*

TWSBIダイヤモンドとTWSBIインクボトルの素敵な関係[文具]

公開日: : 万年筆

TWSBIダイヤモンドと一緒に使いたい機能・デザイン・汎用性に優れたインクボトル50

TWSBI(ついすびー)は台湾発の万年筆ブランド

2016年日本にやってきたTWSBIはリーズナブルな価格とステンレススチールのニブにも関わらず、柔らかな書き心地で人気を集め、またまたく間に日本の大手文具店の店頭に並び、万年筆ファンにはお馴染みのブランドになりました。
それまで台湾で主にOEMで万年筆を出荷してきたメーカーなので、その技術は永年培われてきた実績に裏打ちされて安心のブランドと言えます。

そんなTWSBIには豊富な万年筆ラインナップとオリジナルのインクボトルが用意されています。

日本での主なラインナップ

万年筆

  • TWSBIダイヤモンド
  • TWSBIダイヤモンドmini
  • TWSBIクラシック
  • TWSBIエコ
  • TWSBIGO(2018年12月発売予定)

インクボトル

  • インクボトル20
  • インクボトル50

きょうのオススメはTWSBIダイヤモンドとインクボトル50

TWSBIダイヤモンドmini

TWSBIダイヤモンドはスケルトンボディに、独特のカットがダイヤモンドを彷彿させるデザインで標準サイズとminiの2種類が販売されています。
日本では初期の頃から登場したモデルで写真のダイヤモンドminiはボクがかれこれ3年近く使い込んできたTWSBIです。
ペン先はステンレススティール製でカートリッジやコンバーターは不要、国内大手メーカーでもあまり類を見ない吸入式を採用したモデルです。

吸入式万年筆といってもコンバーター式と同じ方法でインクを入れることができるので、まったく不自由はありませんが、TWSBIから発売されているインクボトルと一緒に使うとこれまでのインク補充がウソに思える機能を備えています。

インクボトル50

インクボトルもダイヤモンドと同じ宝石を思わせるカットが施された見てるだけでもうっとりできる硝子製のインクボトル。
金属製のキャップを回転させて開けると、中に見たことがない突起があるだけ!?

先端部だけが外れます

TWSBIダイヤモンド(miniも同じ)の首軸の部分を回転させると、ニブを含む先端部だけが分離されます。

そして万年筆本体とインクボトルの突起部分を結合させて固定します。

インクボトルと万年筆を回転させて固定

インクの補充は尻軸をつまんで回転させてインクボトル内から本体に吸い上げる仕組みです。

みるみるインクが本体に満ちていきます。

インクがスイスイと吸い上げられる秘密はこれ!

リザーバーとくちばし

インクボトルの中には、くちばしのような管がキャップと繋がり、リザーバーの中にあるインクをダイレクトにTWSBIダイヤモンド本体に吸い上げる構造になっています。
万年筆インクファンなら一度は経験がある、インクボトルからシリンジ(注射器)を使い、インクを空のカートリッジに移し替える、そのシステムとよく似ています。

さらに素晴らしいのは、この行程でインクが手について汚れることがまったくないという現実。

インクを吸い上げたあとの先端部

手が汚れないだけではなく、インクボトルの接合部にもほとんどインクがこぼれている様子が確認出来ません。
この構造とアイデアには思わず脱帽、台湾に足を向けて眠れないほどの感動を覚えます。

この恩恵を受けることができるのは、TWSBIシリーズのなかでもこのダイヤモンドとダイヤモンドminiだけなので、ダイヤモンドユーザーはカードローンを利用してでもぜひ、一緒に揃えて欲しい組み合わせです。

ダイアモンド専用ボトル!?


ここまで紹介すると、インクボトル50はダイアモンド専用ボトルなの?と思われるかも知れませんが、キャップをすべて外すと一般的なインクボトルと同じ、リザーバーにペン先を沈めてインクの補充が可能になります。

TWSBIのこれから

ボクが2016年春にTWSBIダイヤモンドminiを購入していながら、このインクボトル50を手に入れたのはつい先日のこと。
話が違うじゃないか!とお叱りうけるかもしれませんが、じつはこのインクボトルの機能をつい最近まで知らなかったという勉強不足が原因です。
弁解するわけじゃないけれど、この使い方をしっかり情報として開示している場所がなかったのも本当で、先日ある文房具オフ会でこのインクボトルを紹介したところ、熱心な文具ファンでもインクボトル50の仕組みには驚いています。
これまで、TWSBIは各文具店が直接台湾から仕入れて販売してきたために、日本語で紹介する公式サイトがなかったという背景があります。
そして2018年年末からいよいよTWSBIのサイトもオープンします。
TWSBIのラインナップから新製品や日本限定カラーなどの情報が公開されていく予定、これからますますTWSBIから目が離せない日本市場になりそうですよ。

URL TWSBIsakaiのサイトはコチラ

Amazon

・TWSBI ダイヤモンドmini

・TWSBI インクボトル50


関連記事

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取材からすっかり台湾文具の魅力に

記事を読む

万年筆は怖くない、パイロットカスタム74から始める万年筆入門[文具]

パイロットカスタム74から始める万年筆入門  万年筆という言葉には、ある種の憧れと敷居の高さを

記事を読む

年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版[文具]

お世話になったあの人に年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版 万年筆で年賀状を書いてみよう[/

記事を読む

聖なる夜に万年筆を贈る クリスマスプレゼントにぴったりなTWSBI [レビュー]

聖なる夜に万年筆を贈る クリスマスプレゼントにぴったりなTWSBI 万年筆ブランドTWSBI(

記事を読む

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小学館)」に「ミニ檸檬万年筆」の

記事を読む

2018年BEST Buy文具はカキモリInkStandローラーボール[文具]

2018年BEST Buy文具はカキモリInkStandローラーボール 2018年公私にわ

記事を読む

台湾の万年筆TWSBIからまったく新しいスタイルのSWIPEが登場[万年筆]

台湾のTWSBIから新しいインク吸入スタイルの万年筆SWIPEが登場 TWSBIの2021年新モ

記事を読む

万年筆にいれたインクを管理するノートブック[ノート術]

万年筆にいれたインクを管理するノートブック   万年筆の魅力のひとつに

記事を読む

TWSBI GO日本上陸!スプリング機構のインク吸入ははじめての体験[文具]

TWSBI GOで初めての体験するスプリング式インク吸入の便利さ TWSBI TWSBIは台

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さらにできるようなった?!フリクションボールノックゾーン!新旧フリクションボール黒さの比較[文具]

黒がさらに黒になったフリクションボールノックゾーン 消せるボールペン

ニトムズのマスキング丸テープはデジタルデバイスの整理にぴったり[文具]

デジタルデバイスのカンタン管理にニトムズのマスキング丸テープ ニ

旅行に持って行きたい多色ボールペン、パイロットのジュースアップ[旅文具]

ジュースアップが1本あれば、旅行中のメモ記録筆記具として大活躍してくれ

伊東屋×LAMYがコラボした新しい大人のLAMYサファリ[文具]

銀座伊東屋とドイツの名門LAMYがコラボ!大人のLAMYサファリが店舗

年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版[文具]

お世話になったあの人に年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版 万

→もっと見る

PAGE TOP ↑