*

羽根のない扇風機 ダイソンピュアクールの体感レビュー[レビュー]

公開日: : 製品レビュー

ダイソンピュアクールで初めての体感レビュー

IMG_3610

羽根のない扇風機Dyson cool

ダイソンクールは羽根のない扇風機として、家電業界をあっと言わせた新製品としてご存じの人も多いはずです。
小さなお子さんがいる家庭では、羽根のある扇風機が気がかりで、お値段は少々?高くてもという理由で、またあるいは事務所のインテリア家電として購入した企業さんなど、とても扇風機は思えない価格なのに大ヒットした扇風機でもありました。

DSC00768
我が家にダイソン扇風機がやってきた。
ボクが選んだダイソン扇風機は、Dyson PureCool Linkモデル。
タワー型で空気清浄機機能が搭載されたスタイリッシュなモデルです。
(以下ダイソンピュアクール)

ダイソン扇風機を選んだ理由

  • 場所をとらないスリムなスタイル
  • 安眠を妨げない静かな風音
  • 実は空気清浄機

場所をとらないスリムなスタイル

円柱型のダイソンピュアクールは幅・奥行き196mmと20cmを切る大きさで、設置場所に困らない省スペースな扇風機です。
従来型の扇風機に比べても、実にスリムで邪魔にならないスタイルが特徴。

安眠を妨げない静かな風音

風量は10段階、MAX10だとさすがに送風音は聞こえてきますが、就寝時に欲しい時はレベル5程度でも十分な風を送ってくれますが、このレベルなら眠ることの妨げならない静けさを提供してくれます。

実は空気清浄機

このダイソンピュアクールをえらんだ最大の理由は、空気清浄機機能
一般的な空気清浄機は、昨今話題になっているPM2.5を除去できる事が「売り物」になっていますが、ダイソンピュアクールはPM2.5よりもさらに微細なPM0.1までを99.95%除去できる機能があり、そのヒミツは高密度なフィルター「360°グラスHEPAフィルター」を採用していて、花粉・バクテリア・ウイルスや、ニオイの類いまでも除去してくれます。
あまりミクロな世界すぎて、もはやイメージができないほどです。

コントロールはスマートフォン

ダイソンピュアクールは付属のリモコン(写真)で基本操作ができますが、スマートフォンアプリを使うとさらに便利に使えます。

付属リモコン

付属リモコン

付属のリモコンもコンパクトでスッキリしたデザイン、どことなくアップル製品ぽいところがMacユーザーにウケそうです。

スマートホンアプリでできる事<準備編>

アプリケーションソフトはAndroidOSとiOSに対応しています。
以下の写真はiPhone6でのサンプルになります。

アップルstoreからダウンロード

アップルstoreからダウンロード

設定

まずは家庭内のWifiから設定します

IMG_3599

ダイソンピュアクールの本体

DSC00782
中央の主電源ボタンを8〜10秒程度長押しすると、グリーンのWifiランプが点滅します。

スマートホン側の設定

スマートホン側の設定

再びスマートホンのWifi設定をDysonに設定しします。

パスワード入力

パスワードはマニュアルから

パスワードはマニュアルから

DysonのWifi設定の時にパスワードを求めてくるので、マニュアルに記載されたパスワードをそのまま入力します。

製品登録

IMG_3597
このアプリはダイソン製品共通でダイソンピュアークール以外のダイソン製品(ヒーターなど)のコントロールが可能になります。
そのために、個々の製品毎にリンク設定が必要ということです。

完了

IMG_3596
これで、スマートホンからもダイソンピュアクールの操作ができるようになりました。

スマートホンアプリでできる事<操作編>

リモコンで操作機能

基本操作機能

基本操作機能

電源のON/OFF・風量調整(1〜10)・首振りON/OFF・タイマー・ナイトモードが、付属のリモコンと同様の操作がスマートホン側でコントロールできます。

お部屋の空気環境まで見てくれる。

あなたのお部屋は「汚れています」!

IMG_3623
お部屋の湿度・温度からお部屋の空気状態まで環視してくれていますが、普段こまめに掃除している人が、このセンサー表示で「汚れている」ってみたらちょっとショックかもしれません。
さらに、あまりにもひどい汚れのだと「よくこんな部屋で住んでいますね」・・・なんて表示はさすがにありません。

IMG_3627

しばらく運転していると、表示に変化現れました。
「やや汚れている」ということで運転当初に比べたら、ちょっと部屋の空気がキレイになったようです。
IMG_3628

また時間の経過と部屋の環境をグラフで表示させる事もできるので、だんだんとキレイになっていくのがわかるのは嬉しいですね。

ここがちょっとデメリット

送風と空気清浄機機能の切り替えができない

送風と空気清浄は一体化という事のようなので、切り替えは出来ない仕組みになっています。
関西人の感覚だと、「切り替えが付いた方がええんとちゃう?」と思うしだい。

リモコンが収納できない

リビングから寝室へ移動させたいときに、ダイソンピュアクールにはリモコンを収納する機能がなく、別々に持ち運ばなくてはいけない点。
何とか一緒に持ち運びできる機能は欲しいなぁ。
追記
「調べてみたらてっぺん部分にマグネットが入っていて、リモコンを乗せる事ができました。」
IMG_3646

さらに言うなら、リモコンがなければ電源のON/OFFしかできない点もデメリットかもしれない。

フィルター交換がもったいない?

これも関西人の感覚かな、フィルター交換が筐体と一緒に交換されるシステムなので、なんとなく割高感が否めません。

下部ユニット

下部ユニット

中央がフィルターで、右側がフィルターを覆う筐体です、現在はこの2つが交換対象になっています。

この件は改善されるかも?

ダイソン扇風機シリーズ(空気清浄機能付き)の最新モデルから、フィルターユニット部分が分離できるようになってきています。
DSC00767
すべてのモデルがこの機能を採用するようになれば、筐体部分も合わせて交換する必要がなくなるので、交換コストは安くなるかもしれません。
ボクのモデルは比較的新しいために、分離可能ですが、初期モデルはフィルター部分と筐体が一体化しているので、丸ごと交換しないといけない構造になっています。

まとめ

ボクの住むマンションはリビング・寝室・書斎が主な生活の拠点になっていて、ダイソンピュアクールなら簡単に部屋から部屋へ移動させる事ができます。
送風とあわせて、部屋のほこりや臭いまで除去できるのはやはり便利です。
また寝室はベッドなので、現在使っているサーキュレータではファンを上にむけても風が当たらない死角が出来てしまうので、やや不便に感じる事がありましたが、タワー型のこの機種ならベッド全体をくまなく優しい風を送ってくれて、とてもしかも静かでした。(風量は5以下)
今年のような暑い夏の夜でも、エアコンと併用して快適な睡眠を得る事ができました。
たしかにお値段は扇風機の価格と比較すれば「高い」製品ですが、空気清浄機としての機能、静かな送風、省スペースのメリットを考えれば、値段以上の価値はあったように感じました。
万人にオススメできませんが、ニーズと価格に納得できる人にはオススメできる家電製品です。

Amazon

関連記事

ロジクール マルチデバイスキーボードK480でリスク管理!? [製品レビュー]

ロジクール マルチデバイスキーボードK480 ロジクールから発売されている複数のデバイスで使えるマ

記事を読む

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780はテンキーを搭載した最強のワイヤレスキーボード[製品レビュー]

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780はテンキー搭載

記事を読む

ロジクール静音マウスはノマドユーザにうってつけ[レビュー]

ロジクール静音マウスはこれからスタンダード!? 我が家のiMac4年目、処理速度も使い勝手も上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

mt グランマルシェ阪急うめだ本店で開催!今年はマステ10周年!![和紙膠帶][文具]

マスキングテープ10thは大阪阪急うめだ本店からスタート! カモ

台湾で見つけたKEEP A NOTEBOOKはトラベラーズノートと相性ピッタリ![文具]

KEEP A NOTEBOOK×TRAVELER'S NOTEBOOK

2017年の手帳にEDiT WEEKLY NOTEBOOKを![手帳]

2017年の手帳選びにオススメな1冊〜MARK'S EDiT WEEK

BUNGUBOX表参道店はまるで万年筆の玉手箱[文具]

BUNGUBOX表参道店2016年12月17日オープン! 東京表

Apple AirPods最速レビュー[Apple]

Apple AirPods最速レビュー! iPhone7の発売以

→もっと見る

PAGE TOP ↑