*

ビジネス書で読む恋愛指南術?「ビジネスを恋愛だと思えばうまくいく」[書評]

公開日: : 仕事術, 書籍(本・雑誌), 書評

ビジネスを恋愛だとおもえばうまくいく

野呂エイシロウ著
IMG_20150201_0001

えっ逆でしょ!まちがえていない?
本のタイトルは「ビジネスを恋愛だとおもえばうまくいく」、ビジネスを恋愛に例えて、成功に導くビジネス書でしょう。

はい、そのとおりですが、これをひっくり返して・・・いや、素直に読むと、実に巧妙な恋愛指南書に見えてくるから不思議です。
昨今、恋愛ベタでお悩みのあなたにオススメしたい1冊

テーマ

さて本書のテーマは、ビジネス事例を恋愛にたとえて、「納得」「実用」「気づき」が1冊になった、お得感満載のヴァリューセット。

  1. なぜ恋は力を生むのか
  2. ビジネスに恋の気配りを応用する
  3. 恋愛仕事力をアップする気配り日常習慣術
  4. リアルな恋する気持ちをエネルギーにする
  5. 仕事と恋の共通点

この5章からなる本書は、たくみにビジネスモデルをケースに、イヤな仕事を恋愛に例えて乗り切り成功へ導くHowToを紹介してあります。

「企画書はラブレターだ!」

杓子定規な企画書ではなく、好きな人に気持ちを伝えるように、クライアントに自分の想いの丈をぶつけるような企画書だったら?

セールスはナンパだ!

世界一ナンパのうまい会社はApple!Apple Storeの接客応対がいかに、いいナンパの条件を兼ね備えているのか?

会議は聞き上手でうまくいく

会議では発言は大切ですが、聞き上手ほど会議をスムーズに運び、よろこばれる聞き方の極意。

ファッションで好感度をあげよう

と聞くと自信ありの方もいらしゃるかもしれませんが、ビジネスや恋愛における自分のファッショはなんのため?

などなど・・・
すべてにおいて共通している事は、自分視線ではなくて、誰のための?
ビジネスであれば、取引先クライアントや会社の上司であり、恋愛ならもちろん好きな女性のためであります。
ボク自身、これを読みながら大いに反省しているしだいですが、相手を想う気持ちは「相手のために」なんですよね。

「恋」の力

ボクらが若い頃、恋や恋愛は思春期の通過儀礼で、今の若者も同じだと思っていたら、少々時代が変わったようです。
かつては好きな女の子に対する感情表現の代名詞だった「ス○ートめくり」は、イタズラで片付けられた行為が、いまでは「セクハラ」という犯罪扱い。
彼女が好きなテレビ番組や読んでいる本を、それとなく立ち聞きして(もしくはリサーチ)、自分の趣味でもないのに、関心があるふりをして話しかけたり、帰り道をこっそり後をつけいったり・・・いまやストーカー行為(笑)
そういった行為は、ポテンシャル以上の力を発揮したり、自分という枠を拡げ成長のきっかけになったはず。

恋愛と仕事の共通点

この本を読むば、いかに「仕事」と「恋愛」が似ているのかが、見えてきます。
「褒める」という事をひとつ挙げても、朝部下を褒めれば、職場の空気も良くなり、部下も気持ちよく1日を始めることができます。
恋愛においても、「褒めて」もらった相手は、私のことをちゃんと見ていてくれる証になります。

自分の想いを、相手の立場で考えてよろこんでもらう、「ボク」といっしょにいることが楽しいと相手に思ってもらえたら、きっとビジネスも恋愛もうまくいくはず。

まとめ

いまのご時世、仕事ができる社員はいくらでもいます。
本書にも書かれているデータでは、20代で恋愛交際経験が無いと答えた人は未婚男性40.7%もいるのだとか!?
という事は、仕事ができても交際下手な人の方が多いのでは。
ならば、本書の手法をそのまま恋愛に当てはめて、「恋」してみるのはいかがかですか?
もちろん、ビジネス書として活用いただけます(笑)
ボク自身既婚者ですが、いろんな人に会う機会が多いのです。
コミュニケーションの基本は、まず相手を好きになることからはじめています。
この基本姿勢は独身時代から、一環しているので妻もボクが、妻以外の女性と食事をしても「浮気」と怒られた事はありません・・・たぶん。
そう、仕事も恋愛もぶれない心と姿勢が大切なのです。


関連記事

アブラサス薄いメモ帳でどこでもメモ!?[文具]

abrAsus薄いメモ手帳 主にネット販売を主体としている、こちらの会社は実にユニークかつ実用的な

記事を読む

年賀状の巻

年賀状 すでに今年もあと、数日で終わり。 年賀状に追われているのは私だけではない

記事を読む

戦略の教室 賢者は過去から学び愚者は未来を嘆く(書評)

古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室 ~生き抜くための勝利の全法則~ 著鈴木博毅 ダイヤモンド

記事を読む

カフェでサボれる営業マンほど仕事ができる!スターバックス仕事術

カフェでサボれる営業マンほど仕事ができる! というテーマで、カフェの代名詞にまでなっている、スター

記事を読む

文具の老舗・銀座伊東屋の本が出た「文房具BETTER LIFE」[書籍]

銀座伊東屋・文房具BETTER LIFE 明治37年東京銀座で111年、日本の文房具店の看

記事を読む

Kindle Voyageで bon voyage![ガジェット]

Kindle Voyageで bon voyage! ボクは紙の本が大好きで、旅行のパ

記事を読む

いずパパ流”楽学”読書術 #大人の読書

出版不況といわれる今日、それでも毎日*200~400点もの書籍の新刊が書店の店頭へ運ばれていきます、

記事を読む

サライの檸檬万年筆と梶井基次郎[文具]

雑誌サライ付録の檸檬万年筆と梶井基次郎 月刊雑誌「サライ(小学館)」に「ミニ檸檬万年筆」の

記事を読む

読んであなたもパリジェンヌ!「旅鞄いっぱいのパリふたたび」堤信子

旅鞄いっぱいのパリふたたび。 旅鞄いっぱいのパリふたたび[/caption] 日本一美しい

記事を読む

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピで、おうちで割烹気分!?[書評]

赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピ 春夏秋冬 著者降旗壽眞子 10月に集英社から発売され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

文紙メッセ2022会場レポート[文具]

文紙メッセ2022会場レポート  大阪の夏を飾る文房具のイベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑