*

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

公開日: : 文房具, 製品レビュー

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

ココフセンミニSサイズ

カンミ堂のココフセン

カンミ堂の大ヒット商品「ココフセン」

学習や趣味の読書に付箋を使っている人は多いはず、なかでも書籍やノートに貼り付けて持ち歩くことができる、カンミ堂のココフセンはそんな付箋ユーザーには画期的な製品です。
ユーザーにとっても、すでに完成度の高い「ココフセン」がさらに進化した「ココフセンミニSサイズ」が2022年8月26日に発売になりました。

ココフセンミニSサイズ

ココフセンミニSサイズ

新しく登場した「ココフセンミニSサイズ」は文字通り、既存のココフセン(Mサイズ)を小さくしたモデルですが、訳もなく小さくしたわけではありません。
付箋ユーザーにとって、時々不便に感じるのは、読んでいる書籍に目印として貼ったとき、本文に被さってしました、下の文字が付箋の下に隠れてしまうことです。

従来の42mmサイズ付箋では文字が隠れてしまう。

ココフセンは、その点も考慮して半透明な素材でできているために、文字が見えないとい事はありませんが、もっともユーザーのとって利便性が高いのは、文字と付箋がかぶらないこと。

緻密に計算・設計されたココフセンミニSサイズ

文字が付箋で隠れることがありません

今回の「ココフセンミニSサイズ」は従来の「ココフセンM」(H42mm)よりも短い(H24mm)と半分近いサイズになりました。

書籍の形態や出版社によってマージン(余白)は異なりますが、文庫本や新書で約15mm〜20mmと、カンミ堂のココフセンに限らず高さ(H)42mmだと、書籍の文字に重ならないようにすると20mnほどが、本誌から飛び出してしまいます。

サイズ比較(左がココフセンミニSサイズ)

左から「ココフセンミニSサイズ」、「ココフセンS」、「ココフセンM」と、高さ(長さ)がほほ半分になっているのがよくわかります。

使い勝手そのままに

裏面が両面テープの仕様

ココフセンシリーズのメリットは、付箋を包むパッケージの裏側に両面テープが施され、好きな場所に貼り付けて持ちあることができるのがこれまでの付箋にはない、大きな特徴でありメリットになっています。

まとめ

 カンミ堂のココフセンは発売から11周年。
もうそんなになるの?と思う反面、すでに書斎の文具に当たり前のような存在になった「ココフセン」。発売以来、カード型たクリップタイプといったモデルも登場してきましたが、まだまだその進化は留まるところがありません。
「付箋を持ち歩く」を意識せずに、付箋を持ち歩ける「ココフセン」は愛読家をはじめ、ノートユーザーや、資料を多く抱えるビジネマスなど、さまざまなニーズに応えてくれる、マスト文具です。

ココフセンSサイズ4種類

  • シャーベット
  • カラフル
  • ムーンライト
  • クールグレー(撮影に使用したカラーはコチラ)

発売 カンミ堂 公式サイト
価格 290円+税
発売日 2022年8月26日


関連記事

不精さんにオススメ?書かないノート術・映画編[文具]

書かないノート術 白状するとボクはすごい筆不精。 書くことは大好きなのに、日常のログをつけるのが

記事を読む

あなたのKAKUNOカクノを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップ バージョン2![レビュー]

1本1000円の人気万年筆KAKUNOを高級筆記具に変えるUNUSのスマートクリップAmazon

記事を読む

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く富士宮の文具旅[文具]

文具の蔵Rihei アヒル店長に逢いに行く! アヒルのがー太くんが店長をつとめるすてきな文具店があ

記事を読む

リフィルの携帯はスマートに「SMART-HOLDER スマートホルダー」でスッキリペンケース計画[文具]

SMART-HOLDER スマートホルダー登場!リフィルはいつもスッキリ収納 いつもペンケースの中

記事を読む

ロジクール静音マウスはノマドユーザにうってつけ[レビュー]

ロジクール静音マウスはこれからスタンダード!? 我が家のiMac4年目、処理速度も使い勝手も上

記事を読む

金属製ペン先を採用した未体験筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力

金属製ペン先の筆記具「DRILLOG(ドリログ)」の魅力 ここ数年、文房具の業界では万年筆

記事を読む

トラベラーズノート×誠品書店コラボは旅心をくすぐる旅文具[文具]

TRAVELER'S factory と台湾誠品書店の旅のコラボレーション 誠品書店 日本で

記事を読む

文紙メッセ2022会場レポート[文具]

文紙メッセ2022会場レポート  大阪の夏を飾る文房具のイベント「文紙メッセ」が3年ぶりに

記事を読む

コスパ最高!万年筆カクノにスケルトンモデル登場[文具]

パイロットカクノに新モデル登場 1本1000円で購入出来るお手頃万年筆カクノは若い世代から万年

記事を読む

ラミーサファリを色鉛筆がわりに?[文具]

LAMY Safari 色えんぴつ化プロジェクト? ボクが愛用する日常万年筆ラミーサファリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

環境にも配慮したミドリの紙製ケースの修正テープ[文具]

環境問題に正面から取り組んだ紙製ケースを採用したミドリカンパニーの修正

さらにできるようなった?!フリクションボールノックゾーン!新旧フリクションボール黒さの比較[文具]

黒がさらに黒になったフリクションボールノックゾーン 消せるボールペン

ニトムズのマスキング丸テープはデジタルデバイスの整理にぴったり[文具]

デジタルデバイスのカンタン管理にニトムズのマスキング丸テープ ニ

旅行に持って行きたい多色ボールペン、パイロットのジュースアップ[旅文具]

ジュースアップが1本あれば、旅行中のメモ記録筆記具として大活躍してくれ

伊東屋×LAMYがコラボした新しい大人のLAMYサファリ[文具]

銀座伊東屋とドイツの名門LAMYがコラボ!大人のLAMYサファリが店舗

→もっと見る

PAGE TOP ↑