*

スタイリッシュでミニマムなデザインが魅力のStilformゲルインクボールペン[レビュー]

公開日: : 製品レビュー

スリムなボディにパイロットボールペンリフィルが使えるStilformARC

Stilform

2013年、ドイツでうまれたデザインスタジオStilformは、ひと目見てカッコイイと感性が叫びをあげたくなるほどのスタイリッシュなデザインは、筆欲をそそる魅力あふれたプロダクトです。

万年筆やボールペンなどの、ラインナップの中から、今回はボールペン「StilformARC」を紹介します。

StilformARCの魅力

①スタイリッシュな筐体

Stilformから2番目に発売されたのがStilformARCは、ゲルインキボールペン。
油性インクよりもなめらかな書き心地と、インクフローに優れていて筆記の途中で掠れることがありません。
クリップのないストレートなボディは、精悍な顔つきのイケメンを思わせます。
また、筐体の側面がフラットな処理を施しているので、カフェの狭いテーブルの上でも転がらないので、活躍できるシーンが広がります。

②パイロットコーポレーションのリフィルが使える

ドイツのプロダクトなのに、なぜか?日本の筆記具メーカーパイロットコーポレーション(以下パイロット)のG-2 規格のリフィルに対応しているのは、Stilformが日本の文具を愛しているかかなのかも、片思い的な勝手な想像が膨らみます。
G-2規格といってもピンとこない人の方が多いと思いますが、フリクションボールとジュースアップのリフィルが使えます。
対応リフィル一覧

 

この表を片手に、文具店にいったところフリクションボール・ジュースアップを取り扱っている店舗なら、問題無く入手可能でした。
ただし、どちらもゲルインキと水性インキなので、油性インキのリフィルがない点は注意してください。
また、フリクションボール・ジュースアップには、単色モデルと多色モデル(マルチタイプ)がありますが、単色タイプのリフィルしか筐体にあわないので、慌てて細いリフィルを買わないように。

③ジュースアップのスペックが活かされるARC

パイロットのジュースアップは画期的なボールペンで、ボールペンの書き味やインクフローの要といえる、先端部分(チップとよばれています)に最新のテクノロジーを使って開発されたシナジーチップが採用されています。

シナジーチップ

技術的なことははしょりますが、ボール径が大きくなればインクフローはよくなりますが、径が小さくなると(つまり細い文字)、インクが詰まりやすくなるというのが、業界の定説でした。
その問題を解決して、細かい文字でスームズな筆記を可能したのがシナジーチップです。
そんな優れたジュースアップにひとつだけ、気になる点があります。
ペン先を送り出すためにノックすると、クリップと一体化されたノック部分が固定させれず、カタカタと不安定な状態のまま筆記することになります。

ジュースアップのノック部分

パイロットさんの名誉のためにいいますが、これで欠点となって筆記能力が低下することはありません、ただ筆者が発売当時から気になっていたポイントです。
StilformARCにはノックするパーツはなく、本体の中でリフィルを固定するタイプの筆記具なので、ジュースアップ〔単色モデル)で気になったカタカタノイズから解放されます。

StilformARCまとめ


転がりにくいといった筐体ですが、指にしっかりフィットするので、書き心地はすこぶる良好なことに加えて、パイロットの優れたリフィルが使えるため、筆記具としての完成度は限りなく100点万点に近い評価ができます。
残念な点をあえてあげるとしたら、リフィルは安価で入手できるのに、本体の価格がは高級筆記具の価格帯にあるために、おいそれと学生さんが買い求めるには勇気が必要かもしれません。
しかし、車に例えて低燃費のBMWだと考えると、俄然ほしくなりませんか?
また、ギフトとして贈り物に使った場合、贈られた側がリフィルを買うために百貨店や専門店に行かなければ入手できないといったデメリットがなく、この点は公式サイトでは謳っていないアドバンテージです。

今回、StilformJapan様からモニターとして1ヶ月の試用期間をいただき、様々なシーンで使ってみた結果、大人がビジネスシーンで遜色なく使える筆記具として申し分ないスペックと存在感を纏った1本だと感じました。

Stilform公式サイト

https://stilformjapan.com/


関連記事

TWSBI ecoに日本限定カラーサンセットオレンジが登場![レビュー]

TWSBIからはじめての日本限定カラーサンシャインオレンジが発売 TWSBIってなに? 20

記事を読む

お手頃な万年筆Preppyにスケルトンモデル登場!万年筆インクファンに嬉しいPreppy Crystal![文具レビュー]

Preppyスケルトンモデルはインクを愛でて楽しめる万年筆 Preppyスケルトンモデル[/ca

記事を読む

Plotter PopUp Store in 名古屋でみつけた逸品文具[文具]

Plotter PopUp Store in 名古屋でみつけた逸品文具 デザインフィルのブラン

記事を読む

ロジクール マルチデバイスキーボードK480でリスク管理!? [製品レビュー]

ロジクール マルチデバイスキーボードK480 ロジクールから発売されている複数のデバイスで使えるマ

記事を読む

羽根のない扇風機 ダイソンピュアクールの体感レビュー[レビュー]

ダイソンピュアクールで初めての体感レビュー 羽根のない扇風機Dyson cool ダイソンク

記事を読む

 呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性[文具]

呉竹株式会社「からっぽペン」で開く万年筆インクのあたらしい可能性 2019年12月東京で開催された

記事を読む

台湾の新しいブランドANTOUからさまざまなリフィルが使えるボールペンCが登場

台湾からの新しい風ANTOUブランド上陸、まずはボールペンC ここ数年、TWSBIをはじめ台湾

記事を読む

あなたのKAKUNOカクノを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップ バージョン2![レビュー]

1本1000円の人気万年筆KAKUNOを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップAmazon

記事を読む

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力 ココフセンミニSサイズ[/ca

記事を読む

自分だけの快適空間を作れるオーストリッチピローの3Dアイマスク[レビュー]

夜行高速バスだけではもったいない、自分だけの空間にひたれるオーストリッチピローの3Dアイマスク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ペリカンの低価格万年筆、ペリカンTWIST魅力再発見![文具]

ペリカンから発売されているリーズナブルな万年筆、ペリカンTWIST魅力

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜[レポート]

創業100年を越える老舗文具店・弘前市の平山萬年堂〜全国文具店紀行〜堂

さらにスリムなったゼブラのサラサクリップ3Cボールペン[文具]

さらにスリムなったゼブラのサラサクリップ3Cボールペン  西暦2

3にまつわる文房具[コラム]

3にまつわる文房具 「3」という数字は生活の中でもよく使われる「言葉

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74[コラム]

いまだから買っておきたいパイロットコーポレーションのカスタム74

→もっと見る

PAGE TOP ↑