*

LAMY ダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆[文具]

公開日: : 万年筆, 文具

ラミーダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆

DSC_1592

LAMY(ラミー)はドイツらしさが染み渡るペンブランド。

LAMYはラミー2000に代表されるシンプルでありながら飽きの来ないデザインが特徴。
またラミーサファリは低価格でありながら、書き味の良さと多彩なカラーバリエーションが人気でお気に入りの万年筆インクの数だけ所有したくなる、愛らしさを兼ね備えています。

キャップレス万年筆

2015年から店頭を賑わうようになったキャップレス万年筆。
その名の通り、筆記の際にキャップを取り外す必要なないため、ノック式ボールペンのようにワンステップで使う事ができる、速記性にも優れた万年筆です。
国内ではパイロットの「デシモ」が大人気、限定版のデザインも多数発売されています。

キャップレス万年筆のメリット&デメリット

メリット

速記性に優れていてペンを取り出してワンノックで書き始める事が可能。
普段から使い慣れているノック式ボールペンと同じ感覚で筆記できるので「万年筆」っぽくなくて好きというユーザーの声もあるほど。
残念ながら今日紹介するLAMYダイヤログ3はノック式ではありませんが、昨年から急に人気上昇中のキャップレス万年筆パイロット「デシモ」はノック式の代表格です。

デメリット

インクが乾燥しやすく、従来のキャップ式に比べて使用しない状態で放置しておくと、インクが入っていても「書けない!」なんて言うこともしばしば。

デザイン

デザインは好みに差があるので、メリット&デメリットの判断はしづらいですが。
クリップの位置で判断すると、従来の万年筆と比べると上下が逆になる。

こういった点は好き嫌いが分かれるポイントですが、選択肢が増える事に関しては嬉しいかぎりです。

ラミーダイヤログ3

DSC_1582

2009年の発売されたLAMY発のキャップレス万年筆
スイスのデザイナーフランコ・クリヴィオが手がけた斬新なデザインの万年筆。
文具ファンなら何かに似ている?と思う方も多いのでは。
ラミーの人気ボールペンラミーピコをデザインした方でも知られています。

キャップレス構造

天冠(てんかん)の位置にはなにやらシャッターのようなドームのようなフタが見えます。
DSC_1571

万年筆本体をゆっくり回転させると、フタに相当する部分が回転して開いていきます。
DSC_1572

万年筆本体を180°回転させることでペン先がせり出してくるギミックにちょっと興奮を覚えます。
DSC_1574

クリップにもこだわり

ペン先を収めた状態、つまりキャップをした状態では、ポケットにしまうときに便利なように万年筆本体とクリップとの空間が少し隙間が開いた形状です。
DSC_1587

ペン先(ニブ)が繰り出し筆記モードにトランスフォーム?した状態では、クリップが本体側に沈み込み、筆記の際にはクリップと本体が一体化した形状になります。

ペン先が出るとクリップは本体に沈む構造です。

ペン先が出るとクリップは本体に沈む構造です。


わずか数ミリの変形ですが筆記の際、クリップが開いた状態よりも手にしっくり馴染む感じがします。
クリップが一体化するといっても、完全に起伏のないパーフェクトな筒状になるのではなくて、クリップ部分は隙間がなくなるだけで、デスクで使っている時に転がって下に落とす心配はありません。
また、筆記時には親指・人差し指に当たるのでペンの固定し易さにもひと役買っています。

DSC_1579
筆記の先には便利なクリップ位置になります。
これも、他の万年筆にはない特徴ですね。

エンブレム

本体に描かれたLAMYのロゴ、パラジュームコートされたボディーにひときわ輝いて見えます。
DSC_1568

ダイヤログ3のメリット&デメリット

メリット

パイロットのデシモなど、キャップレス万年筆はスリムなタイプが多く携帯性にはとても優れています、反面長時間の筆記では多少疲れが出やすくなります。
(ペンが細い場合、ペンを固定するために無意識に指先に力がかかってします)
ダイヤログ3ずっしり重いヘビー級?(ほどでもないけど)やや重量感のある万年筆です。
ゆえに、ホールドのし易さと疲れにくさというメリットがあり、万年筆本体が重いということは筆圧が軽くても筆記しやすい事でもあります。(個人差はあるけど)

デメリット

やはり一番に挙げられるのは「ペン先・インクが乾きやすい」という1点。
ペン先の密閉性という点では、キャップ式万年筆にはやはり劣ってしまいます。

ダイヤログ3がスキになるまとめ

デメリットで挙げた「ペン先・インクが乾きやすい」という事は、使っている限りはその心配は少ないという事になります。
手のかかる相手こそ可愛さが増すのか、痘痕も靨(あばたもえくぼ)なのか?

筆記の際、ペンケースから取り出す、万年筆をひねりペン先を繰り出すギミックはキャップ式万年筆では味わう事ができない、儀式(セレモニー)を体感する幸せを感じにはいられません。
例えるなら、レコード盤を紙のジャケットからそっと取り出して、レコードプレイヤーに乗せる作業のような感じです。
レコード盤に針が乗って音楽が流れ出すのは、ペン先が紙の上に触れて文字を奏でるのとホントよくにています。
実際に筆記してみると、サイズ・重さ・書きやすさのバランスも良く、使えば使うほど、一緒にいれば一緒にいるほど愛情が増す万年筆です。
ひとつ心配なのは、万年筆ユーザーには良くありがちな、新しい魅力的な女性(万年筆)が現れるとつい目移りしてしまい、しばらくかまってあげられるなることがしばしば・・・。人間の女性ならとっくに愛想を尽かされるでしょうね(^0^;)
でも安心してください、ラミーダイヤログ3はそんな浮気性なボク(もちろんアナタも)をそばにいてずっと待っていてくれます。
これほど健気な万年筆です、やはり愛さずにはいられません。
ラミーダイヤログ3の見た目は男性的なデザインですが、その本質は優しい女性のような気がします。
趣味では「浮気性」なボクですが、家庭ではもちろん「妻一筋」です(笑)

ラミーダイヤログ3 データ

商品名:ダイヤログ3
ペン先:EF/F/M/B 14金
カラーバリエーション:

  • ピアノブラック
  • ピアノホワイト
  • ブラック
  • パラジウム(記事の写真)

インクスタイル/カートリッジ&コンバータ両対応
価格:¥45.000-(税別)

関連記事

カランダッシュでジェットストリーム?新リフィルアダプターが登場[文具]

カランダッシュでジェットストリームが使えるリフィルアダプターが新登場! CARN d’ACHE

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

Marks IDEA NOTEBOOK EDiTは右脳人間にひらめきを授ける?[文具]

Marks IDEA NOTEBOOK EDiT(マークス アイデア ノートブック エディット)

記事を読む

日本手帳大選,百本手帳試寫評比!台湾手帳総選挙に見る台湾手帳文具ユーザーの情熱[レポ]

日本手帳大選,百本手帳試寫評比 手帳総選挙は、日本手帖の会という横浜にある市民団体が主催す

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆[文具]

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆 お手軽万年筆 海外ブラ

記事を読む

リフィルアダプター登場!LAMY Safariでジェットストリームが使える?摩訶不思議な リフィルアダプター ってなに!?![文具]

ボールペンリフィルアダプターがリフィルの常識を変える!? 文具ファンの間では、お気に入りのボールペ

記事を読む

年賀状を万年筆で書いてみよう。

今年も年賀状の季節が来ました。 版画やプリントごっこの時代もありましたが、パソコンの普及に伴い

記事を読む

丸善 京都本店・梶井基次郎の名作にちなんだオリジナルインク「檸檬」を限定発売![文具]

丸善オリジナル アテナインキ「檸檬」 アテナインキ「京都檸檬」とLAMY Safari[/cap

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店【スターバックス】

世界初、畳の間で飲むいつものコーヒー?スターバックス京都二寧坂ヤサカ店

恋するサラサ~fall in love~[文具]

恋するサラサ~サラサにFaii in love~ ずっとそばにい

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くん

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

→もっと見る

PAGE TOP ↑