*

スマートグリップで変身!フリクションボールがさらにカッコ良く書きやすさもアップ![文具レビュー]

公開日: : 最終更新日:2018/09/05 大人文具, 文房具, 製品レビュー

UNUS PRODUCT SERVICE.の「SMART-GRIP」シリーズから新しいモデルが登場!

いつものフリクションボールがバージョンアップ!?


これまでに、身近な筆記用具が簡単にカスタマイズできる製品を発売してきたUNUS PRODUCT SERVICE.から、もっとポピュラーなPILOTフリクションボールに対応した「SMART-GRIP」が発売になりました。

特徴

UNUS PRODUCT SERVICE.の「SMART-GRIP」は金属(アルミ製)のグリップでフリクションボールシリーズのノックと2色タイプに対応した2つのモデルが新しくラインナップに加わりました。
本来のフリクションボールは、グリップ部分にゴム製グリップを採用して、滑りにくく書きやすいのが特徴のフリクションボールは、使っていて不満もありませんでした。
が、この「SMART-GRIP」に交換してみると、適度な重さがフリクションボールの重心を下にする事になり、筆記中のバランスが良く疲れにくく感じ、暑い季節には汗でゴム製グリップがべたつく心配もなく、使い勝手さらに増しました。

使い心地の良さの秘密

ローレットタイプ

ローレットタイプとは表面に凹凸の加工を施した事いう・・・そうです。
この凹凸が使いやすさを向上させたポイントのひとつ。

今回の製品は2タイプ

  • フリクションボールノック
  • フリクションボール2

消せるボールペンとして、一躍人気となったフリクションボールは、学校や職場、家庭でも日常的に気軽に使えて人気のある筆記具です。
中でもフリクションボールノックは1本230円という価格(税別)、最近ではカラーバリエーションも豊富になり、ひとりで数本持ち歩く人もすくなくありません。

さてSMART-GRIP

SMART-GRIPシリーズは以前にもマルチタイプ用に発売されています。
その時はフリクションボール3・4/UNIジェットストリーム4&1といった多色(マルチタイプ)に対応したモデルでした。
今回のモデルは単色ノック式(シングルタイプ)と昨年新しく発売になったスリムな2色タイプに対応したグリップです。

使い方はいたって簡単!

写真はフリクションボールノック用モデル

インクリフィルを交換するときにように、本体のグリップ部分を回して外し、「SMART-GRIP」と交換するだけ。
工具も接着剤も必要ありません。

カラーバリエーション

フリクションボール2とフリクションボールノックタイプ共にカラーバリエーションはそれぞれ5色

カラーバリエーションは5色展開

  • ブラック
  • グレー
  • シルバー
  • ブルー
  • レッド

高級感がある金属グリップで筆記性の向上だけでなく見た目のゴージャス感も魅力ある特徴のひとつです。

フリクションボールノックタイプ

フリクションボールノックタイプ

1色タイプのフリクションボールノックは0.5mmと0.7mmが発売中です。
インク容量も多く筆記量が多い人に人気のあるフリクションボールノックは定番モデルのほかに記念限定モデルや企業コラボやアメニティとしても多種多様なデザインが豊富なモデルです。
「SMART-GRIP」は今回5色が同時発売になっているので、ボディのカラーにあわせてお気に入りの組み合わせを楽しむ事ができるのは、このフリクションボールノックのアドバンテージです。

フリクションボール2

フリクションボール2

フリクションボール2はフリクションボールシリーズの中では比較的新しいモデルです。
フリクションボール3・4に比べボディがスリムで、黒と赤だけで十分という人には便利なモデルです。
「SMART-GRIP」も、このモデルにも早々に対応しての登場です。

比較してみてると?

比較

どちらもフリクションボールノックですが、アルミを採用した「SMART-GRIP」の質感がひときわ際立って目に映ります。
この見た目{格好良さ}もモチベーションをアップさせる大きなポイント。
最近話題の「女子文具」も可愛さ+実用性がウリですからね「男子文具」はカッコ良くなくていけません!もちろん女性が使っても素敵だと思いますよ。

 

使ってみたい裏技!?紹介

ボディのカラーに合わせて「SMART-GRIP」を装着するだけで、自分だけのフリクションボールをアピールできて、人が集まる場所で使っても誰のボールペンかすぐにわかるメリットももれなくついてくる特典ですが・・・
さらにもう一歩カスタマイズを楽しむのなら「SMART-GRIP」を2個購入して先端部分を組み替えて使うのはいかがでしょう?

説明書には記載されていませんでしたが、先端部分を回すと簡単に外れます。

ひときわ目立つブラック&レッドのフリクションボールの誕生です。
この裏技はフリクションボールノックとフリクションボール2でも可能です。

まとめ

いまでは国民的ボールペンの位置のあるフリクションボールは価格も手ごろで、日常もあまりに自然に使う筆記具となり、使い勝手にも大きな気を払うことなかった訳ですが、今回の「SMART-GRIP」でまだまだ使い勝手が向上することを知りました。

「SMART-GRIP」はボールペン本体の価格から見ると少々投資に当たる金額ですが、使い勝手の向上と合わせて、いつものフリクションボールが取引先の営業でも遜色なく使える筆記具に昇華させることができるのは大きなメリットと思えます。
最近のボールペン市場は生き馬の目を抜く勢いで新製品ラッシュが続いています。
つい新しい筆記具に目を奪われて、机の隅に紛れたしまった定番筆記具をUNUS PRODUCT SERVICE.のシリーズは再びペンケースのレギュラーに復活させる魅力持ったラインナップで毎回ボクらを楽しませてくれます。

個人的見解

現在ライターとして取材に出る機会も多くて、コンセプトとして身軽に持ち物は少なめにしたい派なので「フリクションボール2」モデルが活躍してくれそうな予感です。

UNUS PRODUCT SERVICE. SMART-GRIP フリクションボール2モデル

UNUS PRODUCT SERVICE. SMART-GRIP フリクションボールノックモデル

参考 フリクションボール3&4タイプ

*本製品は文房具メーカーとの共同開発ではないため、ご使用は本人さまの責任になります。
杓子定規的な注意で恐縮ですが大人の都合をご理解ください。
これまで、UNUS PRODUCT SERVICE.製品を使ってきましたが、特に問題が生じたことはありません。個人の見解としてここに記しておきます。


関連記事

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力の万年筆récolte(レコルト)誕生[万年筆]

実りの穂が金色に輝く芳醇な魅力な万年筆récolte 晩秋、紅葉の秋からから冬へと季節つな

記事を読む

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook[文具レビュー]

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook   Was

記事を読む

飾り原稿用紙が優しく本を包む?間違った原稿用紙の使い方[文具]

飾り原稿用紙で楽しむ間違った原稿用紙の使い方 飾り原稿用紙 2015年にあたぼうステイシ

記事を読む

ドイツのハンドメイドインク・ヤンセンの魅力[文具]

Jansen(ヤンセン)はドイツの万年筆インクのブランド ハンドメイドインクという、日本では考

記事を読む

飾り原稿用紙でイキを楽しむ原稿用紙の使い方[文具]

あたぼう(株)「飾り原稿用紙」 原稿用紙エッセイ 「原稿用紙」という言葉にふれるのは

記事を読む

デザインフィルから発売されたMDペンケース倉敷帆布の魅力[文具]

デザインフィルMDペンケース倉敷帆布 「書く」を愉しむMDノートで人気のデザインフィルから

記事を読む

旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン[文具]

旅のお供に絶対便利なコクヨのボビン 旅行中の車内で出たゴミをスマートに処理するためのマス

記事を読む

Plotter PopUp Store in 名古屋でみつけた逸品文具[文具]

Plotter PopUp Store in 名古屋でみつけた逸品文具 デザインフィルのブラン

記事を読む

TWSBI万年筆ダイヤモンドに新色エメラルドグリーンが登場!

TWSBIダイヤモンド580ALに新色エメラルドグリーンが登場!次の1本に欲しくなる宝石のような美し

記事を読む

羽根のない扇風機 ダイソンピュアクールの体感レビュー[レビュー]

ダイソンピュアクールで初めての体感レビュー 羽根のない扇風機Dyson cool ダイソンク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

文紙メッセ2022会場レポート[文具]

文紙メッセ2022会場レポート  大阪の夏を飾る文房具のイベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑