*

ナガサワ文具センターDENの新定番オリジナル万年筆「シルエット」[編集後記]

公開日: : 最終更新日:2023/07/14 ナガサワ文具センター, 万年筆, 編集後記

ナガサワ文具センター新定番万年筆「シルエット」


 現在、神戸に本店を構える創業141年を迎えるナガサワ文具センター様から仕事をいただき、コラムをはじめいろいろなお仕事をいただいております。
今回は、そんなお仕事で書かせていただいたコラムの編集後記です。

オリジナル万年筆シルエット

ニブにはナガサワ文具センターのブランドを表す風見鶏の刻印


 ナガサワ文具センター本店DEN(でん)のオリジナル万年筆「シルエット」は限定モデルではなく、ナガサワ文具センターオリジナルの定番万年筆として2023年7月から各店舗の店頭に並びました。
DENはナガサワ文具センター本店(三宮)の一角に位置する万年筆など高級筆記具の専門売り場です。
原稿執筆に際しての打合せの時に、はじめてシルエットを見せてもらった時、過去の限定万年筆とはちょっと違う趣を感じたことが第一印象でした。
その違和感は、これまで私が手掛けた原稿の限定モデルはパイロットコーポレーションからセーラー万年筆だったものが、今回はプラチナ万年筆の#3776センチュリーをベースにしたモデルだったからもしれません。
国産3社の万年筆はどれも優れた逸品と呼べるものばかりで、筆者もこの3社の万年筆のスタンダードモデルはすべて愛用していますが、プラチナ万年筆の#3776センチュリーにはひときわ愛着があり、執筆に当たっては個人的に、ちょっと嬉しく思った万年筆でした。

筆記体験


 あまり筆記具に対してこだわりのないユーザーからみると、#3776センチュリーはどれも同じでしょう!?と思われるかも知れません。たしかにカラーバリエーションだけが異なるモデルであれば、そのとおりなんですが、この「シルエット」は本体にサンドブラストという加工がほどかれていて、指で触れたときの感触がオリジナルの#3776センチュリーは大きく異なります。
パソコンで例えると、キーボードの打鍵感がそれぞれ異なるような感覚といえばわかりやすいでしょうか?
このサンドブラスト加工をもっともシンプルな表現というと、表面のザラザラ感といっていいかもしれません、ただし荒削りな感覚ではなくきめの細かい加工で、指にフィットするというよりも、購入してすぐ指に馴染むような感じが、伝わってきます。
コラムでも書きましたが、現在このサンドブラスト加工ができる職人が少なく、近年この加工を施して発売されたモデルはなく、シルエットはその意味でも貴重な存在といえる1本に仕上がっています。

カメラマン泣かせなアイボリー


 ひと目見てわかるように、シルエットはグレーとアイボリーのバイカラーを組み合わせたモデルです。
黒い万年筆のような、重たい雰囲気や高級筆記具さを押しつけない、フレンドリーな佇まいで使い手の男女を分けるようなこともなく、ジェンダーフリーな万年筆です。
今回の記事では、撮影用に事前にサンプルをお借りしたのですが、このアイボリーという色は撮影が難しく、チープ感が全面に出てしまうやっかいなカラーで、ラインティングには苦労した撮影になりました。
断っておきますが、私はカメラマンではなくライターというポジションでお仕事をさせていただいいるので、本職ではありませんので、粗が見えてもご了承ください。
(とはいえ、近年執筆に仕事には撮影込みと案件も多いので撮影の勉強もしております)

シルエットの由来


 コラムの執筆に際して、カタログに記載されているスペックやサイトに掲載されている情報を書くコトが仕事ではなく、主題をテーマにライフスタイルをイメージさせることと思って執筆しています。
そのため、いろいろな角度から検証していくと面白いネタが転がり込んで来ることがあります。
今回、シルエットの言葉を検索してみると、実は人名から由来された事を知りました。
シルエット=はルイ15世がフランスを治めていた頃の財務大臣で、ルイ14世がはじめた対外戦争で経済が逼迫して、財政のやりくりをして人物です。
当時、貴族は自らの肖像画を描かせることがステータスだった時に、高価な絵の具(具材)を慎むようお触れを出して、輪郭を黒一色で埋める影絵のような絵を推奨したことで、この画法が「シルエット」と呼ばれるようになったという逸話が今に伝わっています。
フランスの王政は、次の代ルイ16世で終わりを告げる、フランス革命の時代に入っていきます。
この記事を執筆しながら、この後のフランスがどうなったのか?フランス革命ってなんだったのかが気になって、「物語フランス革命」足立正勝著 発行中央公論社、を読み始めました。
「マリー・アントワネット」「ギロチン」「ナポレオン」といった、ざっくりしたイメージしか持っていなかった私には、いい勉強になった1冊を紹介して、今回の編集後記のペンを置きます。

ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆シルエットとフランスの財務大臣エティエンヌ・ド・シルエットがどう繋がるのか?それはナガサワ文具センターのサイトでお楽しみいただければ幸いです。

参考資料 

「物語フランス革命」中央公論新書

ナガサワ文具センターコラム

文具の部屋 神戸からの手紙はこちら


関連記事

年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版[文具]

お世話になったあの人に年賀状を万年筆で書いてみよう2023年版 万年筆で年賀状を書いてみよう[/

記事を読む

趣味の文具箱VSナガサワ文具センターが語る万年筆インク対談[文具]

ナガサワ文具センター茶屋町店万年筆サミット 2015年12月5日〜7日までの3日間、大阪梅

記事を読む

ペリカンの低価格万年筆、ペリカンTWIST魅力再発見![文具]

ペリカンから発売されているリーズナブルな万年筆、ペリカンTWIST魅力再発見! 万年筆の管理

記事を読む

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2019年12月東京で開催された

記事を読む

TWSBI GO日本上陸!スプリング機構のインク吸入ははじめての体験[文具]

TWSBI GOで初めての体験するスプリング式インク吸入の便利さ TWSBI TWSBIは台

記事を読む

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万年筆インクが大ブーム 万年

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

台湾の万年筆TWSBIからまったく新しいスタイルのSWIPEが登場[万年筆]

台湾のTWSBIから新しいインク吸入スタイルの万年筆SWIPEが登場 TWSBIの2021年新モ

記事を読む

もう迷わない?万年筆とインクを紐付けするUNUSのスマートタグ![文具]

もう迷わない?万年筆とインクを紐付けするUNUSのスマートタグ! UNUSスマートタグ[/cap

記事を読む

3にまつわる文房具[コラム]

3にまつわる文房具 「3」という数字は生活の中でもよく使われる「言葉」です。 三強・三巴・三寒四

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シャープ替芯ケースのトレンド考察[文具]

シャープ替芯ケースについての考察  ボクが子どもの頃のシャープ替

三菱鉛筆シャープ替芯詰替に100本入った「uni替芯S」モデルが登場[文具]

三菱鉛筆シャープ替芯詰替用に100本モデル登場 それ先に出してよ

開くとトレーになる?ポーチ・デザインフィルのペントレーポーチ[広告]

デザインフィルのペントレーポーチ  MIDORIのブランドでも知

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品[旅文具]

青森で買って来たご当地クリップが秀逸!自分へのお土産に嬉しい逸品

ゼブラのぶれないボールペンブレンに4色シャープペンシル付きモデルが登場[文具]

ぶらないボールペンブレンに4色+シャープペンシルモデルが登場 春

→もっと見る

PAGE TOP ↑