*

Apple AirPods最速レビュー[Apple]

公開日: : Apple

Apple AirPods最速レビュー!

iPhone7の発売以来、ほぼ同時に発表になったApple AirPods。
イヤホンジャックが廃止された新型iPhone7で音楽を聴くためには、本体付属のライトニング端子から従来のイヤホンに採用されているステレオミニイヤホンジャンクに変換しないとダメという事で、その発売を待ち焦がれていたユーザは数知れず。

Misson1 開封の儀

2016年12月某日、なんの前触れもなく、いきなりApplestoreに登場しました。
幸運にも発表当日に「ぽちっ!」出来たボクですが、当初の発送予定日の20日より1日早い本日(2016年12月19日午前10:00)にヤマト便で我が家へやってきました。

恐る恐る箱を開けると
img_7305
小さな箱が中から姿をのぞかせます。

img_7323
パッケージはいつものAppleらしい梱包です。
イヤホンの印刷がエンボスになっているのも、心憎い演出です。

本体登場!

本体登場!


フタを開けるよいよいよ本体とご対面です。
「はじめまして、どうぞよろしくお願いいたします」と挨拶を交わしてから、中の付属品を確認してみましょう。

説明書

説明書


日本語で書かれた説明は、わずか28行。
マニュアルを読む以前に、使い方・設定は実にシンプルな事が垣間見えます。
おや?Appleステッカーは付属していないようです・・・残念。

dsc_2650
付属のケーブルはlightningケーブルが同梱されていますが、ACアダプターは別売です。

手にとってみると?
img_7309
想像していたよりも「小さい!」というのが第一印象です。

Misson2 接続の儀

Apple AirPodsを使うためには接続設定(ペアリング)が必要になります。
面くさそうですが、一度ペアリングを完了させておけば、後は簡単なので、ここはちょっと我慢してお付き合いしましょう。

STEP1

フタを開く

フタを開く


はじめてiPhoneで接続する場合(ここではiPhone6で接続していますがios10以降であれば基本は同じです)、Apple AirPodsのフタを開くと自動的に接続のガイダンスが開きます。
注意するポイントはBluetoothの設定が「ON」になっていることを確認してください。

STEP2

img_7312

この画面が表示されたら「接続」をタッチします。

STEP3

img_7313

Apple AirPods本体の裏に物理ボタンがあるのでコレをしばらく押しつづけます。

STEP4

完了

完了

これで完了!じつに潔い。
ホントは1回だけ、「接続できません」表示が出て「えっ!初期不良?」かと慌てましたが、iPhone側の本体を再起動(リセット)したら簡単に接続OKになりました。
もし、トラブった時はお試しください。

MISSON3 さっそく聴いてみよう!

BILL Evans「Waltz for Debby」

普段から良く聴きなじんだ楽曲が1番違いがよくわかると思って、まずはこの曲から(DJ気分w)
img_7320

音質的は「軽い」ですが、左右の広がりと演奏の解像度はそこそこいい音で聞こえます。

Mariah Carey「All I Want For Christmas Is You」

img_7321

この季節の定番ナンバーから選んだ1曲。
オープニングの鐘の音が透き通って聞こえてきます。
思わず手拍子を打ちながら聴きたくなるリズムのシャキシャキ感は良い意味で最近の若い人向けのチューニングかな?って思います。

星野源「恋」

img_7322
今は話題の楽曲からはこの1曲。
高音域が前に出る感じですが、ややフラットに感じましたが、見方を変えれば、まとまりある仕上がりだと思います。

懸念!耳から落ちるのでは?

発売以前から、小さいイヤホンということで、聴いている途中で落としてしまうんじゃないか?という懸念もありました。
実際に耳に入れた時に、ボクの場合「右耳」が少し緩い感じがしました。
ここは個人差が大きく影響する場面ですが、星野源の「恋」を聴きながら「恋ダンス」(踊れないけど)のように首を左右に振ったり、上下に身体を揺すってみたけど意外!しっかり装着されていて落ちる事はありませんでした。
1番心配なのは、外出先で使用している時に、なにかの弾みで耳から外れてしまう事かもしれません。
ここが割り切れる人とそうで無い人の違いが、購入の一線を決めるポイントかもしれません。
「もし落としたら?」よく聞かれました。
そうなったら、そうなったで記事が1本書けますね。

速攻レビュー総括

イヤホンを評価するなら最低でも40〜50時間のエイジング(試聴)が必要なので、ここでの初期評価はあくまで個人の感想です。
総括的に言える事は、高音域は歯切れ良く、中音域から低音域はややフラットな感じです。
Appleの付属のイヤホンから考えれば(比較すれば)十分言い音とだと思いますが、最近流行のハイレゾと比較する事はできません。

また、ワイヤレスイヤホンにありがちな、通信の関係で音が途切れる現象は、この記事を書いている最中(聴きながら書いてます)には発生しませんでした。
実際にはこれからまだまだ使ってみてからの評価が必要な製品です。

その後の評価もここで記事にしたいと思います。

データ

Apple AirPods
本体 4g(左右)
充電ユニット 38g
再生時間 本体約5時間(フル充電)
充電ユニット併用 約24時間

本体価格 ¥16800-


関連記事

初心者でもわかる!新型MacBookってどこが凄いの?[Apple]

いよいよ2015年のAppleの新製品が発表された。 ほぼ噂通りの新製品が正式にリリースされた

記事を読む

ケーブルモジュールで鞄すっきり!プロジェクト?[ガジェット]

ケーブルモジュールで鞄すっきり!プロジェクト? 1993年IBMから発売されたThinkP

記事を読む

海外でスマートフォン&タブレットPCを使おう!旅に安心を添える10の効能[旅]

海外でスマートフォンを使おう! 2015年この年末年始を海外で過ごされた方も多いのではないでし

記事を読む

no image

Mac日本語入力「ことえり」がすごい!おどろきの機能

Macで日本語入力 Macには、標準で「ことえり」という日本語変換プログラムが搭載されています。

記事を読む

今夜はSiriと・・・。はじめてのiPhone講座

Siriとあそぼう iPhoneの基本機能の音声アシスタント"Siri"(シリ) iPhon

記事を読む

iOS8をiPhone5に入れてみよう!

iOSをiPhone5に入れてみよう!   2014年9月18日未明(だい

記事を読む

iPhone6Plusをぶっとばせ!?

iPhone6Plusをぶっとばせ!〜それでもボクはiPhone6Plusがほしい!〜 実

記事を読む

Pagesで地図を描いてみよう[Apple]

Pagesの「図形」「テキスト」だけで地図を描いてみよう 今まで一度もpagesを使って文

記事を読む

Lightning – SDカードカメラリーダー iPadとデジカメで撮った写真をその場でチェック!旅先でも使える簡易ビュワーで撮影ミスを無くす方法[旅]

Lightning - SDカードカメラリーダー〜iPadを写真ビュワーとして使う方法〜 旅行

記事を読む

Apple One to Oneのアクティベーションコードを失くしてしまった僕がOne to Oneに通えるようになった理由

Apple One to Oneのアクティベーションコードを失くしてしまった僕がOne to One

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑