*

関西イルミネーション 2013

公開日: : イベント, 国内, 旅行

神戸ルミナリエ

1995年阪神淡路大震災の復興を祈って始まった「神戸ルミナリエ」

「ルミナリエ」の起源は、バロック時代のヨーロッパ(16世紀後半)に祭礼や装飾芸術に端を発し、イタリアの電気照明を利用した光の彫刻が今に形に変化したしたものだそうです。

神戸では毎年テーマをにのっとった作品を飾るのですが、今年の作品テーマ「光の記憶」でした。

光の記憶

光の記憶

 

DSC_3914w

復興のモニュメント

DSC_3928w

 

大阪光の饗宴

神戸につづき大阪でも、イルミネーションの祭典が始まりました。

中之島・御堂筋をはじめ、広いエリアで開催、光と音のセッションが大阪の街を彩ります。

中之島会場 光のフェスティバルパーク(中央会場)

DSC_3946w

中央公会堂

中央公会堂

 

ラバー・ダック

ラバー・ダック

 

福島のほたるまち港に出現した「ラバー・ダック」

この、巨大なアヒルのおもちゃ「ダバー・ダック」は、オランダのフロレンティン・ホフマンが制作、2007年からオランダ、フランス、ドイツ、ブラジル、ベルギー、日本、ニュージーランドでも展示されてきました。

オブジェの前の解説によると、水に浮かぶアヒルには国境がなく、国家の政治的な都合が存在しないことを意味すると書かれていました。

さらには、こんなカワイイオブジェも!(笑)

さらには、こんなカワイイオブジェも!(笑)

まとめ

「ルミナリエ」の起源も宗教的な祭事から、神戸では復興の祈り、「ラバー・ダック」も平和のモニュメントの意味が含まれているような気がしますよね。

たまには謙虚に「感謝」の気持ちで、このクリスマスを過ごしてみようかな?なんて思ったりしてます。

とはいえ、せっかくの美しいアートです、存分に楽しんできました。

大阪光の饗宴 OSAKA光のルネッサンスは2013年12月25日まで。

神戸ルミナリエ 会期は終了。

 


関連記事

Manfrotto 旅につれて行きたいポケット三脚[旅]

Manfrotto ポケット三脚L MP-3BK ひとり旅のときに、ちょっと困るのは自分自

記事を読む

高速バス活用! 定刻の逆襲 #おとな旅

高速バス活用! バスターミナル[/caption] 僕は、新幹線がどうも苦手で、コスト

記事を読む

大阪モーターショー2013 実はモーターショーは初めて!?

大阪モーターショー2013が、インテック大阪で、2013年12月20~22日の三日間にわたり開催され

記事を読む

観光列車「ろくもん」で行く信濃路

しなの鉄道観光列車「ろくもん」 しなの鉄道「ろくもん」[/caption] 今回の旅行の途

記事を読む

新年は「いきなりステーキ」でいきなりステーキなお話し[旅]

いきなりステーキ いきなりでなんですが、いきなりステーキのお話しです。 最近話題の「いき

記事を読む

横浜からバスに乗って京都に着いた♪ハーバーライト号乗車記[旅]

ハーバーライト号 関西と横浜を結ぶ、JR高速夜行バス「ハーバーライト号」 本数は少ないれど、神奈

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

とにかく小型のカメラリュック VANGUARD 2Go46で撮影機動力をアップする[旅]

小型のカメラリュック VANGUARD 2Go46 VANGUARD 2Go46[/captio

記事を読む

日本手帳大選2015〜台湾手帳総選挙開催!〜[レポ]

日本手帳大選2015〜台湾手帳総選挙開催! 台湾台北市にある金石堂城中店(書店)にて、第2回日本手

記事を読む

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON アシュフォード30th 夢見る理想のレザー文具[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON ASHFORD 夢見る理想のレザー文具 20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

近鉄電車の新しい観光特急あをによし乗車記[旅]

観光特急「あをによし」で大阪・奈良・京都を駆け抜ける三都物語な列車旅

奈良へきたならカレーの田川2022年改装オープン編[奈良]

奈良へきたならカレーの田川・2022年3月リニューアルオープン

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

AppleGiftCardで林檎マークのステッカーGet!

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑