*

神戸インク物語「ウルラピス」蘇る紀元前2500年のラピスブルー[文具]

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 KOBE INK 物語, 文具

神戸インク物語(KobeINK物語)ウルラピス

KobeINK物語「ウルラピス」

KobeINK物語「ウルラピス」

神戸インク物語は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク
定番51色(2015年6月現在)の他に限定美術館シリーズがある。

今回発売された「ウルラピス」は紀元前2500年頃の作品「ウルのスタンダート」と呼ばれる謎の?「箱」に装飾された「ラピス」のブルーを再現したナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。
「箱」はメソポタミア南部に発生したシュメール文明のウルの王墓で発見されたところから「ウルのスタンダート」とよばれている。

パッケージ右上に「ウルのスタンダード」の写真が印刷

パッケージ右上に「ウルのスタンダード」の写真が印刷

この「ウルのスタンダード」のモザイク装飾品部分ラピスのブルーを再現したオリジナルインク「ウルラピス」が発売になりました。

KobeINK物語「ウルラピス」

DSC08262のコピー

パッケージにも特別限定版のこだわり感はハンパなく素敵。
DSC08261のコピー

ウルラピスはこんな色

ウルラピスはこんな感じ

ウルラピスはこんな感じ

ラピスは青金石(ラピライト)を含む鉱物んことで一般的にラピスラズリと呼ばれて、夜空の星の輝きを放つ美し石。

ラピスの青

ラピスの青

たしかに「海」の青ではなく、宇宙(そら)の青を感じます。

KobeINK物語美術館シリーズ

「ウルラピス」はKobeINK物語美術館シリーズの第6弾目にあたりブルー系では3色目。
第1弾「フェルメールブルー」第4弾「ゴッホコバルト」と比べてみると微妙な色の違いがあって面白い。(第4弾と第5弾は同時発売なので混乱したらごめんなさい)
写真でもみると(かなり)わかりづらい!?コクのある「フェルメールブルー」、水の青さが涼しく感じる「ゴッホコバルト」、宇宙の青を感じさせるのが「ウルラピス」
ってボクは感じたのですが、さてみなさんはいかがでしょうか?

KobeINK物語美術館シリーズ

KobeINK物語美術館シリーズ

ブルー系3色(ひとくくりにするのは勇気がいるけど)

3色色見本

3色色見本

ふと思ったけど、これまでのシリーズはフェルメール・ルノワール・ターナー・ヴァンゴッホ・モネの代表的な絵画から色を再現してきた神戸インク物語。
今回の「ウルのスタンダード」は紀元前の美術品!このような作品から新しい万年筆インクが再現されるとは!
ますます世界が広がっていきそうで、これからの展開がさらに楽しみな神戸インク物語シリーズです。

定番KobeINK物語「摩耶ラピス」

摩耶ラピス

摩耶ラピス

定番インクNo14「摩耶ラピス」よりさらに明るいのが「ウルラピス」になるそうですが、「ウルラピス」が売り切れたあとは、こちらのインクがオススメ。

こんな方にオススメ!

ズバリ!日常の筆記用にも最適、白いノートに「ウルラピス」の青はとても映えます。
くっきり文字を残したい人にはもちろん、手紙を書いたり原稿用紙に写本をするなどにもOK。
現在開催中「大英博物館展」へ行ったお土産として万年筆ユーザーの方へプレゼントに!はたまた来館の記念に購入すれば超実用的、インクを使いきるまで美術館の思い出は鮮明に蘇るでしょう。
「ウルのスタンダード」は夢に見るほど脳裏に焼きつはず(笑)

KobeINK物語「ウルラピス」の購入は?

・本体価格 ¥1800−
・発売 2015年6月20日
・販売 ナガサワ文具センター各店と大英博物館展開催中の売店
大英博物館展開催中は購入可能ですが、限定品のための品切れの節はご了承ください。

インターネットでご購入は↓コチラ
ナガサワ文具センターネット購入サイト

大英博物館展

・東京会場
東京都美術館
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

会期 2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日)
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 金曜日は9:30~20:00 (入室は閉室の30分前まで)

観覧料
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

・福岡会場
九州国立博物館 3階
〒818ー0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2 (太宰府天満宮横)

会期 2015年7月14日(火) ─ 9月6日(日)
開館時間 ]9:30~17:00 (入館は閉室の30分前まで)
[休館日] 月曜日 ※ただし7月20日(月・祝)・8月10日(月)は開館、7月21日(火)は休館

観覧料
当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,000円 / 高校生 600円 / 65歳以上 1,400円

・神戸会場
神戸市立博物館
住所 〒650-0034 神戸市中央区京町24

会期 2015年9月20日(日)―2016年1月11日(月・祝)
開館時間
平日、日曜日 9:30~17:30:30(入館は17:00まで)
土曜日    9:30~19:00(入館は18:30まで)

神戸会場への料金は未発表。

大英博物館展公式サイトはコチラ


関連記事

神戸インク物語「北野パールシルバー」六甲の緑は真珠のために・・・!?[文具]

神戸インク物語「北野パールシルバー」 神戸インク物語は神戸に本店がある、老舗の文具屋さん「

記事を読む

100円均一で作るマスキングテープカッター #おとなの文具

おじさんのためのマスキングテープ活用術 デスクワークをしていると、意外とマスキングテープを使う

記事を読む

ナガサワ文具センター キャップレザーマルチロールペンケース7本差しペンケースが収納ポケットを装備して新登場[文具]

キャップレザーマルチロールペンケース 一般文具だけではなく、自社オリジナルブランドを販売し

記事を読む

飾り原稿用紙でイキを楽しむ原稿用紙の使い方[文具]

あたぼう(株)「飾り原稿用紙」 原稿用紙エッセイ 「原稿用紙」という言葉にふれるのは

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

いつものノートがグレードアップ!伊東屋オリジナルノートカバー[文具]

伊東屋オリジナルノートブックカバー 東京銀座の伊東屋 文具ファンにはお馴染みの銀座の老舗

記事を読む

無印良品84円ノートで簡単ライフログノートの作り方・応用編「文具」

無印良品84円ノートで簡単ライフログノートの作り方・応用編 前回は、世界一リーズナブルなラ

記事を読む

旅が3倍楽しくなる、文具モジュールの3つの効果!

最近は、街のカフェでノートを広げてカラフルなペンで日記を書きながら、ほんとに楽しそうに、シールやマス

記事を読む

STAND UP PENCASE grain どこでも活躍!携帯性に優れた立つペンケース[文具]

STAND UP PENCASE メーカーのgrainは機能製を追求したブランドで、他

記事を読む

先生にオススメ!神戸インク物語「元町ルージュ」人気の秘密?

神戸インク物語 は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。 このラインナップの#20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取

不易糊しわにならないのり、これで安心あと10年は戦える[文具]

フエキくんでおなじみ不易糊の「しわに、ならないのり」キャップ交換で復活

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる

→もっと見る

PAGE TOP ↑