*

モンベル 新しいマリポサトレールシューズは旅に最適最強シューズ[旅]

公開日: : 大人の一品, 旅行

mont-bellマリポサトレールシューズで旅に死角なし!

旅にもいろいろあって・・・

<ヨーロッパの山々を歩く旅もあれば、豪華客船に乗船して毎晩ダンスと食事を楽しむ旅(これは経験ないけど)、はたまた青春18きっぷでローカル線から見る風景を楽しむ旅もあるでしょう。 旅のスタイルによって、身の回りのモノは変化を余儀なくなれます。 これは旅のTPOですね、上記の例は多少?極端なお話しですが、ごく普段のスタイルで出かける旅行について考察しましょう。

それでは一般的な旅行って?

たとえば信州へ旅行に行ったとしましょう。

善光寺へ参拝

善光寺へ参拝

長野善光寺をお参りして、戸隠へお蕎麦食べに行きました。
善光寺を参拝する時は当然下足になります。
戸隠神社へ行くと奧社入口(駐車場)から奧社まで徒歩で約30分ちょっとしたハイキングを楽しむ事になります。
善光寺はともかく、戸隠神社となるさすがにヒールの高い靴だとムリがあり、ひとつ間違えると足を痛めかねません。
ひとくちに信州旅行(るるぶなどの推奨コースになっていたとしても)でも、普段からはき慣れたスニーカーのような運動靴がいちばん無難な選択になるはずです。

ここが不便です

スニーカーのようなヒモ靴だと神社仏閣に参拝する際、いちいちヒモをほどかないといけない不便さがのこります・・・
そこで!

mont-bellマリポサトレール

DSC00525

旅行に嬉しい3つの機能

  1. 靴の脱ぎ履きがとてもカンタン
  2. 安心の防水機能
  3. 滑らないソール(靴底)

靴の脱ぎ履きがとてもカンタン

リールアジャストシステムを採用、締めややすく高いフィット感が歩きやすさをサポートします。
使い方はカンタン
1.ダイヤルを外側へ引っ張ってロックを解除

ロック解除の状態

ロック解除の状態

これでワイヤが緩み、足を靴へ入れやすくなります。(履きやすい)
2.ダイヤルをポン!おさえてロックオン。

ロックが掛かった状態

ロックが掛かった状態

3.ダイヤルを回してワイヤーをしめれば誰でもカンタンに足全体をしっかりホールドしてくれます。

ダイヤルをつまんで回すだけ

ダイヤルをつまんで回すだけ

リールアジャストシステムのもうひとつの利点は、靴紐では手間のかかる「足全体」を均一化して固定することが、このシステムではとくテクニックなしで誰でもがカンタンに行える点です。
ハイキングや登山でよくいわれる「上りはゆるめ」「下山はきつめ」に靴紐を結ぶという基本がマリポサトレールならダイヤルの調整ひとつで行えます。

安心の防水機能

DSC00535
高い防水性能と透湿性を兼ね備えたゴアテックスⓇファブリスクを採用しているので、旅先での突然の雨や水たまりなんか、まるで平気です。

滑らないソール(靴底)

トレールグリッパーは湿潤状態(湿気を帯びた状態で、表面が水分で濡れた状態のこと)40°の急な傾斜でも滑らないmont-bellが開発した次世代ソール。
乾燥状態だと一般のソールに比べて摩擦係数約5倍の威力を誇ります。

ボク自身が5年間旅を共にしてきた実感です

履きやすいこと・脱ぎやすいことに加えて、防水性があることで急な天候の変化にも対応出来て、心強いことこの上なし。
さらにっていうか、もともと登山靴なので未舗装の路でもガンガン歩いて入って行く事ができて活動できるフィールドが広がります。
そして今回3代目マリポサトレールを選択しました。

とはいえ、初めてこの靴を見た人にとって不安な部分もあります。

リールシステムって、ホント大丈夫なの?

ボクもこの靴が発売された時いちばんの不安が「リールが途中で切れないか?」ってことでした。

歴代のマリポサトレール

歴代のマリポサトレール

すでに5年以上この靴をはき続けてきましたが、一度もリールが切れた事はありませんでした。
念のため初めて買ったマリポサトレールもまだ手元においてあります、ソールがヘタっている以外はまだ履けます。

ソールの改良

旧マリポサトレールのソールは登山靴では一般的な(高性能な意味)ヴィムラムソールを採用していましたが、このモデルはトレイルグリッパーを採用しているので、ソールの耐久性はこれから履きながら試してみるところです。
試し履きした時のグリップ感(滑りにくさ)は素晴らしいの一言です。

旅なれたベテランも愛用してます

DSC04201
ボクは毎年秋になると旅仲間と信州へ出かけて、秋の紅葉・新そば・新くり・温泉・トレッキングを満喫する習慣です。
いつもご一緒する旅慣れたベテラン旅ニスト?も、申し合わせた訳ではなくこのマリポサトレールでやってきます。
毎年ヨーロッパへこの靴で行く友人や、普段の通勤にも使っている友人、特別登山が趣味ではない友人まで、ボクの身の回りではとてもユーザーが多いマリポサトレールです。

リールアジャストシステムを採用したその他の靴

マリポサトレールだけではなく他の登山靴にも採用されていて、ボクが冬季旅行(積雪地)へ行く際はコチラを愛用しています。

積雪地仕様

積雪地仕様

ダイヤルひとつで靴の脱ぎ履きができるのは、特に寒冷地ではおおきなアドバンテージです。
だって、ふつうの靴紐だったら指が凍えてヒモを結べないでしょう?

旅好きにオススメしたいまとめ

旅行中で、いちばん大きな負荷を背負っているのが靴です。
体重が60kgの人なら片方の靴に30kgの加重が一日中かかるわけですから靴の苦労は並大抵ではありません。
その靴が、歩きにくかったり、水がしみてきたりするとそれだけで楽しい旅行も半減してしまいます。
旅行計画の中で少しでも「歩く」予定がある人は、ぜひ靴も一緒に検討してみてください。
よい靴は旅先での行動範囲を大きく拡げてくれるはずですから。

マリポサトレール
メーカー:mont-bell(mont-bell)
カラーMens:バートンオレンジ・チャコールブラック
カラーWomens:ディープピンク・レモンイエロー
サイズMens:24.0〜29.0cm
サイズWomens:22.0〜26.0cm
価格Mens:¥16,600-(税別)
価格Womens:¥16,400-(税別)

mont-bell公式サイト


関連記事

高度33000フィートから「いいね!」をクリック!

飛行機の中から「いいね」をクリック 2014年9月1日から、航空機機内における電子機器の使

記事を読む

ナショナルジオグラフィックで冒険の世界へ旅立とう[旅]

ナショナルジオグラフィックで冒険の世界へ旅立とう 写真を見ただけで旅に出かけたくなる雑誌。 旅行ガ

記事を読む

はじめてでも迷わない小豆島の遊び方・食べる編[旅]

おいしい小豆島の食べ方 小豆島はうどん県・讃岐うどん 忘れてはいけません、小豆島は香川県です。 香川

記事を読む

カキモリスキン!?は究極ノート#おとなの文具

東京にある文具の有名店「カキモリ」 文具ファンの間では、自分で作るノートブックとして評判なお店

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

ハリマウス? #大人文具

ハリマウス?という文具がある。 針マウス?って、ホッチキスかなにかと、おもったらいわゆ

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

ナガサワ文具センター キャップレザーマルチロールペンケース7本差しペンケースが収納ポケットを装備して新登場[文具]

キャップレザーマルチロールペンケース 一般文具だけではなく、自社オリジナルブランドを販売し

記事を読む

京都・京野菜を堪能できる中華のお店 大傳月軒[食事]

京都・京野菜を堪能できる大傳月軒 京都四条と五条の間、鴨川と並ぶ木屋町通りに、歴史を感じさ

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カンミ堂から発売された&Note アンドノートで旅ノートを作って見たい[旅ノート]

旅するノートブックの相棒に加えてみたいカンミ堂&Noteアンドノート

TWSBI万年筆ダイヤモンドに新色エメラルドグリーンが登場!

TWSBIダイヤモンド580ALに新色エメラルドグリーンが登場!次の1

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取

→もっと見る

PAGE TOP ↑