*

ダイアミンからラメ入りシマーリングインクが10色揃って発売![文具]

公開日: : 万年筆インク, 文具

ダイアミンシマーリングインク

IMG_6890

ダイアミンは1964年に創業したイギリスの老舗インクブランド。

私が知る限りカラーラインナップは世界一!?定番カラーも100色を超え、日本では店頭でダイアミンのインクを見る機会も少ないブランドのひとつ。
そのダイアミンから2015年秋に新たなシリーズ「シマーリングインク」が全10色で発売になりました。

シーマリング

全10色のカラーラインナップで登場した「シマーリングインク」の最大の特徴は、日本では「ラメ」と呼ばれる事が多い金粉・銀粉がインクのなかに含まれている点です。
「シマーリング」は”キラキラと輝く光”を意味します。
全10色をざっと紹介

1.ナイトスカイ

IMG_6881
オーソドックスな黒をベースに銀粉が散りばめられたインク

2.ブルーパール

IMG_6883
深いブルーに輝く銀粉は、夜の海に輝く波のイメージ

3.シマーリングシーズ

IMG_6880
ダーク系のインクにきらめく金粉は007「ゴールドフィンガー」を連想される高貴な輝き

4.ブルーライトニング

IMG_6884
明るいブルーに銀粉が織りなす風景は春先に輝く海のイメージ

5.パープルパサーズ

IMG_6888
紫をベースに金粉が輝きを放つセクシャルヴァイオレットな佇まい

6.ブランデーダズール

IMG_6886
オレンジがかったカラーに金粉がきらめくホットな雰囲気、ダズールもまた輝きを意味する言葉

7.レッドラスター

IMG_6885
冷たさと暖かさを重ね持つ「赤」に金粉が光を添えます

8.ゴールデンサンズ

IMG_6887
イエロー系のインクではとても鮮明で、太陽のような輝きに金粉が良く似合うインク

9.マジカルフォレスト

IMG_6889
深いグリーンは新緑の明るい森のイメージ、銀粉は雨上がりの広葉樹に反射した太陽の光のまぶしさを覚えます。

10.スパークリングシャドウズ

IMG_6882
グレー系インクに散りばめられた金粉は印象派の絵画を彷彿させる輝きを放ちます

全色の色見本

イラストレーター白瀬北斗さんのノートから

イラストレーター白瀬北斗さんのノートから

万年筆に使って大丈夫!?

文具に詳しい人なら「ラメ入りインク」と聞いて、普段使っている万年筆にこのインクを入れて使って大丈夫なの?という疑問が浮かびます。
万年筆の構造からみるとインクの他に「金粉」「銀粉」など(万年筆からみれば不純物)含まれたものはインク詰まりの原因になります。
ボク自身が実際に経験した事でも、ニブ(ペン先)から入りこんだ紙粉がインクを吸って膨張・固まった結果インクの流れを妨げて書けなくなった事がありました。
ましてや「金粉」「銀粉」なんか、あきらかに「詰まりそう!」というイメージがカンタンに頭の中で膨張します。

ラメ(銀粉)が底に沈殿している様子が見えますか?
IMG_8040
IMG_8044

実験結果

年賀状のこの季節に約20日間の期間、セーラー万年筆「筆DEでまんねん」という万年筆を使ってみました。

  • 用途:年賀状の宛名書き
  • 期間:12月20日~1月8日
  • 使用したインク:ダイアミン・シマーリングインク「ナイトスカイ」
  • 使用条件:期間中インクを入れて状態で保管
  • 保管条件:室内冷暖房内のマンションの北向一室(寒いぞ)でペン先を上にして立てた状態

今回使用したシマーリングインク「ナイトスカイ」

ナイトスカイ

ナイトスカイ

上記の条件で使用した結果

問題無く他の万年筆同様使えました。

筆記に使用した紙は年賀状だけ、また宛名書きも毎日行った訳ではなく「保管条件」の状態で最長5日間放置しましたが、この記事を書いている2016年1月9日現在問題無く筆記する事ができました。

まだまだ書ける!

まだまだ書ける!

Caution!(注意)

今回の条件下では問題無く筆記が可能でした。
が、やはり他のインクと比較して「詰まり」が起きやすいインクであることは自明なので、長期間使用しない(放置状態)場合は一度洗浄する事をオススメします。
もっと理想的な使い方は、ガラスペンやつけペンを使って書くのが安心かもしれません。

How to USE?的まとめ

日常的に日記を書く人ならHappyな事があった時、なにか強調をしたいときにもインパクトがある表現ができるでしょう。
また、お祝い事やメッセージカードにも最適、さらにイラストやカリグラフィーをするにはさらにうってつけなインクです。
ボクの場合「ナイトスカイ」を使って年賀状の宛名書きをして文具好きな友人に送ってみました。
最近ではプライベートにおいて書く事を楽しみ(趣味)にされている人たちも増えてきました。
決して他人に見せるためではなく、個人の日記やログとして楽しく使う事ができる筆記具や今回のシマーリングインクは、そういった人たちの意欲を駆り立てる文房具のひとつといえるでしょう。

ダイアミンシマーリングインク

関西ではナガサワ文具センターが取り扱っています。

関西ではナガサワ文具センターが取り扱っています。

万年筆インク
メーカー:ダイアミン
商品銘:シマーリングインク
色:全10色
発売:発売中(発売は2015年11月頃)
容量:50ml
価格:2,200円(税別)

取り扱いの店舗が限られているのでAmazonを利用するのも便利です。

今回使用した「筆deまんねん」はこちら
1本で細くも太くも書ける万能?万年筆、筆のようの使い方が可能です。


関連記事

ネオクリッツ 新しいネオクリッツはここが凄い![文具]

新しいネオクリッツはここが凄い! 最近はスターバックスコーヒーなどのカフェで学習や手帳を拡げて

記事を読む

G-FREEで書きごこち新体験[文具]

G-FREE G-FREEはセーラー万年筆が2014年12月に、発売した新体験?ボールペン

記事を読む

神戸インク物語の新色は地元のカフェとのコラボした「旧居留地コーヒーブラウン」【文具】

神戸インク物語から105色目は、地元のカフェラヴニールとコラボした素敵なコーヒーカラー

記事を読む

これは使える!シヤチハタページナンバースタンプ。

シヤチハタページナンバースタンプ ノートにページNoを付けたり、カードにナンバリングするのは至って

記事を読む

ひとつで2役!ネオクリッツに入れておきたい5つの道具

立つペンケース コクヨネオクリッツ 日常持ち歩きの文具モジュールにオススメしたい一品。

記事を読む

万年筆インクノートのススメ![文具]

万年筆インクが百花繚乱 万年筆のインクって「ブラック」「ブルーブラック」「ブルー」くらいだ

記事を読む

プラチナ プレスマン定番文具の魅力再発見[文具]

プレスマンはコスパ最高のお買い得文具 シャープペンシル戦国時代 プレスマンはプラチナ

記事を読む

いつものノートがグレードアップ!伊東屋オリジナルノートカバー[文具]

伊東屋オリジナルノートブックカバー 東京銀座の伊東屋 文具ファンにはお馴染みの銀座の老舗

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

紳士な大人に持ってほしい、3本差しキャップケース

ナガサワ文具センター製 3本差しキャップケース 先日、ある放送作家の方のFacebook

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベスト

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

→もっと見る

PAGE TOP ↑