*

Manfrotto 旅につれて行きたいポケット三脚[旅]

公開日: : 最終更新日:2015/10/07 デジタルガジェットモジュール, 旅行

Manfrotto ポケット三脚L MP-3BK

IMG_5578

ひとり旅のときに、ちょっと困るのは自分自身が入った写真が撮れないこと。
ひとりに限らず、ふたりでも2〜4人でも、まぁ数が多ければ交代で撮りあうこともできますが、少人数の時はなにかと不便です。

最近はとても便利な道具が発売されています。

自撮り棒

(最近の言葉でしょうか?パソコンの日本語変換ATOKで漢字変換では「地鶏棒」としか変換してくれませんw)

自撮り棒

自撮り棒

スマートフォンとBluetoothという通信機能(ワイヤレス)で離れた場所からシャッターを切ることができて、最近の観光地でよく見かけるようになりました。

コレを使えば、旅先でも大丈夫!・・・?
でも、それほど「自分撮り」なんかしないのに、わざわざ鞄に入れるのも邪魔だし、なによりオジさんがひとりで「自分撮り棒」使う光景は自分でも見たくない(笑)

さらに、オジさんがこんな長いものを持つと

ライトセイバーとか・・・

ライトセイバーとか・・・

になりきったり。

あっ!ビームサーベル持ってないw

あっ!ビームサーベル持ってないw

の、マネをしてみたり・・・まるで子供です。

そこで、Manfrotto ポケット三脚L MP-3BKです。

Manfrotto ポケット三脚 MP-3BK

Manfrotto ポケット三脚 MP-3BK

特徴

コンパクトデジタルカメラやミラーレスカメラに使える、高性能な超薄型携帯ポケット三脚。
ラバー付きの脚は滑りにくく、3本それぞれの脚の角度を自由に変える事ができ、やや不安定(不整地)でも使用することが可能。
金属製構造と強力なスプリングで構成されているので、カメラをしっかりと安全に支えてくれます。
三脚ネジ穴は一般的な1/4インチを採用、市販されているデジタル。フィルムカメラに対応しています。

注意

メーカーではデジタル一眼レフにも対応(パッケージ写真にも)とありますが、ボクのNikonD-7200では支えきれませんでした。
軽いデジタル一眼レフかミラーレスカメラ向けだと思います。

Manfrotto ポケット三脚Lの使い方

その1

形態1

形態1

この状態から、3本の脚を展開(ひろげ)させます。

脚を全開

脚を全開

その2

ネジを締めます

ネジを締めます

カメラの三脚穴に、Manfrotto ポケット三脚をネジで締めて固定します。

その3

完成!

完成!

完成!これで完了。自由に記念写真、自分撮りを楽しめます。

外観

手のひらサイズ

手のひらサイズ

ボールペンとサイズ比較

ボールペンとサイズ比較

もちろんスマートホンにも使えます。
意外にこっちの方が格好良かったりして・・・

上から目線

上から

上から

下から目線

下から

下から

本体のみ
脚を開いた状態
IMG_5546
まるでガ〇ダムに出てくるモビルアーマーみたい。

コンパクトデジタルカメラから見たサイズ

コンパクトデジタルカメラから見たサイズ

ここがちょっと不便!

携帯性を優先しているために、Manfrotto ポケット三脚とカメラをネジで固定する際に、コインのようなものを使わないと行けない点。
指でネジを締めようと試してみたけど、指先が痛くて最期まで締め切れません。(チャレンジャー求むw)
ということは、常にコインのようなモノを持ち歩く必要があります。
まぁお金を持たずに出かける人はいないと思うけど・・・
そこでソリューション!
Manfrotto ポケット三脚の脚の間にコインを挟み込んで持ち歩く方法をオススメ。
もしくは、ずっとカメラとつけたままというのもありです。

コインを挟み込む

コインを挟み込む

意外にしっかり固定されるので、隙間でカラカラと音がなったりしません。

外でつかったイメージ
IMG_5612

データ

Manfrotto ポケット三脚 MP-3BK
Manfrotto (マンフロット)
対応 最大荷重 800g 最大レンズ焦点距離85mm 最大合計重量 1500g
全伸高:4 cm
最低高:1 cm
本体自重:68g
保証 5年間(オンライン登録)

使えます!的まとめ

写真を撮ったり、記念撮影をするなら、やはりちゃんとした三脚を持って行くことをオススメします。
が、日常やひとりでぶらっと出歩くときに、気軽に持ち歩ける三脚(のようなモノ)があるとやはり便利。
ボク自身、昔の(若い頃)ように自分撮りはしませんが、この旅行で自分がどんな格好(服装・装備)で出かけたのかは、次回以降の参考になるので、1枚程度撮るようにしています。
「旅の恥はかき捨て」という方には、オススメしませんが、オジさんになると世間体やら体裁というものが付いてまわります。
ひとつ間違えると「変なヒト」に見られてしまうので、一応気を使っています(笑)
このManfrotto ポケット三脚なら、鞄やバッグの隙間やポケットに収まるので、持ち歩く時には苦にならないのが最大のアドバンテージでしょう。
どうしても、この三脚が使えない環境なら・・・素直に近くのヒトに頼みましょう。
それも旅の楽しみ「コミュニケーション」です。

オマケ

「それでは先生、さいごに一言お願いいたします」

いやそんな事は・・・

いやそんな事は・・・

Manfrotto ポケット三脚 MP-3BK


関連記事

奈良で人気かき氷のお店ほうせき箱[旅]

こおりとお茶のおみせ ほうせき箱 奈良には古来より食べる涼がある。 In Nara ther

記事を読む

京都河原町に丸善書店復活!「檸檬」の本屋が京都へ帰ってきた。[旅]

丸善 京都本店が10年振りに復活 株式会社丸善ジュンク堂書店は京都地区最大級のカフェ併設書

記事を読む

旅に日本手ぬぐいを!オススメしたい7つの理由[旅]

旅に日本手ぬぐいを オーソドックスな日本手ぬぐい[/caption] 旅に限らず、出張などでも

記事を読む

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅[旅]

WILLERバスで行く大阪ー小倉の夜行バスの旅 大阪ー九州はJR新幹線の便数も多くて、出張

記事を読む

いざという時、旅にも災害時にも役立つ、マイアメニティモジュール!

先日石川県のビジネスホテルに宿泊してビックリしました。 なんと、歯ブラシ・歯磨き粉・ひげそり(

記事を読む

ケーブルモジュールで鞄すっきり!プロジェクト?[ガジェット]

ケーブルモジュールで鞄すっきり!プロジェクト? 1993年IBMから発売されたThinkP

記事を読む

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 2018年9月東京ではじめてインタ

記事を読む

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

信州上田・刀屋 年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎

記事を読む

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」 映画の楽しみ方はひとそれぞれですが、映画の内容

記事を読む

門司港ホテルでいつもと違う贅沢な時間をすごす北九州の旅[旅]

門司港ホテルは旅の疲れを癒やす快適な宿 門司港ホテル JR門司港駅から徒歩3分、門司港レ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑