*

神戸インク物語「ウルラピス」蘇る紀元前2500年のラピスブルー[文具]

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 KOBE INK 物語, 文具

神戸インク物語(KobeINK物語)ウルラピス

KobeINK物語「ウルラピス」

KobeINK物語「ウルラピス」

神戸インク物語は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク
定番51色(2015年6月現在)の他に限定美術館シリーズがある。

今回発売された「ウルラピス」は紀元前2500年頃の作品「ウルのスタンダート」と呼ばれる謎の?「箱」に装飾された「ラピス」のブルーを再現したナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。
「箱」はメソポタミア南部に発生したシュメール文明のウルの王墓で発見されたところから「ウルのスタンダート」とよばれている。

パッケージ右上に「ウルのスタンダード」の写真が印刷

パッケージ右上に「ウルのスタンダード」の写真が印刷

この「ウルのスタンダード」のモザイク装飾品部分ラピスのブルーを再現したオリジナルインク「ウルラピス」が発売になりました。

KobeINK物語「ウルラピス」

DSC08262のコピー

パッケージにも特別限定版のこだわり感はハンパなく素敵。
DSC08261のコピー

ウルラピスはこんな色

ウルラピスはこんな感じ

ウルラピスはこんな感じ

ラピスは青金石(ラピライト)を含む鉱物んことで一般的にラピスラズリと呼ばれて、夜空の星の輝きを放つ美し石。

ラピスの青

ラピスの青

たしかに「海」の青ではなく、宇宙(そら)の青を感じます。

KobeINK物語美術館シリーズ

「ウルラピス」はKobeINK物語美術館シリーズの第6弾目にあたりブルー系では3色目。
第1弾「フェルメールブルー」第4弾「ゴッホコバルト」と比べてみると微妙な色の違いがあって面白い。(第4弾と第5弾は同時発売なので混乱したらごめんなさい)
写真でもみると(かなり)わかりづらい!?コクのある「フェルメールブルー」、水の青さが涼しく感じる「ゴッホコバルト」、宇宙の青を感じさせるのが「ウルラピス」
ってボクは感じたのですが、さてみなさんはいかがでしょうか?

KobeINK物語美術館シリーズ

KobeINK物語美術館シリーズ

ブルー系3色(ひとくくりにするのは勇気がいるけど)

3色色見本

3色色見本

ふと思ったけど、これまでのシリーズはフェルメール・ルノワール・ターナー・ヴァンゴッホ・モネの代表的な絵画から色を再現してきた神戸インク物語。
今回の「ウルのスタンダード」は紀元前の美術品!このような作品から新しい万年筆インクが再現されるとは!
ますます世界が広がっていきそうで、これからの展開がさらに楽しみな神戸インク物語シリーズです。

定番KobeINK物語「摩耶ラピス」

摩耶ラピス

摩耶ラピス

定番インクNo14「摩耶ラピス」よりさらに明るいのが「ウルラピス」になるそうですが、「ウルラピス」が売り切れたあとは、こちらのインクがオススメ。

こんな方にオススメ!

ズバリ!日常の筆記用にも最適、白いノートに「ウルラピス」の青はとても映えます。
くっきり文字を残したい人にはもちろん、手紙を書いたり原稿用紙に写本をするなどにもOK。
現在開催中「大英博物館展」へ行ったお土産として万年筆ユーザーの方へプレゼントに!はたまた来館の記念に購入すれば超実用的、インクを使いきるまで美術館の思い出は鮮明に蘇るでしょう。
「ウルのスタンダード」は夢に見るほど脳裏に焼きつはず(笑)

KobeINK物語「ウルラピス」の購入は?

・本体価格 ¥1800−
・発売 2015年6月20日
・販売 ナガサワ文具センター各店と大英博物館展開催中の売店
大英博物館展開催中は購入可能ですが、限定品のための品切れの節はご了承ください。

インターネットでご購入は↓コチラ
ナガサワ文具センターネット購入サイト

大英博物館展

・東京会場
東京都美術館
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

会期 2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日)
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 金曜日は9:30~20:00 (入室は閉室の30分前まで)

観覧料
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

・福岡会場
九州国立博物館 3階
〒818ー0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2 (太宰府天満宮横)

会期 2015年7月14日(火) ─ 9月6日(日)
開館時間 ]9:30~17:00 (入館は閉室の30分前まで)
[休館日] 月曜日 ※ただし7月20日(月・祝)・8月10日(月)は開館、7月21日(火)は休館

観覧料
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,000円 / 高校生 600円 / 65歳以上 1,400円

・神戸会場
神戸市立博物館
住所 〒650-0034 神戸市中央区京町24

会期 2015年9月20日(日)―2016年1月11日(月・祝)
開館時間
平日、日曜日 9:30~17:30:30(入館は17:00まで)
土曜日    9:30~19:00(入館は18:30まで)

神戸会場への料金は未発表。

大英博物館展公式サイトはコチラ


関連記事

STAND UP PENCASE grain どこでも活躍!携帯性に優れた立つペンケース[文具]

STAND UP PENCASE メーカーのgrainは機能製を追求したブランドで、他

記事を読む

no image

0.2mmの芯はホントに折れんず?#大人の文具

ぺんてる「ORENZ(オレンズ)」0.2mmのシャープペンシル登場! シャープペンシル

記事を読む

Grain スタンドアップペンケースAgain[文具]

Grain スタンドアップペンケース 使っています! 2015年7月に購入したGrain ス

記事を読む

つくしペンケースでオールインワン文具モジュールをつくる[文具]

つくしペンケースでオールインワン文具モジュール つくしペンケース 文具ファンのあいだでは絶大

記事を読む

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルマスキングテープ 神戸の文具販売の老舗「ナガサワ文具センター

記事を読む

LAMY pico こんどこそ失わないぞ!3度目の挑戦。[文具]

LAMY picoは携帯性にも優れたおしゃれなボールペン。 3度目の正直ということわざがあ

記事を読む

パーカー万年筆 ディオフォールドジャイアント125th。1本400万円の万年筆は筆記用具?[文具]

パーカーディオフォールドジャイアント125th LimtedEdition 世界的に有名、そして文

記事を読む

Pat-mi(パットミー)これは使える!2016年の最強手帳[文具]

Pat-mi(ぱっとみー)は2016年最強手帳!? Pat-mi[/caption] 手帳の役

記事を読む

リフィルアダプター LM-63 LAMYサファリでハイテックCコレトリフィルの使い方[文具]

リフィルアダプター LM-63 これはとてもよくできた商品で、LMAYサファリローラーボールで三

記事を読む

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑