*

旅ログノートのススメ〜きょうから出来るライフログ入門〜 [講演]

公開日: : 最終更新日:2014/12/03 ノート術, 旅行

旅ログノートのススメmini講演

IMG_0282

11月30日大阪梅田CafeTIPO8さんをお借りして、かねてから取り組んでいる「旅ログ」についておはなしをさせていただきました。

旅ログというのはボクの造語で、「旅ノート」は書籍ですでに発売されていますし、「旅日記」というのも、別の方がその名前を使われていたので、今回は「旅ログ」という名称にさせていただいた次第。

MOLESKINE Voyageur

MOLESKINE Voyageur

レジュメ

  • 旅ログノートススメ
  • そもそもログってなに?
  • なぜログをつけるのか?
  • ノートの選び方
  • ログの付け方
  • ログに必要な、あると便利なツール

ここですべてを記すことは、有料参加者の都合できませんが、さわりを少し。

そもそもログってなに?

言葉の語源とはLogは航海日誌

船長が船の航海記録記した日誌をログと呼んでいたことがはじめと聞いています。

今の時代であればブログなどが有名(Weblog)からBlogとなって、意識しないところで、logに慣れ親しんでいるはずです。

なぜログをつけるのか?

人間の記憶というのは、期間が短いほどより鮮明に記憶していますが、時間の経過とともに、段々と新しい記憶の下に埋もれていきます。

かといって、まったく記憶そのものが失われるのではなくて、記憶の引き出しから取り出しにくくなるそうです。

じゃあ、どうやったら引き出ししやすくなるのかというと、記憶を引き出すためのインデクスをつけてあげる事です。

ログの付け方

想い出のトリガー

想い出のトリガー

つまり、記録することがトリガーとなって過去の記憶から現在に引きもどす事が可能になります。

ログをつけるときのポイントとは、トリガーとなるキーワード「タグ」をつけること。

  • 日付時間 Time
  • 場所 Place
  • 誰 Who

「タグ」にはまず普遍的な実数(数字)や固有名詞をつかいます。

2014年11月30日は、明日でも30年後でも2014年11月30日です。

場所や人名なのど固有名詞も原則普遍です。

例)

  • 2014年11月30日(日曜日)12:00
  • 大阪梅田ABレストラン
  • 大阪太郎・奈良鹿子さん
  • ランチバイキング

といったように、日時・場所・誰と・何をという「タグ」つけて、「タグ」が複数あれば、より記憶を呼び起こせるになるはずです。

さらに「形容詞」「自分の言葉(主観・感想)」などの「タグ」を加えると・・・

例文
「握り拳ほどの大きさの牡蛎(大きさをイメージさせる)を鹿子は4つも平らげた(実数・鮮烈な記憶)、やっぱりあの娘は人間を超え胃大な・・偉大な人間だ(主観・感想)」

よりイメージしやすい表現になったはずです。

嘘を書くわけではないけれど、そもそも他人に見せることを前提にしているノートではないので、多少の誇張やおもしろおかしい表現はあってもいい表現手法のひとつといえます。

データベースとしてのログ

ログは記録であって、ベクトルは過去へ向いています。

未来のログというのは、言葉的に矛盾があるかもしれませんが、未来のためのログというのは、誤っていない表現です。

人間の反射行動の多くは、過去の経験則から瞬時に身体が判断して行動しています。

反射的に身体が反応するのは、思考(脳)より早く身体が反応した結果です。

条件反射ではなく、思考の末の判断は過去の事例を脳が考慮・参考にして決める事ができます。なんのヒントもなく判断するの根拠がありませんが、過去の記録(ログ)があれば、次の行動の判断基準にする事ができるはずです。

たとえば、「来年2月に北海道へスキーへ行く事なった」場合ヒントになる「タグ」は

”冬””北海道””スキー””2月”です。

もし、北海道が初めてでも、”スキー”のタグから過去のヒントが得られるかもしれません。
”長野”や”岩手”の地名や”耐寒登山”などもキーワードタグになるかもしれません。

まとめ

ボクにとって「ログ」とは、すなわちデータベースです。

「ログ」をつける時には、より多くの”タグ”をつける事で、未来に役立てる「ログ」がつけられるはずです。

「ログ」の目的が、楽しい記録であってももちろんOKです。

このさき役に立つ「ログ」にするためには、いくつかのポイントがあり、そのポイントをしっかり押さえて書かれた「ログ」は、あたなに未来に必ず役立つ羅針盤になるはずです。

役立つ道具(ツール)に関してはまた後日紹介したいと思います。

今回利用させていただいたお店
CafeTIOP8
大阪市北区中津5丁目2番9号
TEL: 06-6136-3184
OPEN:〈平日〉8:00〜18:00/〈土・日〉10:00〜18:00
不定休
[mappress mapid=”18″]
 

 

 

 

 


関連記事

らーめん春友流「ようこそ奈良へ」[旅]

らーめん春友流 数年前に横浜を旅行中に何度か足を運んだことがあるラーメン屋さん。 王手チ

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

Marks IDEA NOTEBOOK EDiTは右脳人間にひらめきを授ける?[文具]

Marks IDEA NOTEBOOK EDiT(マークス アイデア ノートブック エディット)

記事を読む

大人の湯治 酸ヶ湯温泉編

湯治という言葉を聞いて、ぱっとイメージできる人は、どのくらいいるのかな? 僕の数多い旅仲間でも

記事を読む

いざという時、旅にも災害時にも役立つ、マイアメニティモジュール!

先日石川県のビジネスホテルに宿泊してビックリしました。 なんと、歯ブラシ・歯磨き粉・ひげそり(

記事を読む

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」

まちがった映画の楽しみ方「ラブアクチュアリー」 映画の楽しみ方はひとそれぞれですが、映画の内容

記事を読む

神戸異人館スターバックスで小旅行[スタバ]

神戸異人館スターバックス 神戸星巴克 北野異人館店[/caption] スターバックスが全

記事を読む

読んであなたもパリジェンヌ!「旅鞄いっぱいのパリふたたび」堤信子

旅鞄いっぱいのパリふたたび。 旅鞄いっぱいのパリふたたび[/caption] 日本一美しい

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

mont-bell(モンベル)旅に必要なモノはすべてmont-bellから教わった[旅]

旅のノウハウはモンベル先生に聞け! mont-bell(モンベル)は1975年に大阪で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑