*

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピで、おうちで割烹気分!?[書評]

公開日: : 国内, 書評, 男料理

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピ 春夏秋冬

著者降旗壽眞子

IMG_9650
10月に集英社から発売されたばかりの新刊。
ボク自身お酒はほとんど飲まないけれど、幼少の頃から「酒の肴」が晩ご飯のおかずだったの事もあり、この本を手にした瞬間に「これはいいかも」?って買って来たしだい。

春夏秋冬

日本は四季に恵まれた国で、季節毎にさまざまな食材があって、旬の食材をつかった料理は、舌で季節を感じる事ができます。

101種あるレシピの中から「牡蛎の磯辺焼き」に挑戦!

IMG_9651

牡蛎の磯辺焼き

材料(二人分)

  • 生牡蛎 4個(加熱用の牡蛎でOK)
  • 醤油 (大さじ2) 
  • 海苔 適量

以上。(ほんとこれだけ!)

作り方(本誌から)

  1. フッ素加工のフライパンに油を引かずに牡蛎を焼きます。
  2. 焼きながら、醤油少々を3回に分けて、牡蛎に加えます。
  3. 焼きあがったら、海苔を散らしてできあがり。

我が家には、フッ素加工のフライパンがない!

という方にも大丈夫、フッ素加工のフライパンがなくても、鉄製のフライパンでもできる作り方、ここから下はボク流のレシピで紹介します。

材料は同じ

  • 牡蛎(スーパーの袋入りでOK、加熱用牡蛎はいまの季節¥298−前後)
  • 醤油(大さじ2杯)
  • 日本酒(大さじ1杯)
  • サラダ油
  • 海苔(味の付いていないもの)

作り方(鉄フライパンを使った場合)

  1. 鉄製フライパンにサラダ油をひきます。
  2. 牡蛎をフライパンに乗せます、スーパーの袋入りは大きさが均一でないので、大きなものから焼き始めます。(火は中火)
  3. 焦げない程度にゆっくり焼きながら、火の通りを確認して、醤油を3回にわけてからめます。
  4. 仕上げに火を止めてから、日本酒をさっと牡蛎全体に散らして、蓋をして20秒。
  5. お皿に盛って、海苔を散らしてできあがり。

IMG_9606

ポイント

  1. 油をひく際は、フライパンを熱してからの方が、油の広がりよくなります。
  2. 醤油をかけると、とたん焦げやすくなるので、なるべく牡蛎に火をとおしてから、醤油を加えると焦げ付きが少なく、牡蛎の風味が損なわれません。
  3. 海苔は、コンロの火でいいので、軽くあぶって香りを出します。細く短冊に切ってから(ハサミでOK)手で小さくちぎると、牡蛎が海苔で隠れません。
  4. 大きな牡蛎は、短冊のまま牡蛎を巻いてしまうのは、オリジナルレシピでも紹介されています。
  5. ひとり分の目安は、3〜5個。スーパーの袋入りは3〜4人分なので、残っても保存ができない牡蛎は、味噌汁などの具材にしてもOK。

なんか、料理のBlogみたいになってしまいましたが・・・w

本書の特徴

このほかに、餃子の皮をつかった「ガーリックピザ」や「焼きしいたけと三つ葉の柚子こしょうあえ」など手軽に手に入る材料ばかりを使っています。
普段、冷蔵庫にあるような材料に季節の食材を加えることで、自宅の料理が割烹に早変わりしてしまうレシピが101種つまった一冊でした。
著者の降旗壽子さんは、家庭料理の形をすこし変えることで、食事を楽しんでほしいと、この本を書かれたようです。

まとめ

書評になっていないけど(笑)
赤坂にある「おまかせ割烹まめ多」ボクなんか、おいそれと行けるお店ではないですが、この本を見ているだけで、なんかボクでもつくれそう!気になります。
何回か作っていくと、自分の好みの味なんかがわかってきて、一品加えて作っていくとさらに料理の幅が広がっていきます。
特にお酒が大好きな御仁!
奥様におまかせもいいですが、たまには一品作ってみせると、奥様の評価がぐっとアップするかも?
そんな、入り口入門書としても、けっこう役に立つ一冊です。
そうやって、レパトリーが増えていけば・・・ああ、ますます主夫になっていく(泣!

まめ多
住所:東京都港区赤坂3-6-10 桝よしビル7F
電話 03-3586-7380
営業時間17〜23時
定休日 土・日・祝日

[mappress mapid=”16″]
 

 

関連記事

唐戸市場から門司港食べ&歩きの旅[旅]

唐戸市場から門司港食べ歩きの旅 唐戸市場 関門の台所とも呼ばれる下関・唐戸市場は河豚(下関で

記事を読む

京都・京野菜を堪能できる中華のお店 大傳月軒[食事]

京都・京野菜を堪能できる大傳月軒 京都四条と五条の間、鴨川と並ぶ木屋町通りに、歴史を感じさ

記事を読む

「モノが少ないと快適に働ける」ではじめるデスクのダイエット本[書評]

モノが少ないと快適に働ける 土橋正著   土橋正さんといえば、文具コンサル

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

近鉄特急「しまかぜ」と「伊勢参り」、どっちが本命?

今年、伊勢神宮は20年に一度の式年遷宮の年。 伊勢神宮の正殿(しょうでん)が、20年ぶりに建て

記事を読む

京都河原町に丸善書店復活!「檸檬」の本屋が京都へ帰ってきた。[旅]

丸善 京都本店が10年振りに復活 株式会社丸善ジュンク堂書店は京都地区最大級のカフェ併設書

記事を読む

Bar?図書館?巷で話題の森の図書室

森の図書室   今年7月にグランドオープンした、謎に満ちあふれた図書空間。

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

ビジネス書で読む恋愛指南術?「ビジネスを恋愛だと思えばうまくいく」[書評]

ビジネスを恋愛だとおもえばうまくいく 野呂エイシロウ著 えっ逆でしょ!まちがえていない?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

恋するサラサ~fall in love~[文具]

恋するサラサ~サラサにFaii in love~ ずっとそばにい

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くん

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

→もっと見る

PAGE TOP ↑