*

立つペンケース、ネオクリッツがスリムになって新登場!携帯しやすいフラットモデルは鞄にジャストフィット[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/02/03 文具

ネオクリッツフラット スリムなペンケースがスタンドに!?

DSC_1049

ネオクリッツ

立つペンケースとして人気のネオクリッツは、ペンケースでありながら自立する事ができて、机の上ではペンスタンド、ファスナーを閉じればそのままペンケースになって鞄に入れて持ち運びすることが可能です。
2016年2月1日(Amazon発売日)ネオクリッツに新しいモデル「ネオクリッツフラット」が登場しました。
「FLAT(フラット)」はその名の通り、限りなくフラットなデザインとなり、持ち運びをする際、鞄などに収納しやすい機能を加えました。

ここが便利!ネオクリッツフラット

・フラットデザインで鞄への収納がスマートに。
・極薄20mm!薄くなっても最大15本収納可能な大容量。
・3つのポケットにいままでに入れられなかったメモなども一緒に携帯。

フラットデザインで鞄への収納がスマートに

いままでのネオクリッツも無駄のないデザインで、収納時は鞄の隙間にすっぽり入るデザインでした。
でもフラットは、単体での持ちやすさ。
IMG_8428
手帳や本などと一緒に持ち歩く特に、手に収まりやすいデザインになりました。

極薄20mm!薄くなっても最大15本収納可能な大容量

薄くなってもネオクリッツと同じ最大15本の収納性能を誇ります。
さらに見た目もスッキリ、普段使いのノートや本と一緒に持てるスリムさです。

3つのポケットにいままでに入れられなかったメモなども一緒に携帯

新しいポケットはネオクリッツより大きなポケットを採用、メモや付箋なども一緒にまとめられます。
DSC_1047
例)リヒトラブのアクアドロップ(メモ)とカンミ堂カード付箋

リヒトラブ アクアドロップ(リングメモ)

リヒトラブ アクアドロップ(リングメモ)


カンミ堂カード付箋

カンミ堂カード付箋

余談:底から見てみると

これもスリム

これもスリム

ネオクリッツVSネオクリッツフラット収納対決

実際に最大収納15本を入れみて比べてみましょう

ネオクリッツ

ネオクリッツ

ネオクリッツ


ネオクリッツフラット
DSC_1041

フル装備状態

DSC_1058

ファスナーを閉じたペンケース(携帯)モード

左)フラット・右)ネオクリッツ

左)フラット・右)ネオクリッツ

どちらがよい・悪いの比較ではありませんが、ネオクリッツフラットは15本入っているとは思えないスリムさを実現しています。
コクヨの公式サイトでは約40%のスリム化に成功とうたっています。

ネオクリッツフラット

実際に鞄の入れた時はどうでしょうか?
今回は、鞄自身が大きな文具箱といわれている「ひらくPCバッグ」で検証します。(中が見やすいので)

ひらくPCバッグ

ひらくPCバッグ


ひらくPCバッグを「開いた」状態
斜めから見ると

斜めから見ると


この角度で見ると、いっしょに入れている手帳(トラベラーズノート)や書籍とキレイに収まっているのがわかります。
ネオクリッツを入れるときは右端が定位置でしたが、ネオクリッツフラットを持ち運びに使えば、右隅のコーナーにタンブラーや水筒などを収める事ができます。
コーナーの有効活用です。

データネオクリッツフラット

発売日:2016年2月1日
メーカー:コクヨ
販売価格」¥1300-(税別)
カラー:4色(ネイビー・ピンク・ブルー・グリーン)
今回の撮影はネイビーを使用しています。

コクヨ公式サイトからのスクリーンショット

コクヨ公式サイトからのスクリーンショット

双方のメリットから検証するまとめ

スマートに持ち歩きたいと云う方にオススメ!
ネオクリッツの最大のメリットは、デスクで使っている常用筆記具を外出の時、さっと持ち出せる事。
外出先でも自分がよく使う筆記具が常に揃っている、すなわちどこでも同じ環境で仕事や勉強ができるという事に尽きます。
ネオクリッツとネオクリッツフラットもその利点はまったく損なわれていません。
あえて違いがあるとすれば、ペンスタンドとしてはネオクリッツが有利、携帯性はネオクリッツフラットが便利といった感触です。
どちらも、ほんとによく出来たペンケースなので、優劣は付けられませんが、使う時の優先度で選んでみると、利便性をさらに実感できるのでは無いかと思います。
収納はMAX15本という事ですが、10本程度に留めておくのが1番パフォーマンスを発揮できると感じました。
なにごとも「腹八分」かな(笑)

過去記事

ネオクリッツ(スタンダードモデル)の紹介記事はコチラ

Amazonネオクリッツフラット


関連記事

文具紳士は小技で決める?神戸インク物語ピンズ#おとな文具

NAGASAWAオリジナル「七宝オリジナルピンズ」 神戸ナガサワ文具センターのオリジナルの神戸

記事を読む

絵画とインクのハーモニー、Kobe INK物語「ターナーカフェ」

ターナー展開催! 2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立美術館でターナー展が開催される

記事を読む

「モノが少ないと快適に働ける」ではじめるデスクのダイエット本[書評]

モノが少ないと快適に働ける 土橋正著   土橋正さんといえば、文具コンサル

記事を読む

SAKURA MOLESKINE 桜モレスキンをつくろう![ノート術]

桜モレスキンをつくろう! 今年も桜の季節がやってきました。 朝の通勤や会社での昼休み

記事を読む

アブラサス薄いメモ帳でどこでもメモ!?[文具]

abrAsus薄いメモ手帳 主にネット販売を主体としている、こちらの会社は実にユニークかつ実用的な

記事を読む

これは使える!シヤチハタページナンバースタンプ。

シヤチハタページナンバースタンプ ノートにページNoを付けたり、カードにナンバリングするのは至って

記事を読む

HI-TEC-C Coleto 1本で5本分を持ち歩く多色使いの助っ人ボールペン[文具]

HI-TEC-C ColetoはPilotの大人気ゲルインクボールペン 若い女性のみならず(こ

記事を読む

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ〜钢笔墨水〜[文具]

パイロット色彩雫miniボトルが超便利な3つのわけ いきなりで恐縮だが、万年筆インクも増え

記事を読む

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクションインク[万年筆インク]

ダイアミン 150thアニバーサリーコレクション 万年筆インクのカラーバリエーションについては何

記事を読む

梅田蔦屋書店 オリジナルインク「蔦葉」は新緑の蔦グリーン[文具]

梅田蔦屋書店オリジナル万年筆インク「蔦葉(つたのは)」 2015年5月8日オープンした、梅田蔦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU難波店[文具]

オリジナルノートとインク作りが楽しめる都心の万年筆専門店KA-KU難波

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つのはボールペン!?[文具]

突然の雨でずぶ濡れ!いざという時に役立つバインダー式クリップボールペン

TWSBI ecoに日本限定カラーサンセットオレンジが登場![レビュー]

TWSBIからはじめての日本限定カラーサンシャインオレンジが発売

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook[文具レビュー]

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook

LIHIT LAB×無印良品 最強タッグで旅をより便利にするメモをつくる[文具バリスタ]

LIHIT LAB×無印良品 ツイストメモとポケットシールカードサイズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑