*

信州上田ボクが30年通っている老舗の蕎麦屋「刀屋」

公開日: : 最終更新日:2018/08/12 国内, 旅文具, 旅行, 食事

信州上田・刀屋

年に一度は訪れる信州上田、そのお目当てはココ、上田で知らない人はいないという、お蕎麦屋さん「刀屋」
IMG_9100

「真田太平記」で知られる作家池波正太郎さんも通った、老舗の蕎麦屋さん。
今回は、そんな旅先で立ち寄りたいお蕎麦屋さんのお話し。

刀屋(かたなや)

30年前に初めて、上田に訪れたときに宿のオーナーから教えていただいたお店がここ「刀屋」
当時はまだボクも若く、1日5食くらい食べていた頃、ざるにちょこんとのった蕎麦なんて腹の足しになるもんか!と高をくくって、暖簾をくぐると狭い店内に年期を感じさせるテーブルに椅子。
昼食の時間を過ぎたにもかかわらず、混み合った店内に見知らないおじさんと相席。
「ご注文はお決まりですか?」
「すいません、大盛りひとつ下さい」
すると「大丈夫ですか?」
って体調を気にかけてくれているのか?
「はい、元気です!」
「あっ、いえ蕎麦ですが、かなり多いですよ」
「はい、蕎麦大好きですから」
と、さらに念をおされて、注文すると・・・

目の前に現れたのは、これが蕎麦かと思うほどの・・・

30年後

「ご注文はお決まりですか?」
「すいません、大盛り(大)をひとつ」
「うちのお店で食べたことありますか?」
と、今回も念を押されて
「はい、覚悟の上です(笑)」

と、目の前に現れたのは30年前と同じ、蕎麦でできたピラミッド!

大盛り(大)そば

大盛り(大)そば

約30年前(当時10代)若さもあって、かろうじて食べきる事ができたこの蕎麦も、さすがに今の歳でひとりで食べきる事は無理と判断して、今回旅をご一緒した素敵な20代の女性にお手伝いいただいき、完食する事ができました。
注文は彼女が(小)とボクが(大)、彼女が(小)を食べ終わったタイミングで助けていただきました。

蕎麦の味は、ほんとに美味しくて、並なら平らげる事はできるのですが、信州初旅の彼女にぜひここの蕎麦(とくに大盛り)の味とサイズを見てもらいたくて、(大)を注文したしだい。

このお店のメニューでは

  • もりそば(小)
  • もりそば(中)
  • もりそば(並)
  • もりそば(大)

の順になります。
ちなみに、(並)約650g(大)で約1kgだそうです。
気になるお値段は、もりそば(小)¥600−、(大)¥900−
ざるそばはプラス¥50−

高さ・割り箸の長さでみてみましょう。

高さ・割り箸の長さでみてみましょう。

日曜は定休なのでご注意、連休中は開店の11:00の開店前から人が列をつくります。
午前中なら11:30までに店に着くことをオススメします。

ここで掲載した価格は2014年10月10日現在のお値段です。

(2018年8月現在も値段は変わらずこのままです)

まとめ

美味しいモノはやはり適度の量、という方には
「くるみそば」「真田そば」「おろしそば」などのバリエーションもあります。(各¥1050-)
近年ボクは「真田そば」にはまっています。
味噌ベースにだし汁を加えて、なめこやネギなどの薬味を添えていただきます。
これも蕎麦の量は、首都圏の蕎麦屋さんの2倍以上はあります。
量より楽しく美味しくという方にはこちらをオススメします。
また信州上田は映画の街でも知られています、「私は貝になりたい」「犬神家の一族」「るろうに剣心・京都大火編」「晴天の霹靂」など、いろんな映画のロケや舞台になった場所なので、映画の原作本を片手に街を歩いて、お腹がすいたら蕎麦に舌鼓!新蕎麦のこの季節に訪ねてみたいそんな街です。

[mappress mapid=”15″]
〒386-0012 長野県上田市中央2丁目13−23
0268-22-2948
営業時間11:00-18:30(LO18:00)
定休日 日曜日
アクセス しなの鉄道/JR長野新幹線上田駅から徒歩10分


関連記事

10分でできる男レシピ「ラーメン」楽学料理教室

楽学料理教室 いまや、どこへ行っても一人分の総菜やご飯が手に入る時代ですが、インスタント・即席

記事を読む

横浜からバスに乗って京都に着いた♪ハーバーライト号乗車記[旅]

ハーバーライト号 関西と横浜を結ぶ、JR高速夜行バス「ハーバーライト号」 本数は少ないれど、神奈

記事を読む

上田 刀屋でオススメしたい真田そば[旅]

上田 刀屋でオススメしたい真田そば 2017年長野県上田市はNHK大河ドラマ「真田丸」人気

記事を読む

スリムでコンパクト、鞄にスムーズに収まるツールペンスタンドハコビズ(Haco・biz)[文具]

コクヨからペンや文具の道具をコンパクトにまとめてすっきり鞄に収納でき、またデスクでは立つペンスタンド

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

第3回台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具[レポート]

台南ペンショーで発見!万年筆とそれに纏わるすてきな文具 2018年9月東京ではじめてインタ

記事を読む

はじめての台湾〜準備編〜[旅行]

はじめての台湾〜準備編〜 2016年今年も台湾に行くことになりました。 日本からわずか3時間

記事を読む

実践!モジュールシステムで歩く中山道の旅。

モジュールシステムであるく中山道 今回は、アメニティモジュールとガジェットモジュールをメインに

記事を読む

唐戸市場から門司港食べ&歩きの旅[旅]

唐戸市場から門司港食べ歩きの旅 唐戸市場 関門の台所とも呼ばれる下関・唐戸市場は河豚(下関で

記事を読む

万年筆の日 万年筆との出会い方・旅行編[文具]

万年筆の日 旅と万年筆 9月23日は万年筆の日   西暦1809年9月23日、イ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑