*

フリクションボールが大嫌いだった僕がはまってしまった3つの理由。

公開日: : 最終更新日:2014/11/11 大人の一品, 文具

フリクションボール

パイロットが消せる筆記用具として開発・発売して大ヒット中のボールペン。

消せる筆記用具フリクションボール

消せる筆記用具フリクションボール

ボールペンのインクが消える?その画期的な発想で、わずか数年で文具売り場の店頭のセンターを奪い取った国民的筆記用具です。

しかし、僕は発売当初この筆記用具が大嫌いだった!

別にパイロットに個人的な恨みがあるとから、宗教上の理由だとか、そんな話ではない。

ボールペンとして「インクが薄い」って事がどうしても譲れないこだわりだった。

このインクの濃さなら、シャープペンシルと同じ、消せるなならシャープペンシルで十分だとおもっていた訳です。

 

先に云っておくと、日本の筆記用具の水準は、世界中でもトップレベル!

日本人は文具店の店頭で試し書きをしたら、奥の新しい商品を手に取ってレジへ運ぶけれど、海外では実際に「書ける」事を確認してから、その「書けた」ボールペンを持ってレジに行きます。

日本では製造の技術や精度がそれだけ高いって事が、そんな文化の違いにもの現れています。

つまり、それほど完成度の高い日本のボールペン事情のなかで、「消せる」などとそんなキワモンの筆記用具なんな、必要なし!

って思っていたんですが・・・

 

とある文具イベント会場で

パイロット様(ここで様扱い)のブースで試し書きをさせていただきました。

「おや、おや?おや!」なんか以前よりインクの色が濃くないですか?

ブースの方に「失礼ですか・・・」って訪ねると「ようやくここまで濃くできました、いまでもさらにインクが濃く書けるように研究中なんです」

との回答。

でもって、帰りに早速買って帰ってから、発売当初にかったフリクションボールとインクを比べた、確かに今のインクの方が濃くなっていました。

 

はまってしまったの3つの理由

  1. くっきり鮮明に書ける事は、あとから見直したときに書かれた文字がはっきり見える!これって日本では当たり前のことですが、粗悪なペンだと書いている途中で掠れたり、インクが出なくなってしまいます、海外からのお土産ボールペンではよくある事です。(パーカーなど大手メーカーは別です)
  2. 使い始めて気がついた事、「消せる」っていい事です!セミナーや勉強会で、ちょっとしたキーワードやわからない言葉などを、あとから調べてみようと思ったときにラフに走り書きして、あとから書き直す事ができるのは、字が下手な私には心の余裕が生まれます。
  3. さらに、製品ラインナップが増えて、気軽に使えるタイプから、ビジネスにも使える「ビズ」、最近では色鉛筆にマーカー、サインペンまで。自分の活動フィールドに合わせて、チョイスする事ができるようになりました。

 

ただひとつ難点は、インクの消耗が著(いちじる)しい事、先日3日間のセミナーを受講したときにノート20ページ(B6サイズノート)ほど書き込んだらインクが切れました。
よく使う色(特に黒でしょう)は、ペンケースに1本入れておくのがいいでしょうね。

3色モデル/フリクションボールビズ2

3色モデル/フリクションボールビズ2

作品発売された「フリクションボールビズ2(色タイプ)」なら、ビジネスマンが仕事でも十分使えるモデルです。

新社会人の方にもオススメしたい1本!


まとめ

ノートに書いても十分な視認性が確保された、つまりインクが濃くなりました。

消せることで、メモ走り書きが気軽にできる。

自分のロケーションでの選択肢が増えました。(ペンの種類)

ただし、燃費の悪さは変わらないので

おでかけの際には、リフィルをお忘れなく!(笑)

 

 


関連記事

立つペンケース、ネオクリッツがスリムになって新登場!携帯しやすいフラットモデルは鞄にジャストフィット[文具]

ネオクリッツフラット スリムなペンケースがスタンドに!? ネオクリッツ 立つペンケースと

記事を読む

年賀状を万年筆で書いてみよう。

今年も年賀状の季節が来ました。 版画やプリントごっこの時代もありましたが、パソコンの普及に伴い

記事を読む

「普段は買えない大学グッズ大集合」全国有名大学の大学文具・雑貨が楽しめる大阪梅田紀伊国屋書店がやばい!?[文具]

学市学座・全国有名大学の大学文具が買える大阪梅田紀伊国屋書店で開催中! 紀伊國屋書店梅田本店

記事を読む

Pat-mi(パットミー)これは使える!2016年の最強手帳[文具]

Pat-mi(ぱっとみー)は2016年最強手帳!? Pat-mi[/caption] 手帳の役

記事を読む

SUITO 万年筆クリーニングペーパーでいつもキレイなペン先を[文具]

SUITO cleaning paper SUITO(すいと)は、万年筆のペン先をキレ

記事を読む

Grain スタンドアップペンケースAgain[文具]

Grain スタンドアップペンケース 使っています! 2015年7月に購入したGrain ス

記事を読む

万年筆インクノートのススメ![文具]

万年筆インクが百花繚乱 万年筆のインクって「ブラック」「ブルーブラック」「ブルー」くらいだ

記事を読む

アブラサス薄いメモ帳でどこでもメモ!?[文具]

abrAsus薄いメモ手帳 主にネット販売を主体としている、こちらの会社は実にユニークかつ実用的な

記事を読む

Pat-mi(パットミー)速報!これが新しいスケジュール管理手帳[文具]

Pat-miをパッと見紹介! Pat-miはジブン手帳で知られるCMプランナー佐久間英彰氏がま

記事を読む

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクションインク[万年筆インク]

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクション 万年筆インクのカラーバリエーションについては何

記事を読む

Comment

  1. […] フリクションボールが大嫌いだった僕がはまってしまった3つの理由。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベスト

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

→もっと見る

PAGE TOP ↑