*

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

公開日: : レポート, 万年筆, 台湾, 旅行

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具


2018年9月東京ではじめてインターナショナルペンショーが開催され入場者1600人を集め、第1回にして世界最高入場者を記録しました。
そんなペンショーは世界各国で開催されていて、この2018年10月に台湾・台南で第3回台南筆展(台南ペンショー)が世界各国から50の出展が集まり、台湾はもとより中国・シンガポール、そして日本からも万年筆ファンが集うイベントが開催されました。

ペンショーって?

日本でも有名な「モーターショー」「カメラショー」は各メーカーのプロモーション的な展示会になりますが、「ペンショー」は小売店・代理店・コレクターがブースに軒を並べ、CtoCもしくはBtoCのコンパクトな出展が中心です。

ペンショーは「万年筆」だけではなく、万年筆インクや紙類といった広い定義で文房具も取り扱われ、会場の雰囲気はとして、商談会のような催事ではなく、ユーザー同士のコミュニティーの場であり、小売店の場合は消費者(コレクター)とより深い情報交換ができる場という印象でした。

会場で気なった文具たち

■Pen lover boutique

Pen lover boutiqueのJuri Giambellさんのナミキのコレクションを見せていただきました。

namikiは日本の伝統文化「漆」を使った蒔絵万年筆の事で、1925年に並木製作所(現在のパイロットコーポレーション)が世界へ向けて発信したものが、高く評価されています。

1920年代のモノでこれほど状態の良い品はヨーロッパでも珍しく貴重な万年筆と自信を持って見せてくれました。

 

■BH

家族揃って出展したBHはひときわ長いブースで品揃えも豊富、ロシアのブランド「BENU」から「モンテグラッパ」「ヴィスコンティ」など新作モデルを並べています。

その中でもユニークなのは、19世紀に人気を博したアメリカのブランド「Esterbrook」を復刻販売、さらに興味をひかれたのは19世紀当時のニブを一緒に販売されています。

 

19世紀に作られたニブ

今の製品に合うように首軸とのセットはNTD2000-で販売、アンティークな書き心地を求める万年筆ファンにはたまらない1品。

■iPaper

iPaperは紙を中心にブースを展開。

メモパッドやノートブック、リポーターノートまでラインナップは豊富です。

ノートブックはこのとおり360°開く特殊な構造、強固な作りになっています。

また、1ページづつ切り取る事もできて、ノートブック&メモとしてマルチに使う事が出来るノートブックです。

iPaperの紙製品は台灣の文具店でも並んでいて、台灣を代表する文具ブランドです。

個人的に今回の台南ペンショーで1番気になったのが「國王的新衣」?

 

超防水と印刷された万年筆インク、これだけ見ると店舗オリジナルの万年筆インクかと一度は見送ったのが、お話しを伺うと西暦1300年に作られていた万年筆インクのレシピが見つかり、その製法で現代に蘇ったウォータープルーフインクと聞いて、俄然興味が沸いた1本。

日本での販売は未定という事だったので、この会場で1本入手しました。

*後日談として2018年11月23日〜25日兵庫県で開催されるKOBE Pen Show2018にてJetseeterのブースで販売される事が決まりました。

日本からの出展

■ナガサワ文具センター

神戸に本店があるナガサワ文具センターが初の台湾出展!

ナガサワ文具センターのお店では、週末になると台湾からオリジナル万年筆インク「KOBEINK物語」を買い求めるファンがやってくるほどの人気ブランドで、いまや台湾の文具ファンには実はお馴染みの万年筆インクとなっています。


今回の出展に際して「台南ペンショー記念万年筆」を会場で販売しようとしたところ、ネットでの事前受付開始から20分で完売する人気振り。
購入は台南筆展の記念万年筆とい位置づけで、購入条件は当日ペンショー会場にて現金支払いという事だったために、会場に行くことができきずに涙を呑んだファンも多かったようです。

■Yurie

オリジナルペンケースを販売する日本のブランド「Yurie」


和紙をベースにしペンを優しく保護するクッション(カメラバッグなどに使用される)でして1本から複数本納めることができるモデルを販売。
一般的なサイズからMont Blancマイスターシュテック149という太いタイプの万年筆にも対応し、独特のデザインで会場でも多くの人を集めていました。

「Yurie」は無店舗販売なために、購入は催事もしくは東京銀座のユーロボックスにて一部展示があります。
2018年11月23日〜25日に開催される「神戸ペンショー」の会場に出展されます。

webはこちら

台南筆展まとめ

台南筆展のオーガナイザーである顔子沛(Tzupei Yen)氏は私の取材に際し次のように話してくれました。
台南筆展は、2016年に第1回を開催したときは小さな教会ではじまりました、その時には約300人のファンを集めました。
第2回2017年には1000人を数え、今年2018年は1600人近い人たちがこのペンショーを楽しんでくれました。
台南筆展では、ビジネスや趣味の枠を越えたコミュニティーの場所として、来場者に心から楽しんでもらえることが主催として最高の喜びなんです。
すでに第4回の開催に向けて準備を始めます、目下の悩みはこの会場のキャパは60ブースが限界、台南市内にこれほど大きな会場もなく課題としてのしかかっています。
来場者に楽しんでもらえる事を最前提に、会期を1日から2日間(1日と半日)に拡大し、筆展だけなくこの台南の素敵な街も大いに味わってもらえるようなイベントにしたい、と来年第4回への抱負を最後に聞かせてくれました。

台南は台北からHSR台湾高速鉄道で約2時間30分の距離、日本から台湾桃園空港まで約3時間、LCC路線もあり週末の休暇を利用して気軽に行ける国です。
ぜひ一度、文具ファン万年筆ファンの方に来て欲しいイベントであり、同時に台湾という国を身近に感じてそして楽しんで欲しいと思います。


関連記事

神戸異人館スターバックスで小旅行[スタバ]

神戸異人館スターバックス 神戸星巴克 北野異人館店[/caption] スターバックスが全

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・基本編[旅]

小豆島の遊び方 瀬戸内海国立公園に浮かぶ香川県小豆島は面積約95.63平方km(東京ド

記事を読む

旅が3倍楽しくなる、文具モジュールの3つの効果!

最近は、街のカフェでノートを広げてカラフルなペンで日記を書きながら、ほんとに楽しそうに、シールやマス

記事を読む

台湾で見つけたKEEP A NOTEBOOKはトラベラーズノートと相性ピッタリ![文具]

KEEP A NOTEBOOK×TRAVELER'S NOTEBOOK 「KEEP A NOT

記事を読む

奈良で食べたい柿の葉寿し・老舗平宗の美味しいヒ・ミ・ツ!?[旅]

柿の葉寿しの老舗平宗の美味しいヒ・ミ・ツ!? 奈良へ来られた方なら一度は見た事がある(だろ

記事を読む

ならきた、またきた!さくらバーガー

さくらバーガー 奈良で美味しい手作りハンバーガーの人気なお店 「カレーの田川」につづいて

記事を読む

サクラクラフトラボ003、引力に導かれた筆記具の魅力[文具]

SAKURA craft_lab 003 引力を味方につけた筆記具の新しいスタイル sakura

記事を読む

ANKER Power Port4でスマホもタブレットもどこでも安心充電!場所をえらばないUSB ACアダプターは現代の必需品[ガジェット]

ANKER PowerPort4でいつでもどこでも安心充電! ANKER Power Port4

記事を読む

高速バス活用! 定刻の逆襲 #おとな旅

高速バス活用! バスターミナル[/caption] 僕は、新幹線がどうも苦手で、コスト

記事を読む

門司港ホテルでいつもと違う贅沢な時間をすごす北九州の旅[旅]

門司港ホテルは旅の疲れを癒やす快適な宿 門司港ホテル JR門司港駅から徒歩3分、門司港レ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取

不易糊しわにならないのり、これで安心あと10年は戦える[文具]

フエキくんでおなじみ不易糊の「しわに、ならないのり」キャップ交換で復活

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる

→もっと見る

PAGE TOP ↑