*

立つペンケース、ネオクリッツがスリムになって新登場!携帯しやすいフラットモデルは鞄にジャストフィット[文具]

公開日: : 最終更新日:2016/02/03 文具

ネオクリッツフラット スリムなペンケースがスタンドに!?

DSC_1049

ネオクリッツ

立つペンケースとして人気のネオクリッツは、ペンケースでありながら自立する事ができて、机の上ではペンスタンド、ファスナーを閉じればそのままペンケースになって鞄に入れて持ち運びすることが可能です。
2016年2月1日(Amazon発売日)ネオクリッツに新しいモデル「ネオクリッツフラット」が登場しました。
「FLAT(フラット)」はその名の通り、限りなくフラットなデザインとなり、持ち運びをする際、鞄などに収納しやすい機能を加えました。

ここが便利!ネオクリッツフラット

・フラットデザインで鞄への収納がスマートに。
・極薄20mm!薄くなっても最大15本収納可能な大容量。
・3つのポケットにいままでに入れられなかったメモなども一緒に携帯。

フラットデザインで鞄への収納がスマートに

いままでのネオクリッツも無駄のないデザインで、収納時は鞄の隙間にすっぽり入るデザインでした。
でもフラットは、単体での持ちやすさ。
IMG_8428
手帳や本などと一緒に持ち歩く特に、手に収まりやすいデザインになりました。

極薄20mm!薄くなっても最大15本収納可能な大容量

薄くなってもネオクリッツと同じ最大15本の収納性能を誇ります。
さらに見た目もスッキリ、普段使いのノートや本と一緒に持てるスリムさです。

3つのポケットにいままでに入れられなかったメモなども一緒に携帯

新しいポケットはネオクリッツより大きなポケットを採用、メモや付箋なども一緒にまとめられます。
DSC_1047
例)リヒトラブのアクアドロップ(メモ)とカンミ堂カード付箋

リヒトラブ アクアドロップ(リングメモ)

リヒトラブ アクアドロップ(リングメモ)


カンミ堂カード付箋

カンミ堂カード付箋

余談:底から見てみると

これもスリム

これもスリム

ネオクリッツVSネオクリッツフラット収納対決

実際に最大収納15本を入れみて比べてみましょう

ネオクリッツ

ネオクリッツ

ネオクリッツ


ネオクリッツフラット
DSC_1041

フル装備状態

DSC_1058

ファスナーを閉じたペンケース(携帯)モード

左)フラット・右)ネオクリッツ

左)フラット・右)ネオクリッツ

どちらがよい・悪いの比較ではありませんが、ネオクリッツフラットは15本入っているとは思えないスリムさを実現しています。
コクヨの公式サイトでは約40%のスリム化に成功とうたっています。

ネオクリッツフラット

実際に鞄の入れた時はどうでしょうか?
今回は、鞄自身が大きな文具箱といわれている「ひらくPCバッグ」で検証します。(中が見やすいので)

ひらくPCバッグ

ひらくPCバッグ


ひらくPCバッグを「開いた」状態
斜めから見ると

斜めから見ると


この角度で見ると、いっしょに入れている手帳(トラベラーズノート)や書籍とキレイに収まっているのがわかります。
ネオクリッツを入れるときは右端が定位置でしたが、ネオクリッツフラットを持ち運びに使えば、右隅のコーナーにタンブラーや水筒などを収める事ができます。
コーナーの有効活用です。

データネオクリッツフラット

発売日:2016年2月1日
メーカー:コクヨ
販売価格」¥1300-(税別)
カラー:4色(ネイビー・ピンク・ブルー・グリーン)
今回の撮影はネイビーを使用しています。

コクヨ公式サイトからのスクリーンショット

コクヨ公式サイトからのスクリーンショット

双方のメリットから検証するまとめ

スマートに持ち歩きたいと云う方にオススメ!
ネオクリッツの最大のメリットは、デスクで使っている常用筆記具を外出の時、さっと持ち出せる事。
外出先でも自分がよく使う筆記具が常に揃っている、すなわちどこでも同じ環境で仕事や勉強ができるという事に尽きます。
ネオクリッツとネオクリッツフラットもその利点はまったく損なわれていません。
あえて違いがあるとすれば、ペンスタンドとしてはネオクリッツが有利、携帯性はネオクリッツフラットが便利といった感触です。
どちらも、ほんとによく出来たペンケースなので、優劣は付けられませんが、使う時の優先度で選んでみると、利便性をさらに実感できるのでは無いかと思います。
収納はMAX15本という事ですが、10本程度に留めておくのが1番パフォーマンスを発揮できると感じました。
なにごとも「腹八分」かな(笑)

過去記事

ネオクリッツ(スタンダードモデル)の紹介記事はコチラ

Amazonネオクリッツフラット


関連記事

先生にオススメ!神戸インク物語「元町ルージュ」人気の秘密?

神戸インク物語 は、ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆インク。 このラインナップの#20

記事を読む

万年筆インクノートのススメ![文具]

万年筆インクが百花繚乱 万年筆のインクって「ブラック」「ブルーブラック」「ブルー」くらいだ

記事を読む

フリクションスタンプ大人も子供もよろこぶ10の理由・摩磨擦[文具]

消せるボールペン「フリクションボール」シリーズから、消せるスタンプ「フリクションスタンプ」が登場

記事を読む

年賀状で使いたい大人の筆記用具[文具]

年賀状で使いたい筆記用具 いま頃言うか!とお叱りをうけそうですが、ボクも現在進行の年賀

記事を読む

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON アシュフォード30th 夢見る理想のレザー文具[文具]

代官山蔦屋書店 STATIONERY SALON ASHFORD 夢見る理想のレザー文具 20

記事を読む

トラベラーズノートミニ10周年記念缶発売!最速レビュー![文具]

TRAVELER'S NOTE ミニ10周年記念缶 トラベラーズノートが発売されてから10

記事を読む

絵画とインクのハーモニー、Kobe INK物語「ターナーカフェ」

ターナー展開催! 2014年1月11日から4月6日まで、神戸市立美術館でターナー展が開催される

記事を読む

プラチナ プレスマン定番文具の魅力再発見[文具]

プレスマンはコスパ最高のお買い得文具 シャープペンシル戦国時代 プレスマンはプラチナ

記事を読む

進撃のジブン手帳~2000年後の君へ~笔记本

ジブン手帳 ジブン手帳2015[/caption] 手帳ブーム!? 書店や文具店、ハンズやLOFT

記事を読む

バック in バックで鞄すっきり!持ち物すっきり!LIHITLAB[文具]

バック in バックで鞄すっきり!持ち物すっきり!LIHT LAB BAG IN BAG A4 ス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゼブラから暗い場所でも筆記ができるライト付きボールペンライトライト?が登場「旅文具」

暗い場所でも楽々筆記が可能なゼブラ Light Write

パイロット万年筆インキ コスパ最高の350mlボトルの使い方[文具]

パイロット万年筆インキお徳用サイズ350mlを買ってみた 万

台湾文具 尚羽堂國際有限公司の万年筆は驚きの大容量!五行星系列鋼筆Jupiterにビックリ![文具]

台湾万年筆の尚羽堂國際有限公司 2018年台南筆展(ペンショー)の取

不易糊しわにならないのり、これで安心あと10年は戦える[文具]

フエキくんでおなじみ不易糊の「しわに、ならないのり」キャップ交換で復活

PILOT KAKUNOがさらに使いやすくなる!?UNUSのスマートクリップ[レビュー]

スマートクリップで1000円万年筆カクノがさらに使いやすくなる

→もっと見る

PAGE TOP ↑