*

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 万年筆

TWSBI日本上陸!台湾からやって来た普段使いにピッタリな万年筆

DSC_1762

お手軽万年筆

海外ブランドで日常的に使い易い万年筆といえばLAMYサファリが日本でも人気、万年筆本体のカラーバリエーションも豊富で、ひとりで数本持っているユーザーも少なくありません。
万年筆・文房具にあまり興味がない人でも、気軽に購入できて使える万年筆として今や不動の定番アイテムといえます。
ところが2015年ドイツから「online」が日本へ再上陸。
LAMYサファリ・アルスターの価格(¥4000〜5000円クラス)で購入できる万年筆をラインナップにビギナーもターゲットにしたお手軽万年筆が発売になりました。
そして今年(2016年)、日本人に引けをとらない文具ファンが多い台湾発のブランド「TWSBI」(ツイスビー)がもうまもなく日本に登場します。
きょうはTWSBIのお話し。

TWSBI

ツイスビーはお隣の国台灣ブランドの万年筆。
海外の名門「モンブラン」「パーカー」「ラミー」「デルタ」「ペリカン」などと比べると決して歴史があるメーカではありません。
今まではOEM製品で活躍してきたメーカーでした。
しかし、文具大国台湾での実力を確立したブランドが今度は日本市場に登場です。

ラインナップ

TWSBI

TWSBI

写真左から

  1. エコ
  2. ダイヤモンド mini classic
  3. ダイヤモンド 580

1.エコ

エコ

エコ


スケルトンなボディに吸入式の万年筆。
価格¥4800-(税別)はまさにLAMYサファリ・アルスターの対抗馬。

2.ダイヤモンド mini classic

mini

mini


ショートサイズなスケルトン万年筆、こちらも吸入式で中のインクのカラー・残量が一目でわかります。
価格¥8500-(税別)

3.ダイヤモンド 580

ダイヤモンドclassic

ダイヤモンドclassic


ペリカンM800クラスのサイズで持ちやすさ書き心地を求めるならこの1本。
このモデルは全身スケルトンボディー。
価格¥10500-(税別)

さっそく試筆してみると

DSC_1764

ペン先

ペン先はすべスティール製でいわゆる鉄ペンですが、エコ・classic・mini ダイヤモンド580で微妙に異なります。

写真はminiclassic

写真はminiclassic


今回筆記したペン先の太さは「M」「EF」
同じインクで書いてみても、ペン先の太さで色まで微妙に異なります。
これは万年筆の特徴でもありますが、「EF」より「M」の方がやや明るい感じがします。
ここで比較にされるLAMYサファリ・アルスターも同じ鉄ペンですが、TWSBIのほうがより柔らかい感触でなめらかな書き心地が楽しめました。
これは好みが分かれるかもしれませんが、LAMYサファリ・アルスターのような「カリカリ感」はありません、なので鉄ペンっぽくない?鉄ペンです。

文字太さ

classicmini「M」

mini classic「M」


LAMYだけでなく、海外ブランドのペン先(太さ)はおなじ「F」だとしても、海外ブランドのほうが、国産万年筆より太くなります。
ペリカンの「F」(細字)と国産の「M」(中字)が同じくらいの太さだったりするのですが、TWSBIの「M」は国産「M」とほとんど変わらない太さに感じましたね。
またキャップは尻軸にねじ込むタイプなので、筆記時にキャップが外れる心配が無い上に、キャップをつないだ状態でのバランスが良い感じなので、この当たりはよく出来ています。

インクは吸入式

インクの補充は尻軸の吸入ノブを回して一度インクを押し出す形態にしてから、インク瓶にペン先を浸けて、尻軸を元に戻すようにして、インクを本体に吸い上げます。
1.中身を空にするように尻軸の吸入ノブを回転させる。

吸入式

吸入式


2.尻軸の吸入ノブを回転させて元へもどす。
DSC_1774
この吸入式万年筆の特徴は、インクを入れる度にインクの通り道をクリーニングすることになるので、使っている事がすなわちメンテナンスというお得な機能です。

スケルトンボディ

中がスケスケ?万年筆に入れているインクの色がよくわかるのと同時にインクの残量がわかるので、いざ外出先でインキ切れ!というケースが起きにくいというメリットがあります。

インクボトル

吸入式万年筆ということはインクカートリッジやコンバータが使えません。
なので、市販の万年筆インク(インク瓶)で購入する必要がありますがTWSBIから2種類のインク瓶が同時に発売されました。

1.ダイヤモンド50インクボトル

ダイヤモンド50インクボトル

ダイヤモンド50インクボトル


やや小さめのインクボトルで形態に便利?ただし安定性にはやや不安が残りそうです。

2.ダイヤモンド580CLEAR

ダイヤモンド580CLEAR

ダイヤモンド580CLEAR


こちらは中にリザーバーが内臓されていて、ペン先の溝とインク瓶の溝がかみ合う行動になっていてインク吸入の際の安定感はさらに増します。

まとめ

2015年冬に台湾へ行ったときから、気にかかっていた万年筆TWSBIがいよいよ日本でも発売されるようになりました。
価格も万年筆としては、お手頃価格なので、筆記具に興味がある・スキな人にならオススメしたい1本です。
特筆すべきは「鉄ペン」らしくない書き心地で、いままで「鉄ペン」はちょっと!というユーザーにも試してみて欲しいと思います。
今回写真はありませんが、メンテナンスツールが標準で付属している点もTWSBIの特徴のひとついえるでしょう。
難点があるとすれば、ボディに指紋がつきやすいという点(エコとclassicmini)とキャップのクリップの安定がやや弱いと言う点(ロットの問題かな?)あとは、日本で実際に手に触れることができる店舗はまだまだ多くない事、これから増えて行く事と思います(期待)。
万年筆のカラーインクを楽しむ事が最近の万年筆ユーザーの流行なようです。
そういったユーザーにもこころから楽しんでもらえる1本と思います。
おことわり
今回の記事では、メーカーの正確な資料がないため、店頭等でも情報を元にしています。
名称等がメーカー呼称と異なる場合があるかもしれません、あらかじめご了承ください。

関西の取り扱い店舗

ナガサワ文具センターさんちか店
住所: 〒650-0021 兵庫県神戸市中央区 1丁目10番1号 さんちか3番街(地下街)
電話:0783914713
営業時間: 10:00〜20:00
定休日:不定休(さんちか3番街に準ずる)
なぜか?ナガサワ文具センター本店では取り扱っていません。
[mappress mapid=”52″]

写真について

今回の写真は神戸ナガサワ文具センターさんちか店様のご協力撮影させていただきました。

Amazon参照
TWSBIダイヤモンド580


関連記事

セルロイド万年筆 大西製作所・匠の技を見た![文具]

セルロイド万年筆に匠の技を見た。 セルロイド万年筆[/caption] 日本でも数少ない手仕事で

記事を読む

映画のなかの万年筆「王妃の館」[文具]

映画のなかの万年筆「王妃の館」 映画「王妃の館」[/caption] 17世紀フランス

記事を読む

9月23日は万年筆の日 万年筆で書こう!

万年筆の日 西暦1809年9月23日 イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュ

記事を読む

SUITO 万年筆クリーニングペーパーでいつもキレイなペン先を[文具]

SUITO cleaning paper SUITO(すいと)は、万年筆のペン先をキレ

記事を読む

はじめての万年筆・購入前にチェックしておきたいたったひとつのポイント〜ペン先〜[文具]

はじめての万年筆選びのポイント〜ペン先〜 万年筆を選ぶ場合にとても大切なポイントがあります、そ

記事を読む

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ〜钢笔墨水〜[文具]

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ いきなりで恐縮だが、万年筆インクも増え

記事を読む

プラチナ万年筆#3776センチュリー ペン先Cで楽しむ大冒険[文具]

プラチナ万年筆#3776センチュリー プラチナ万年筆#3776センチュリーは国内最高のパフ

記事を読む

LAMY ダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆[文具]

ラミーダイヤログ3は魅惑のキャップレス万年筆 LAMY(ラミー)はドイツらしさが染み渡るペ

記事を読む

ハイエースネオ クリア万年筆・透けてみるボディはこんなに便利!?[文具]

セーラー万年筆からハイエースネオクリア登場 セーラー万年筆からスケルトンボディで、しかも本

記事を読む

ラミーサファリ、ペン先を交換して蘇る「復活の儀」[文具]

ラミーサファリ「復活の儀」 ラミーサファリはお値段も手頃で、万年筆初心者にも楽しんでも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑