*

紳士な大人に持ってほしい、3本差しキャップケース

公開日: : 最終更新日:2014/11/28 ガジェットモジュールプロジェクト, 万年筆, 文具, 文具モジュール

ナガサワ文具センター製 3本差しキャップケース

先日、ある放送作家の方のFacebookページで見つけたユニークなエピソード。
百貨店で買い物をして送り状に住所を書く際に、チープな4色ボールペンを差し出されて、思わず自分のペンで記入したそうです。

どうでしょう、この放送作家の方が大人げないでしょうか?それとも百貨店の店員の方の不注意でしょうか?

上の僕の文章では、細かいニュアンスが伝わらないかもしれません。

僕は営業時代、次の点にはかなりの気配りをしていました。

  1. 取引先の担当者より高価なものは身につけない
  2. 分相応の身だしなみは心がける
  3. ノベルティ品は使わない。

1、まず相手に劣等感を与えるものは御法度、営業では例え同等の関係でも先方をたてるのが基本。

2、20代の新人と30代の中堅、40〜50代の管理職で、それ相応のものを身につけないと、これも先方に対して失礼にあたります。

3、僕は出版関係の仕事でしたのが、◯◯出版へ仕事で伺うときに他の出版社のロゴの入ったペンでは当然失礼ですよね。

場をわきまえた身なり(TPO)が必要だという事です。

 

上のお話では、百貨店の店員さんは自分の会社のブランドを背負っているにも関わらず、チープなペンで差し出した事に問題があった訳です。

商店街と百貨店では客単価が大きく違います、もちろん1,000円の客も100,000円の客も同じ(厳密には同じであってはいけないのですが)ですが、百貨店は商品だけではなく、サービスとブランドでお金を取っている業態です。

さてさて、分相応という言葉がありますが、20代から50代の方が持っておいて恥ずかしくない、それでいて相手に失礼を与えないペンモジュールを紹介します。

ナガサワ文具センター 3本差し キップペンケース

背広の内ポケットにきれいに収まるスリムさと、3本しか持たないという潔さ、さらに上品な革製ペンケースに紳士な風格を感じさせます。

やや年配向け?という感はあるけれど、価格¥5,400-なので決して重役向け(笑)の商品ではないです!

 

3本差しペンケース

3本差しペンケース

 

使うほどに、革が柔らかく色が変化していくので、若い方にはこのペンケースと一緒に年を重ねて欲しいと思います。

さらに、ペンを抜くと!?

ペントレイに!

ペントレイに!

このように、デスクの上においてもペンが転ばない、ペントレイとしても活躍してくれます。

ナガサワ文具センター(楽天)のサイトはコチラ

そこで、オススメの3本を紹介します。

LAMY 2000万年筆

Lamy 2000

Lamy 2000

1930年ドイツで生まれたこのブランド、Lamy2000シリーズは西暦2000になっても見劣りしないデザインコンセプトで、すでに40年以上が経過しています。

このデザインに惹かれるユーザーは少なくありません。

 

できれば、お店で手にとって購入ください。

LAMY2000 4色ボールペン

LAMY2000 ballpen

LAMY2000 ballpen

万年筆と同じシリーズ

コンセプトは同じなので、おそろいで持ち歩くのもカッコいいです。

 

もう1本はシャープペンシルを持ち歩きたい方にはこちら、LAMY2000シャープもあります。

 

PAKER INGENIUTY

僕が3本目にオススメしたいのが、3年前に発売された第5世代筆記用具パーカー「インジニューティ」。
そのなめらかな書き心地は、万年筆に限りなく近く、ローラーペンに紙を滑る心地よさ。
万年筆ともボールペンとも違う新世代の筆記用具です。

まとめ

見栄を張る・かっこをつける
ってあまりいい意味でつかわれる言葉じゃないですが「他人から見られている」って云う事を意識するのは大切なことです。
もし仮に、自分の彼氏・彼女やご主人・奥さんが、あまりにもだらしないカッコしてたらどう思います?
仮に、ご主人がだらしないカッコしていると、奥さんまでそんな風に見られてしまいます。
贅沢を奨励するのではないですが、最低限の身だしなみと、大人を演出する小道具を身につけておく事は人生のプラスに必ずつながります。
追記
とうわけで、全国の男性諸君!女性は腕時計や靴など、そんなところをしっかり見てますよ(笑)
こちらのペンケースは、2013年秋に発売されたの扶桑社ムック「文具自慢」に掲載していただきました。
自慢した訳ではなかったのですが・・・


関連記事

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆[文具]

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆 お手軽万年筆 海外ブラ

記事を読む

ナガサワ文具センター キャップレザーマルチロールペンケース7本差しペンケースが収納ポケットを装備して新登場[文具]

キャップレザーマルチロールペンケース 一般文具だけではなく、自社オリジナルブランドを販売し

記事を読む

ここまでできる?モバイルバッテリー活用術。

モバイルバッテリー活用術 前回、新しいモバイルバッテリーを紹介しました。 今回はその活用例を紹介

記事を読む

なんでやねん!大阪弁マステが楽しいmtマルシェ梅田/ 和紙膠帶[文具]

mtマルシェ at うめだ阪急 2015年1月14日、大阪梅田阪急百貨店9階会場ではじまったm

記事を読む

Pat-mi(パットミー)これは使える!2016年の最強手帳[文具]

Pat-mi(ぱっとみー)は2016年最強手帳!? Pat-mi[/caption] 手帳の役

記事を読む

STAND UP PENCASE grain どこでも活躍!携帯性に優れた立つペンケース[文具]

STAND UP PENCASE メーカーのgrainは機能製を追求したブランドで、他

記事を読む

マスキングテープ大好きさんに送る、スマートなマステ携帯術。紙膠帶 [文具]

スマートマステ携帯術 僕のまわりのも「文具大好き!」という人たちがたくさんいます。 なかでも最

記事を読む

万年筆インクボトルの底に残ったインクを100円均一ショップで解決する方法!?鋼筆墨水[文具]

色彩雫iroshizuku 色彩雫ミニボトル[/caption] ミニボトルをベタほめした

記事を読む

映画のなかの万年筆「王妃の館」[文具]

映画のなかの万年筆「王妃の館」 映画「王妃の館」[/caption] 17世紀フランス

記事を読む

カク手帳 誰もが知っているあの手帳この手帳を作っている凄いメーカーから初のオリジナルブランド手帳[文具]

田中手帳株会社 カク手帳 カク手帳は大阪に工場を構える創業70年を迎える老舗手帳メーカーで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくなる魅惑の文具[文具]

ナガサワ文具センターオリジナルシステム手帳リフィルは万年筆が使いたくな

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳術[文具]

スタンダードブックストアのオリジナルマスキングテープ「日付」を使う手帳

銀座ゴールドセピア登場!はじめてのkobeINK物語「大人の銀座」の物語[文具]

伊東屋銀座店でkobeINK物語「銀座ゴールドセピア」発売! 神

ナガサワ文具センター本店ワークショップも可能なarts&crafts WHITE BRICKSオープン[文具]

ナガサワ文具センターarts&crafts WHITE BRICKSオ

阪急 文具の博覧会2017はまるで文具のアミューズメントパーク!〜自分らしいノート作り〜[文具]

阪急 文具の博覧会2017レポート 文具の博覧会はアミュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑