*

フリクションボールが大嫌いだった僕がはまってしまった3つの理由。

公開日: : 最終更新日:2014/11/11 大人の一品, 文具

フリクションボール

パイロットが消せる筆記用具として開発・発売して大ヒット中のボールペン。

消せる筆記用具フリクションボール

消せる筆記用具フリクションボール

ボールペンのインクが消える?その画期的な発想で、わずか数年で文具売り場の店頭のセンターを奪い取った国民的筆記用具です。

しかし、僕は発売当初この筆記用具が大嫌いだった!

別にパイロットに個人的な恨みがあるとから、宗教上の理由だとか、そんな話ではない。

ボールペンとして「インクが薄い」って事がどうしても譲れないこだわりだった。

このインクの濃さなら、シャープペンシルと同じ、消せるなならシャープペンシルで十分だとおもっていた訳です。

 

先に云っておくと、日本の筆記用具の水準は、世界中でもトップレベル!

日本人は文具店の店頭で試し書きをしたら、奥の新しい商品を手に取ってレジへ運ぶけれど、海外では実際に「書ける」事を確認してから、その「書けた」ボールペンを持ってレジに行きます。

日本では製造の技術や精度がそれだけ高いって事が、そんな文化の違いにもの現れています。

つまり、それほど完成度の高い日本のボールペン事情のなかで、「消せる」などとそんなキワモンの筆記用具なんな、必要なし!

って思っていたんですが・・・

 

とある文具イベント会場で

パイロット様(ここで様扱い)のブースで試し書きをさせていただきました。

「おや、おや?おや!」なんか以前よりインクの色が濃くないですか?

ブースの方に「失礼ですか・・・」って訪ねると「ようやくここまで濃くできました、いまでもさらにインクが濃く書けるように研究中なんです」

との回答。

でもって、帰りに早速買って帰ってから、発売当初にかったフリクションボールとインクを比べた、確かに今のインクの方が濃くなっていました。

 

はまってしまったの3つの理由

  1. くっきり鮮明に書ける事は、あとから見直したときに書かれた文字がはっきり見える!これって日本では当たり前のことですが、粗悪なペンだと書いている途中で掠れたり、インクが出なくなってしまいます、海外からのお土産ボールペンではよくある事です。(パーカーなど大手メーカーは別です)
  2. 使い始めて気がついた事、「消せる」っていい事です!セミナーや勉強会で、ちょっとしたキーワードやわからない言葉などを、あとから調べてみようと思ったときにラフに走り書きして、あとから書き直す事ができるのは、字が下手な私には心の余裕が生まれます。
  3. さらに、製品ラインナップが増えて、気軽に使えるタイプから、ビジネスにも使える「ビズ」、最近では色鉛筆にマーカー、サインペンまで。自分の活動フィールドに合わせて、チョイスする事ができるようになりました。

 

ただひとつ難点は、インクの消耗が著(いちじる)しい事、先日3日間のセミナーを受講したときにノート20ページ(B6サイズノート)ほど書き込んだらインクが切れました。
よく使う色(特に黒でしょう)は、ペンケースに1本入れておくのがいいでしょうね。

3色モデル/フリクションボールビズ2

3色モデル/フリクションボールビズ2

作品発売された「フリクションボールビズ2(色タイプ)」なら、ビジネスマンが仕事でも十分使えるモデルです。

新社会人の方にもオススメしたい1本!


まとめ

ノートに書いても十分な視認性が確保された、つまりインクが濃くなりました。

消せることで、メモ走り書きが気軽にできる。

自分のロケーションでの選択肢が増えました。(ペンの種類)

ただし、燃費の悪さは変わらないので

おでかけの際には、リフィルをお忘れなく!(笑)

 

 


関連記事

旅が3倍楽しくなる、文具モジュールの3つの効果!

最近は、街のカフェでノートを広げてカラフルなペンで日記を書きながら、ほんとに楽しそうに、シールやマス

記事を読む

カク手帳 誰もが知っているあの手帳この手帳を作っている凄いメーカーから初のオリジナルブランド手帳[レビュー]

田中手帳株会社 カク手帳 カク手帳は大阪に工場を構える創業70年を迎える老舗手帳メーカーで

記事を読む

いつものノートがグレードアップ!伊東屋オリジナルノートカバー[文具]

伊東屋オリジナルノートブックカバー 東京銀座の伊東屋 文具ファンにはお馴染みの銀座の老舗

記事を読む

LAMY pico こんどこそ失わないぞ!3度目の挑戦。[文具]

LAMY picoは携帯性にも優れたおしゃれなボールペン。 3度目の正直ということわざがあ

記事を読む

Pat-mi(パットミー)速報!これが新しいスケジュール管理手帳[文具]

Pat-miをパッと見紹介! Pat-miはジブン手帳で知られるCMプランナー佐久間英彰氏がま

記事を読む

ポケットの中に入て持ち歩きたい万年筆KAWECO ACSports[文具]

携帯性に優れたポケットの中に入る万年筆KAWECO ACSports Kawecoって?  

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

読書は1枚のカードにまとめなさい?「ワタシ文庫」!#大人の文具

読書は1枚のカードにまとめなさい? 読書管理にもいろいろあって、その筋の専門書籍も本屋さんへ行

記事を読む

iPhone6Plusをぶっとばせ!?

iPhone6Plusをぶっとばせ!〜それでもボクはiPhone6Plusがほしい!〜 実

記事を読む

絵画とインクのハーモニー、Kobe INK物語「ターナーカフェ」

ターナー展開催! 2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立美術館でターナー展が開催される

記事を読む

Comment

  1. […] フリクションボールが大嫌いだった僕がはまってしまった3つの理由。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

梅雨の季節に手紙をしたためたくなる万年筆インク「六甲シチダンカ」[文具]

梅雨の季節によく似合う万年筆インク・六甲シチダンカ ジメジメとシ

買ってよかったポスタルコのスナップパッドSQ A56年目の感想[文具]

ポスタルコのスナップパッドSQ A5 ニューヨーク・ブルックリン

思わず美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIエコカフェローズゴールド[文具]

手にすると美味しいコーヒーが飲みたくなるTWSBIの新色、カフェローズ

Ankerの新型モバイルバッテリーPowerBunk10000が凄かった[ガジェット]

AnkerPowerBunk10000 Ankerから2024年

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイ[文具]

増えすぎたケーブルをしっかりまとめめるダイソーのケーブルタイは想像以上

→もっと見る

PAGE TOP ↑