も長い間Milletを使っていました)

僕の場合は、mont-bellのコンセプトと自分のライフスタイルがマッチした結果だと思っています。

よって今回も、誰かの参考になれば幸いなのです。

 

 


関連記事

大人の湯治 酸ヶ湯温泉編

湯治という言葉を聞いて、ぱっとイメージできる人は、どのくらいいるのかな? 僕の数多い旅仲間でも

記事を読む

唐戸市場から門司港食べ&歩きの旅[旅]

唐戸市場から門司港食べ歩きの旅 唐戸市場 関門の台所とも呼ばれる下関・唐戸市場は河豚(下関で

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・泊まる編[旅]

小豆島の泊まり方 今回の宿は? リゾートホテル オリビアン小豆島 島の北側に位置して、寒霞

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

高度33000フィートから「いいね!」をクリック!

飛行機の中から「いいね」をクリック 2014年9月1日から、航空機機内における電子機器の使

記事を読む

ここまでできる?モバイルバッテリー活用術。

モバイルバッテリー活用術 前回、新しいモバイルバッテリーを紹介しました。 今回はその活用例を紹介

記事を読む

mont-bell トレッキングアンブレラ 超軽〜い傘は山だけで使うにはもったいない[旅]

モンベル トレッキングアンブレラ U.L.トレッキングアンブレラ[/caption] 日本

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

旅や出張が楽しくなる3つのヒント!

合宿セミナーに初めて参加してきました。 いままでの、出張や旅行とはいささか趣きの異なるはじめて

記事を読む

名古屋名物矢場とんを並ばないでゆっくり食べられる方法[旅]

みそかつ 矢場とん いつも行列ができる矢場とん!並ばずにゆったりとおちついて食事を楽しむ方法。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

文紙メッセ2022会場レポート[文具]

文紙メッセ2022会場レポート  大阪の夏を飾る文房具のイベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑