*

BUNGUBOX表参道店はまるで万年筆の玉手箱[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 万年筆, 文具店

BUNGUBOX表参道店2016年12月17日オープン!

東京表参道といえば、文房具カフェやLAMY AOYAMA店が並び、いまや文房具ファンの憧れ?憩い!禁断!?の聖域になりつつあるところです。
そのエリアに決定打を打ち込むお店が、2016年12月にオープンしました。
まさにこのタイミングでの東京出張が重なり、12月22日オープンの興奮も冷めないお店へお邪魔しました。

平日の午前中という事もあって、まだお客さんで賑わう前のタイミングでしたが、開店も11:00と同時に来られてお客さんもあったそうで、まさに絶妙の間隙で入店することができました。

ブングボックス(BUNGUBOX)表参道店

ブングボックスさん(以下BUNGUBOX)は、静岡・浜松に本店がある万年筆専門店でオリジナルブランドも多く、全国の文具ファン特に万年筆ファンには支持を集めてる人気店です。
そのBUNGUBOXが、ついに東京へ進出して、ココ表参道に産声をあげました。

入口はこちら。

入口は少々わかりづらいのですが、下の看板を目印に、見つたけら90度右へ「Starboard Side(面舵!)」

看板発見!!

じつは、とってもこぢんまりとした店内です。

店内には、レジとレジ台の什器、そして写真に写っている陳列だけの、とてもさぱっぱりとした潔い?陳列です。

オープン記念「8pens a week」万年筆セット

BEATLESファンなら唸ってしまうネーミング!


万年筆とペン箱とオリジナルインクがセットになった、BUNGUBOX表参道店オープン記念の万年筆はオープン以来毎日売れているという人気商品。
Di modaはDELTA(イタリア)ブランドの万年筆とBUNGUBOXのコラボレーション万年筆で、その名前は「着回し上手」という意味。
万年筆といっしょに、ファンションも楽しみたくなるようなデザインがとても魅力的です。

BUNGBOXオリジナル万年筆インク

オリジナルインクがずらっと並びます

今の万年筆人気の一端には、各メーカーから発売されている、色鮮やかな万年筆インクがひと役買っています。
BUNGUBOXでも33色(2016年12月現在)が並び、こちらお店の人気商品のひとつです。

1番人気はこれ!「初恋」

BUNGUBOXオリジナルインク「初恋」

かつて「PENMAN SAPPHIRE」という美しいブルーインクを見たオーナーが「初恋」をイメージした時の感動を、インクの色に再現したのがこのブルーインクです。
太いペンで書いてみるとブルーの中に、グラデーションの濃淡が現れて、純粋だけど複雑な想いが交錯した「初恋」の頃の自分を思い出させてくれました。

BUNGUBOXオリジナルインク 各色¥3240-(税込み)

オリジナルペンケース

横浜の横浜帆布さんとのコラボレーション商品のオリジナルペンケース。

マルチステーショナリーケース

マルチステーショナリーケース


万年筆しかも太軸が2本と手帳(ほぼ日手帳もOK)を一緒に持ち歩くことができるのが人気のポイント。

価格¥9720-(税込み)

5本用ステイショナリーケース

こちらは5本用


このモデルは太軸万年筆が5本入れる事ができるモデル、万年筆を5本も持ち歩くの?って思う人もいるかもしれませんが、万年筆は1本手にすると気がつくと5本くらい増えているのが、ユーザーの性です。
もちろん、万年筆だけではなく、フリクションボールのマルチ3・4色や、ちょっと太い軸のトンボZOOM(ボールペン・シャープペンシル・水性ローラーペン)を持ち歩くときにはとても便利です。

価格¥9720-(税込み)

試し書きコーナーでカラーインクの世界に浸る

試し書きコーナー


木の温もりが伝わってくる机に座って、BUNGUBOXのオリジナルインクの試し書きができます。
エルバンの透明万年筆は中のインクが見えるので、イメージを一緒に書く楽しみも味わえます。
写真は茶系が大好きな、とある文房具ライターさん、自分の世界にどっぷり浸っています(カメラにさえ気がついていない・・・)

オリジナルインクカラー見本


試し書きをしなくても、オリジナルインクカラー見本があるので、時間がないひとはこちらを参考してみてください。

絶対お店に行きたくなるまとめ

BUNGUBOX表参道店は、文房具の中でも「万年筆」に特化した、しかも他の店舗にないオリジナル商品を多数そろえた、上質なセレクトショップのようなお店です。
見ているだけでも、幸せな気持ちになれる美しい筆記具がこのお店には溢れています。
特にペン好きな人にはたまらない魅力が詰まった空間です。
近隣には文房具ファンには人気の「文房具カフェ」あり、そんな帰りにでもちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう?
オリジナルブランドの展開はお客様が、このお店に来る度に違う商品がならんでいる、そんな「通う楽しみ方」ができるショップにしたい、オーナーのそんなお話を聞きながら、それがココBUNGUBOX表参道店の魅力のひとつなんだと、ひとり納得してお店を後にしたボクでした。
これでまたひとつ、東京へ来る度に立ち寄る場所が増えました。

BUNGUBOX店舗情報

BUNGUBOX表参道店

住所 東京都渋谷区神宮前4丁目8-6 メイプルハウスD-1
電話 03-6434-5150
URL http://bung-box.com
営業時間 11:00〜19:00
不定休
お店の営業日はこちらで確認してください。
FACEBOOKページ

関連記事

オリジナルインク70色!Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店[文具]

Stylo+はあなたを幸せにする小さな雑貨の百貨店 2016年4月に開業した博多駅前のマルイに万年

記事を読む

プラチナ万年筆#3776センチュリー ペン先Cで楽しむ大冒険[文具]

プラチナ万年筆#3776センチュリー プラチナ万年筆#3776センチュリーは国内最高のパフ

記事を読む

LAMY ダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆[文具]

ラミーダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆 LAMY(ラミー)はドイツらしさが染み渡るペ

記事を読む

ラミーサファリ、ペン先を交換して蘇る「復活の儀」[文具]

ラミーサファリ「復活の儀」 ラミーサファリはお値段も手頃で、万年筆初心者にも楽しんでも

記事を読む

映画のなかの万年筆「王妃の館」[文具]

映画のなかの万年筆「王妃の館」 映画「王妃の館」[/caption] 17世紀フランス

記事を読む

博多の文具店KA-KUが素敵な3つ理由&小倉のサプリもりつねオリジナルインクをめぐる旅[文具]

博多の文具店KA-KUが素敵な3つ理由&小倉のサプリもりつねオリジナルインクをめぐる旅 北九州

記事を読む

紳士な大人に持ってほしい、3本差しキャップケース

ナガサワ文具センター製 3本差しキャップケース 先日、ある放送作家の方のFacebook

記事を読む

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆[文具]

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆 お手軽万年筆 海外ブラ

記事を読む

9月23日は万年筆の日 万年筆で書こう!

万年筆の日 西暦1809年9月23日 イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュ

記事を読む

PelikanM805ブラックストライプ 1本は欲しいスーベレーンの魅力とインク[文具]

PelikanM805ブラックストライプ ペリカンの代表的万年筆スーベレーン 万年筆を使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くん

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブラン

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいる

アシュフォードシステム手帳 アイデアスケッチM5の徹底活用法![文具]

システム手帳 アイデアスケッチM5を使い倒す! システム手帳とい

ナガサワ文具センターパピオス明石店装いも新たにオープン!注目は神戸インク物語限定カラー!?[文具]

ナガサワ文具センターパピオス明石店に登場!限定インクはコスモスブルー1

→もっと見る

PAGE TOP ↑