*

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

公開日: : 文房具, 製品レビュー

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

ココフセンミニSサイズ

カンミ堂のココフセン

カンミ堂の大ヒット商品「ココフセン」

学習や趣味の読書に付箋を使っている人は多いはず、なかでも書籍やノートに貼り付けて持ち歩くことができる、カンミ堂のココフセンはそんな付箋ユーザーには画期的な製品です。
ユーザーにとっても、すでに完成度の高い「ココフセン」がさらに進化した「ココフセンミニSサイズ」が2022年8月26日に発売になりました。

ココフセンミニSサイズ

ココフセンミニSサイズ

新しく登場した「ココフセンミニSサイズ」は文字通り、既存のココフセン(Mサイズ)を小さくしたモデルですが、訳もなく小さくしたわけではありません。
付箋ユーザーにとって、時々不便に感じるのは、読んでいる書籍に目印として貼ったとき、本文に被さってしました、下の文字が付箋の下に隠れてしまうことです。

従来の42mmサイズ付箋では文字が隠れてしまう。

ココフセンは、その点も考慮して半透明な素材でできているために、文字が見えないとい事はありませんが、もっともユーザーのとって利便性が高いのは、文字と付箋がかぶらないこと。

緻密に計算・設計されたココフセンミニSサイズ

文字が付箋で隠れることがありません

今回の「ココフセンミニSサイズ」は従来の「ココフセンM」(H42mm)よりも短い(H24mm)と半分近いサイズになりました。

書籍の形態や出版社によってマージン(余白)は異なりますが、文庫本や新書で約15mm〜20mmと、カンミ堂のココフセンに限らず高さ(H)42mmだと、書籍の文字に重ならないようにすると20mnほどが、本誌から飛び出してしまいます。

サイズ比較(左がココフセンミニSサイズ)

左から「ココフセンミニSサイズ」、「ココフセンS」、「ココフセンM」と、高さ(長さ)がほほ半分になっているのがよくわかります。

使い勝手そのままに

裏面が両面テープの仕様

ココフセンシリーズのメリットは、付箋を包むパッケージの裏側に両面テープが施され、好きな場所に貼り付けて持ちあることができるのがこれまでの付箋にはない、大きな特徴でありメリットになっています。

まとめ

 カンミ堂のココフセンは発売から11周年。
もうそんなになるの?と思う反面、すでに書斎の文具に当たり前のような存在になった「ココフセン」。発売以来、カード型たクリップタイプといったモデルも登場してきましたが、まだまだその進化は留まるところがありません。
「付箋を持ち歩く」を意識せずに、付箋を持ち歩ける「ココフセン」は愛読家をはじめ、ノートユーザーや、資料を多く抱えるビジネマスなど、さまざまなニーズに応えてくれる、マスト文具です。

ココフセンSサイズ4種類

  • シャーベット
  • カラフル
  • ムーンライト
  • クールグレー(撮影に使用したカラーはコチラ)

発売 カンミ堂 公式サイト
価格 290円+税
発売日 2022年8月26日


関連記事

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780はテンキーを搭載した最強のワイヤレスキーボード[製品レビュー]

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780はテンキー搭載

記事を読む

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook[文具レビュー]

万年筆で書ける和紙でできたノートブックWashi notebook   Was

記事を読む

書き味爽快!スラスラ&くっきり!ローラーボールのススメ[文具]

ローラーボールのススメ! ローラボール?日本ではあまり馴染みのない名前の筆記具ですが、文具業界の中

記事を読む

スターバックス×コクヨキャンパスノート発売!コーヒーと文具の素敵なコラボレーション[文具]

スターバックスなキャンパスノートが誕生 2019年8月30日、スターバックスの各店舗にだれもが

記事を読む

バイブルサイズのシステム手帳を旅行用ウォレットにする[旅文具]

旅の荷物を少なくするシステム手帳ウォレット化計画!? できる限り手荷物を少なくして、身軽な旅を

記事を読む

TWSBI万年筆ダイヤモンドに新色エメラルドグリーンが登場!

TWSBIダイヤモンド580ALに新色エメラルドグリーンが登場!次の1本に欲しくなる宝石のような美し

記事を読む

TWSBIファンにオススメ!ボトルに残った最後の1滴まで吸入できるオプション TWSBIパイプ [文具]

TWSBIから、ダイヤモンドシリーズやコンバーターに装着して、インクボトルの底に残ったインクを無駄な

記事を読む

万年筆は怖くない、パイロットカスタム74から始める万年筆入門[文具]

パイロットカスタム74から始める万年筆入門  万年筆という言葉には、ある種の憧れと敷居の高さを

記事を読む

阪急電車のきっぷのーとは旅の想い出に?それともお土産に?[文具]

阪急電車のきっぷのーと ご当地文具と呼んでいいのか?大阪の阪急梅田駅で見つけたきっぷのーと。 装

記事を読む

モンブランインク Jazz Blueはスイングできる名盤インク![文具]

マイルスデイビス(Miles Davis)Jazzblue、モンブランから限定インクで登場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅に持って行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafを購入した理由[旅ツール]

旅行に連れて行きたい電子書籍リーダーとしてBOOXLeafが現状ベスト

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズしてくれるペン職人のお話[文具]

万年筆のペン先を自分好みの書き味にカスタマイズ? きょうは万

言葉の断捨離[コラム]

言葉の断捨離  2016年から「書く」お仕事をさせていただくよう

万年筆ラミーサファリの漢字ニブを買ってみた[文具]

LAMYsafariの漢字ニブの魅力、そして期待と展望 ドイ

カンミ堂ココフセンのさらなる進化、愛読家にオススメしたい「ココフセンミニS」[文具]

さらに進化したココフセンの新製品「ココフセンミニSサイズ」の魅力

→もっと見る

PAGE TOP ↑