*

ANKER Power Port4でスマホもタブレットもどこでも安心充電!場所をえらばないUSB ACアダプターは現代の必需品[ガジェット]

ANKER PowerPort4でいつでもどこでも安心充電!

ANKER Power Port4

ANKER Power Port4

便利な世の中になりました

・携帯電話の充電器
・デジタルカメラの充電器
・音楽プレイヤーのACアダプターなどなど。

ひと昔以前までなら、それぞれの規格がバラバラで、ちょっとした旅行の時には全部のACアダプターと充電ケーブルを持って出かけないと、旅先がとても不安でした。
いまでは、そのほとんどのデジタルデバイスがUSB出力のACアダプター(以下USBアダプター)で事足りるようになりました。

そこでANKER PowerPort 4 (40W4ポート USB急速充電器)
サイズが小さいだけでなく、最大4口の充電端子を装備、さらに充電する機器を自動で判断、充電を最適化する機能を持っています。

ここがスゴイ!ANKER PowerPort 4
【1】携帯性に優れたコンパクトサイズ
【2】最大4台同時充電も可能
【3】急速だけじゃない先進の最適化充電

【1】携帯性に優れたコンパクトサイズ

他社類似モデルとサイズ比較

他社類似モデルとサイズ比較

CheersのUSBアダプターと比較するとデザイン的にはやや丸みのある優しいスタイル。

文具比較・・・一応文具系ブログだし(笑)

スティックのりとの比較

スティックのりとの比較

【2】最大4台同時充電も可能

MAX4台充電可能

MAX4台充電可能

スマホにiPodに携帯ゲーム機まで!?充電可能。
iPhone/ iPad/ Andoird/ Xperia/ Galaxy/ Nexus/ 3DS/ PS Vita他対応

【3】急速だけじゃない先進の最適化充電〜PowerIQ & VoltageBoost搭載〜
PowerIQはデバイスの充電特性を認識して最適な出力を行う機能
VoltageBoostは使用されているケーブルの抵抗を検知して電圧を僅かに上げて急速充電

ポイント

旧モデルからの改良点まとめてドン!
・ボクの使っているCheeroでは、USB端子の電圧が決まっていて、ココにはiPhone・ココはAndroidというふうに、それぞれの端子の役割が固定されていた事。PowerIQならどのUSB端子に差し込んでもノープロブレムです。
・メガネコードがなくなって、折りたたむコンセント式でさらにすっきり。パーツが少ないことは良いことだ。
・新型だからさらにパワーアップで快適充電。

こんな方にオススメしたい

【1】複数の機器を毎日使っている人
最近の機器(デジタル家電)は便利ですが、バッテリーの消耗が早いのが玉に瑕。
スマホなんかその最たる例です。
【2】家族の多い方
ひとりなら付属のACアダプターでなんとかしのげるかもしれません。
でも奥さんや子どもさんが多い家庭ならリビング(居間)にこれ一つ置いておくととても便利。
【3】職場で複数の機器を充電される方
職場デスクのパソコンから充電している方もあるかもしれません、そんな人はタブレットもお持ちのはず、さらには仕事用のポケットWifiもあれば、高速・最適充電可能な機器が急な外出時にもあなたの役に立てるはず。
【4】出張・旅での充電機器がおおい方
出張や旅行先のホテルって意外とコンセントが少ないので、ひとつのコンセントから複数の機器に一度に充電できるACアダプターは出先での心強い味方です。

USBACアダプターが利用できる機器データ

スマートフォン
iPhoneなどほとんどの携帯電話

タブレット
iPadやXperia™などタブレット、まれに2Aの電圧が必要なモデルがあるので専用充電器(ACアダプター)が必要ですが、ANKER PowerPort4なら問題無く対応。

パソコン
Apple MacBook(2015年発売のニューモデル)USBーC規格を採用したのでUSBACアダプター(専用)から充電可能。ANKER PowerPort4でも可能?まだ実証実験していなので手に入ったら検証します。

ポケットWifi
ビジネスマン・ノマドワーカーの必需品。カフェのフリーWifiでデータのやりとりをしたくない(セキュリティの為)場合これが手放せません。

携帯ゲーム機器
PSP系・DS3なんかも充電可能です、最近はスマホでゲームを楽しむ人が増えたようですが。

コンパクトデジタルカメラ
例)SONY RX-100シリーズ。ボクも愛用しているコンデジ、取材の時にはサブカメラとして大活躍。
これがUSBアダプターで充電できるので、ちょっと休憩のカフェのコンセントを利用してバッテリー切れの予防になります。

ミラーレス一眼レフカメラ
例)SONY α7シリーズ。コンデジだけでなく、ついにフルサイズ一眼レフ(ミラーレス)カメラがUSB
アダプターから充電できる時代が訪れました!これには驚きました。

ポータブルスピーカー
小型のスピカーは以前からありましたが、最近ではBluetooth(無線接続)スピカーの高音質モデルもUSBアダプターに対応しました。
例)SoundLink® Mini Bluetooth® speaker II

 

実測充電データ

ANKER PowerPort4を使ってiPhoneを充電してみました。
iPhoneはバッテリー20%の状態から充電でスタート

20%を切った状態で充電開始

20%を切った状態で充電開始

所感・・・80%暗いまではぐっと!行く感じのスピードでゴール間際にややゆるやかなスピードになった感じ。
そして約2時間後

2時間でフル充電完了

2時間でフル充電完了

この他iPadAirで充電した結果は約3時間を要しました。
iPadAirのバッテリーは8,773mAhこれが20%の状態だと7,018mAhを3時間で充電したことになります。
iPhone6のバッテリーは1,810mAh、同様に20%状態からだと1,448mAhを充電。
1時間当たりの充電容量がiPadの方が大量に充電されていることになります。

iPadAir 7018mAh÷3h=2339mAh/1h
iPhonn6 1448mAh÷2h=724mAh/1h

これが充電最適化の結果ということなのですね。

初心者でもわかるまとめ

家電製品はコンセントに差し込めばだれでも使えるの当たり前。
冷蔵庫もトースターも取り扱い説明書を読まなくてもだれも使えるはずです。
とはいえ、電子化・コンピュータ制御とななんとか・・・の電気製品の搭乗で取り扱い説明書がやたら分厚くなりました、まぁ便利にはなったんですが、ボクはいまだに家の全自動洗濯機がうまくつかえません(笑)
このANKER PowerPortは、本体をコンセントに差し込んで、自分が使っているスマホやタブレットをケーブルでつなぐだけでOKです。
そんなの当たり前でしょ!
お使いの機器が一つだけなら、付属のUSB対応のACアダプターでなんの問題もありませんが、いまやUSB対応の機器が増えて、なんでもかんでも同じ端子から充電できます。
その度に、付属のACアダプターを探して使いますか?
同じだから、別のACアダプターでもいいや!って思うのが人情ですね(*^_^*)
ところが、個々に微妙に電圧とか違っていて必ずしも100%の性能を受領できません。
なにも考えずに使えるACアダプターこそ、21世紀の家電製品だと思うボクです。

ANKER PowerPort 4 (40W4ポート USB急速充電器)


関連記事

かわるビジネスリュック、山好き人間が見たその性能[ガジェット]

かわるビジネスリュック、山好き人間が見たその性能とは? ひらくPCバッグやや小さい財布などで知られ

記事を読む

見せてもらおうか、SIMカード付き雑誌の性能とやらを(笑)「デジモノステーション」SIMCARD付き雑誌[書評]

デジモノステーション1月増刊号「SIM PERFECT BOOK」 出版業界でも初とな

記事を読む

いざという時、旅にも災害時にも役立つ、マイアメニティモジュール!

先日石川県のビジネスホテルに宿泊してビックリしました。 なんと、歯ブラシ・歯磨き粉・ひげそり(

記事を読む

初心者でもわかる!新型MacBookってどこが凄いの?[Apple]

いよいよ2015年のAppleの新製品が発表された。 ほぼ噂通りの新製品が正式にリリースされた

記事を読む

唐戸市場から門司港食べ&歩きの旅[旅]

唐戸市場から門司港食べ歩きの旅 唐戸市場 関門の台所とも呼ばれる下関・唐戸市場は河豚(下関で

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

横浜からバスに乗って京都に着いた♪ハーバーライト号乗車記[旅]

ハーバーライト号 関西と横浜を結ぶ、JR高速夜行バス「ハーバーライト号」 本数は少ないれど、神奈

記事を読む

はじめての台湾〜準備編〜[旅行]

はじめての台湾〜準備編〜 2016年今年も台湾に行くことになりました。 日本からわずか3時間

記事を読む

TULLY’s Coffee(タリーズコーヒー)神戸北野異人館の穴場なカフェ[カフェ]

TULLY's Coffee 神戸北野坂店 Tully'scoffee北野坂店[/capti

記事を読む

プレミアムドリーム号でプレミアムな一夜を。[旅]

プレミアムドリーム号 JRが運行する、高速夜行バス「プレミアムドリーム号」 一晩バスの中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑