*

読んであなたもパリジェンヌ!「旅鞄いっぱいのパリふたたび」堤信子

旅鞄いっぱいのパリふたたび。

旅鞄いっぱいのパリふたたび

旅鞄いっぱいのパリふたたび

日本一美しい文具アナウンサー堤信子さんの新刊が7月30日実業之日本社から発売になりました。

文具をはじめ、雑貨・カフェなど彼女の目にかかったお店は市販のガイドでは得られない魅力がいっぱい!、既刊「旅鞄いっぱいの京都・奈良」を読んで京都・奈良を歩いてみると、この本がなによりのガイドブックとなって、いままでとはひと味もふた味も違う京都・奈良と出会う事ができます。
今回はシリーズ第1弾「旅鞄いっぱいのパリ・ミラノ」からさらにパリをフォーカスを絞って、より広くよりディープなパリを紹介してくれています。

旅鞄いっぱいシリーズ

旅鞄いっぱいシリーズ

ボクなんかはパリって聞いてもエッフェル塔と凱旋門くらいしか思い浮かばない人間だったのですが、彼女の「旅鞄いっぱいのパリ・ミラノ」(シリーズ第一弾)を読んでから、男心にもなんて素敵な街なんだと、日々思いを募らせていた所へ追い打ちをかけるかのように、「旅鞄いっぱいのパリふたたび」が発刊!もう一ヶ月以上パリで過ごしたくなるような衝動に駆られています。

ボクがヨーロッパへ行った時は、10日間の日程のうち9日間はヨーロッパアルプスの山中にいるような「男」ですから、とてもパリの街が似合うとはおもいませんが、そんなボクでも行って見たくなる、個性的な文具やカフェなどパリの街を満喫する事ができるお店が、この本のなかに溢れんばかりにつまっています。
有名な観光地なんかは、いろんなガイドブックに紹介されていますが、ホントのパリを楽しむのなら、裏道のショップやカフェにこそ潜んでいるはず、その水先案内人になってくれるのが、今回のこの本です。

この「旅鞄いっぱいのパリふたたび」でもパリの魅力を存分に満喫することはできますが、著者の堤信子さん自身の口から語られるパリは、きっと本の行間に隠されたパリの魅力を聴くことができるのではないかと、東京で開催されている、シリーズ「旅鞄いっぱいのパリサロン」に出席させていただきました。

今回(2014年7月)で第4回を数える「旅鞄いっぱいのパリサロン」、毎回違うテーマでパリの魅力を最新の情報と堤信子さん独特の視線で紹介してくれる、パリ好き・雑貨好き・文具好き・旅好きのちょっと大人向けのサロンです。
有料のサロンなので、中身の詳細は控えさせていただきますが、美味しいところを少しだけ・・・
ちょっとでも関心があるかたは是非一度参加してみて欲しいですね。

FBページはこちら トランクいっぱいのパリ情報

0000378033_preview

第4回のテーマはホテル
エッフェル塔から一番近くにあるホテルから、四つ星のスウィートホテル、お得な泊まり方やホテル内のアメニティ(写真付きさすが女性目線)さらには一番に気になる料金に至まで、絶妙なトークで紹介。
なんか、明日にでもパリに行けそうな気分に浸れました。ホテルでつかえるワンポイントフランス語講座も、知っておいて損のないコンテンツ。

大人のサロンというだけあって、出席者にはドレスコードが指定されて、パリをイメージするトリコロールカラーを身につける事、という指定が付いていました。

パリっていわれても、行った事がないボクにはピンとこなくて、悩んだあげく文具に詳しい堤信子さんならわかってくれるだろうと、万年筆ラミーサファリを白・青・赤で揃えてジャケットの内ポケットに忍ばせて(ラミーはドイツのブランドですが白・青・赤のトリコロールカラーを演出してみたわけです)。

トリコロール LAMY

トリコロール LAMY

あとは念のためロディアのメモをポケットに。
ロディアRHODIAはフランスのブランドです。

RHODIA

RHODIA

 

後半のフリートーク中にスタッフの方が、各自持参したパリグッズを写真に納め、堤信子さんがテーブルを回って審査、すべて見終わったあと今回のパリグッズ賞2名を選ぶというイベントも行われ、文具好きの堤信子さんの射止めたか!?(笑)
3本のラミーサファリですてきな商品をいただきました、ありがとうございました。

IMG_7659

 

もし機会があれば、パリサロンへも、そしてあなたの日常をパリ色に染める「旅鞄いっぱいのパリふたたび」で、パリ気分を味わっていただければ幸いです。

Au revoir.

 

まとめ

今回のサロンとこの本のおかげで、いままで一度も行った事がなかった、パリの街が目の前に浮かんできて、なんか旅行してきた気分。
今回の東京でブログ3本書きましたが、実はすべて「本」がキーワードになっていました。
結局、日常も非日常も同じものなのかな?と感じます、それをつなぐパスポートが本なのではないかなと。
この「旅鞄いっぱいのパリふたたび」も堤信子さんのエッセイであり、読み物でもあり、彼女の持つコンセプトの集大成として、カテゴリーの枠に縛られない、書店さんとっては、店頭にどこに並べるのか悩む1冊になっています。
この本が120%以上の役割を果たすとすれば、やはりパリへこの本と一緒に行くべきだと思います。
ちょっとイメージしてください、この本とパリに行くと言うことは、シャンゼリゼ通りを堤信子さんと一緒に歩いているって事ですよ(笑)

 


関連記事

見せてもらおうか、SIMカード付き雑誌の性能とやらを(笑)「デジモノステーション」SIMCARD付き雑誌[書評]

デジモノステーション1月増刊号「SIM PERFECT BOOK」 出版業界でも初とな

記事を読む

グランドリーム号はどこがグランド?[旅]

JRバス グランドリーム号 2014年秋から運行を開始した、新型高速夜行バス「グランドリー

記事を読む

ホテルファーストキャビンのファーストクラスで快適ホテルライフ[旅]

ファーストキャビンは新スタイルカプセルホテル ここ数年、東京出張で1番困るのは、ホテルが取

記事を読む

「トヨタの自分で考える力」を読んだらレベルアップ!君も勇者になれる!?[書評]

トヨタの自分で考える力 原マサヒコ著 日本を代表する企業TOYOTAには、さまざまメディア

記事を読む

年賀状のメリットって?[コラム]

年賀状 日本人の習慣として、年始に新しい年の挨拶状をおくるには、節目をつけるいい習慣だと思っていま

記事を読む

優しいホリエモン!堀江貴文講演会in大阪

「ゼロ」堀江貴文(ダイヤモンド社刊)が30万部を超えた! このカテゴリーで、30万部は立派なベ

記事を読む

旅とカメラ カメラバッグの選びかた バックパック編 [旅]

モンベル フレンチガイドパックのススメ 前回はシュルダーバッグを紹介しました。 1泊2日程度

記事を読む

大人の白地図カルトグラフィーと旅ノートは素敵な蜜月?[文具]

大人の白地図カルトグラフィー 旅行の楽しみに、今自分がどこにいるのか? 自分が住んでいる街か

記事を読む

2016年 奈良~東大寺・氷室神社〜サクラ咲く[旅]

奈良・東大寺〜氷室神社のサクラ旅2016 すっかり春の陽気に街が包まれた3月末。 奈良公

記事を読む

門司港ホテルでいつもと違う贅沢な時間をすごす北九州の旅[旅]

門司港ホテルは旅の疲れを癒やす快適な宿 門司港ホテル JR門司港駅から徒歩3分、門司港レ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2.0mm芯ホルダーで楽しむ筆記スタイルの世界[文具]

2.0mm芯ホルダーで新しい鉛筆ライフを楽しむ 芯ホルダーという

現代のシステム手帳についての考察[コラム]

21世紀型のシステム手帳について考える システム手帳が登場したの

旅行のお供に必帯!クリアフォルダーを連れていって![旅文具]

旅のお供に心強い味方、リーズナブルだけど最強の旅文具  ボクは、

CARN d’ACHEフィックスペンシルを愛用するユーザーにオススメしたい、2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けるOHTO芯ケース[文具]

2.0mm替え芯をスマートに持ち歩けたいひとにオススメしたいOHTO2

スマートに持ち歩けるペンケース、PLOTTERメッシュケースSLIM[文具]

PLOTTERメッシュケースSLIMがあればスマートでエレガントな?ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑