*

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜[レポート]

公開日: : 最終更新日:2024/02/27 国内, 文具店, 旅する文具

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜堂

平山萬年堂

青森県弘前市にある平山萬年堂さんは、2024年で創業111年目をを迎える老舗の文具店です。
銀座伊東屋さんや、神戸ナガサワ文具センターさん、岡山のうさぎやさんなど、多くの支店を持つ文具店でもなければ、ハンズやロフトのような全国展開をしているお店はありません。
ひたすら地元弘前に根付いて、弘前の街と人と共に歩んできた街の文具店です。

万年筆インク紀行

 大きな宣伝やPR活動を行っていないために、「平山萬年堂」と聞いてもピンとこない人が大半を占めるかと思いますが、万年筆ファンや万年筆インクファンなら、「おや、あのお店?」と気付くひといるはずです。
ボク自身、ナガサワ文具センターさんが主催した「全国万年筆インク紀行」というイベントで、青森県弘前のご当地インクを販売するお店として知ったのがきっかけでした。
そんな経緯もあって、いつか訊ねて見たい(と思っていても関西から青森ですからね..…とおい)お店のひとつになっていた平山萬年堂さんに、今回お邪魔する機会にめぐまれました。

弘前の老舗・平山萬年堂

 お店の構えは、老舗に相応しい趣のある店舗で、間口はさほど広くはありませんが、売り場この奥へと長くつづきます。
地元と共に歩んできたお店だけに、文房具の品揃えは一般的な「事務用品」から、先に述べたように、高級筆記具や平山萬年堂オリジナル万年筆インクなどが並び、コアな文具ファンのは心くすぐられる内容です。
 平山萬年堂さんは、JR弘前駅から徒歩なら20分程度?冬季の場合は積雪があるので、ちょっと時間は読みづらいのですが、駅前から100円循環バスが日中(10時頃から17時まで)10分間隔で運行されているので、こちらを利用するのが便利です。
最寄りはパークホテル前で下車すぐ右手です。

オリジナル万年筆


 平山萬年堂さんは弘前で開業したのは1913年、カスタム74やデジモ(キャップレス万年筆)で知られるパイロットコーポレーションの創業は1918年、#3376センリュリーで知られるプラチナ万年筆が1919年の創業、セーラー万年筆の前身である阪田製作所が広島県呉市に創業したのが1911年ということなので、まだまだ日本製の万年筆が市場に行き渡る以前から、SAKURA万年筆のブランドでハンドメイドの万年筆の製造と販売を行っていたいうのですから、これは驚きです。


さすがに稼働こそしていませんが、店舗の奥には当時の轆轤(ろくろ)がいまも残っているそうで、これはちょっと見て見たかった。今回が初対面だったので、そんな無理は言えませんが、もう少し仲良くなれたら見てもらいたいなと思います。

オリジナル万年筆インク


 今の文具業界で人気を集めている万年筆インク、神戸のナガサワ文具センターが2007年に「KobeINK物語」を発売して以来、そのブームは日本だけでなく世界にも広がり、市場に流通している種類だけでも2000種と3000種ともいわれています。

平山萬年堂さんでも、早い時点からオリジナル万年筆インク(ご当地インク)を、セーラー万年筆と共同で開発、弘前に相応しいインクを多数販売しています。

オリジナルガラスペン


 さらに、近年ガラスペンにも着手して、オリジナルガラスペンを地元のガラス工房「北洋硝子」さんとコラボした「りんごガラスペン」を販売しています。
尻軸には青森の名産品りんごのカタチをあしらった可愛らしいデザインと、ガラスペンの側面を一部フラット加工したことで、机の上に置いても転がりにくいといった機能も備えています。

従来のガラスペンの軸はほぼ丸い形状をしていて、ちょっと気を抜くと机の下まで一気に転がり落ちてしますタイプがほとんどで、ペントレイとセットでの運用が必要でしたが、平山萬年堂さんのガラスペンはその心配がありません。

また、北洋硝子さんというのは、伝統工芸津軽びいどろを今に伝える会社で、近年ではスターバックスコーヒーのJIMOTO Madeシリーズ青森限定の「津軽びいどろAOMORI」グラスを作っているメーカーとしても知られて、地元でも注目をあつめている企業です。

筆の書き心地を再現したガラスペン


 「りんごガラスペン」には細字と細字/ペン先筆という2タイプがラインナップに並びます。
通常のガラスペンは、均一した線で筆記する筆記具ですが、この「細字/ペン先筆」は1本のガラスペンでありながら、まるで筆で書いたように字幅が異なる筆記を可能にしています。こんなユニークなガラスペンなのにあまり知られていないのは、4代目店主平山幸一さんがあまり宣伝活動に関心がない?のか、PR戦略は展開していない様子です。
なのに、こんなのBlogで書いていいのか?という不安もありますが、書いていいよと了解を得ているので書いちゃいますが(^_^;)

ペン先筆開発秘話


 どうして、こんなペン先を思いついたのか?
実は、北洋硝子さんの失敗作から生まれた「ペン先筆」だそうです。

北洋硝子さんは数多くの硝子工芸品を作ってきた会社ですが、ガラスペンは初めてのこと、いくつかの試作の途中でやはり失敗というのも出てきます。
その一本に目をつけた平山幸一さんが、これっておもしろいと思わない?
というところから、筆の書き心地をガラスペンに求めて完成したのが、現在店頭に並んでいる「細字/ペン先筆」です。

あまり知られていないと書きましたが、ボクが訪れた時に上海からやって来たという女性が、スマートフォンの写真を見せながら「I’ll Take it」といったかどうかは聞き取れませんでしたが、このガラスペンとお店のオリジナル万年筆インクを買って笑顔で店を出て行く光景に出くわしました。
思う以上に海外のファンの間ではすでに人気が広まりつつあるのかもしれません。
せっかく、弘前まで来たのだからオリジナル万年筆インクのひとつでも買って帰ろうかと思っていたところでしたが、思わぬ逸品に出会えたことで、ボクも一本「りんごガラスペン細字/ペン先筆」を買って帰ることにしました。

文具・旅行ライターの考察

青森県弘前市といえば、弘前城の桜祭りで有名ですが、じつはそれ以外に有名な観光コンテンツが思い浮かばない土地です。
でも、今回の平山萬年堂さんという超がつくほどの老舗文具店の存在をしってから、「弘前」で検索をしてみるといろんな見所がみつかります。

スターバックスコーヒー弘前公園前店


スターバックスコーヒー弘前公園前店は、旧陸軍師団長官舎を改装してオープンした店舗で有形文化財にも指定されているお店で、これも立派な観光コンテンツです。

旧弘前市立図書館(見学可能)

さらにこの近くには、旧弘前市立図書館が記念館として一般公開されて、グルメ女子にはたまらない「アップルパイ」のお店が市内中にあるのも、りんごの出荷日本一の青森県ならではお話しかもしれません。

弘前浪漫喫茶室のアップルパイセット


文具ファンには、平山萬年堂さんだけでも、弘前は訪れる価値のある土地ですが、ほかの観光コンテンツと合わせて、ぜひ楽しんで欲しい青森県弘前の街です。

平山萬年堂

住所:青森県弘前市中土手町105
電話:0172-32-0880


関連記事

Bar?図書館?巷で話題の森の図書室

森の図書室   今年7月にグランドオープンした、謎に満ちあふれた図書空間。

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・泊まる編[旅]

小豆島の泊まり方 今回の宿は? リゾートホテル オリビアン小豆島 島の北側に位置して、寒霞

記事を読む

T-SITE 枚方 蔦屋書店は生活&エンターテイメントの総合施設![書店]

大阪枚方に日本一の規模を誇るT-SITE枚方蔦屋書店がオープン 枚方市はCCC(カルチャー

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品[旅文具]

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品 ひと昔以前と比べると、観光地

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・基本編[旅]

小豆島の遊び方 瀬戸内海国立公園に浮かぶ香川県小豆島は面積約95.63平方km(東京ド

記事を読む

旅するロルバーン片手に旅に出よう[旅文具]

旅の瞬間をストックするロルバーン  ステーショナリーメーカーとして、抜群のデザインとセンスを誇

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シャープ替芯ケースのトレンド考察[文具]

シャープ替芯ケースについての考察  ボクが子どもの頃のシャープ替

三菱鉛筆シャープ替芯詰替に100本入った「uni替芯S」モデルが登場[文具]

三菱鉛筆シャープ替芯詰替用に100本モデル登場 それ先に出してよ

開くとトレーになる?ポーチ・デザインフィルのペントレーポーチ[広告]

デザインフィルのペントレーポーチ  MIDORIのブランドでも知

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品[旅文具]

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品

ゼブラのぶれないボールペンブレンに4色シャープペンシル付きモデルが登場[文具]

ぶらないボールペンブレンに4色+シャープペンシルモデルが登場 春

→もっと見る

PAGE TOP ↑